FC2ブログ

神崎町馬場古墳

馬場古墳はJR成田線下総神崎駅の西南西およそ2km、成田市との境も近い線路北側の台地上に在る奈良~平安時代の小松宿低地遺跡の南西端に在り、同遺跡内には小松2~5号墳が分布しています。篠塚神社古墳とも呼ばれます。

北西より見てます。現在墳丘周囲の樹木は枝が落とされ、幹も切られて視界が開けてるのですが、隣接する民家が丸見えになってしまったので、整備前の画像です。
sinodukababan.jpg
神社は1677年の創建で、現在の社殿は大正中期の火事の後の再建です。

西より見てます。直径約20m、高さ約2.5mの円墳で、社殿の為に西~北面が大きく削られてます。横穴式石室を持つなら通常手前の木の下かやや右手の南面だと思うのですが痕跡も有りません。恐らく削られた中心部に石棺が有ったのだと思います。
sinodukababaw.jpg
裏にお住まいの方にお聞きしましたが、遺物等は何も聞いた事が無いそうです。

小松2~5号墳は集落内の私有地内などで、見られる範囲では1基も確認出来ませんでした。内3基は石棺が出てて石枕や立花、滑石製鏡や勾玉などが出土しており、5~6世紀の築造と推定されてます。


スポンサーサイト



印西市刈谷古墳群

刈谷古墳群は炭焼遺跡西方の集落周辺で、印旛沼と師戸川に挟まれた台地上に分布する古墳群で、前方後円墳2(1)基、円墳4(6)基から成るとされます。

スカイアクセス印旛日本医大駅のロータリーから南へ出て2つ目の信号を右折、県道65号線を越えて駐車場の手前を南に折れます。道なりに1.5km進むと右手に鷲宮神社と東祥寺が在ります。神社の背後、山門の脇に民家が一軒建つほどの四角いスペースが有って四隅が盛り上がってます。
kariya1se.jpg
ここは前方後円墳の1号墳として登録されるも、平成の確認調査では円墳2基を確認したとされてます。

規模・向きについての詳細が掴めないのですが、スペースの西隅~北隅~東隅が土塁状に繋がっていて、上の画像の西端とこの北端の曲がり角が高まりになっています。
kariya1w.jpg
特にこちら側は土塁の隅と言うよりも径10m以上のマウンドをL字状に削った様に見え、えらく外側に高まりが拡がってます。ちば情報マップでの図上では後円部が描かれてる辺りです。

退いて両方を西より見てます。前方後円墳なら南西向きの墳長約20mの規模ですが、現状では奥側が四角いスペースの為に削られている上に左右の高まりが離れ過ぎていて、小円墳2基と見るのも厳しい状況です。
kariya1all.jpg
地元の方々は神社も含めお寺さん所有なので詳しいハズと仰っていたのですが、お寺の方はどなたも若くて何も伝えられた事も無ければ平成の調査も御存じ無いとの事でした。

東祥寺南側の竹林にはほぼ消滅の2号墳と、祠が祀られてる3号墳が並ぶとされますが、緩い傾斜地で何も確認出来ませんでした。どちらも詳細情報では竹林ではなく境内と書かれてるので、まさか四角いスペースの神社側である南隅の高まりが2号墳で、
kariya2e.jpg

東隅で祠が建つここが3号墳って事があるのでしょうか・・・?この2ヶ所はマウンドと言うよりも神社との段差地形と言う感じで、この祠の右奥から土塁状の高まりが続いてます。
kariya3s.jpg

3基(4基?)が集まる場所から南南西におよそ300mで、4号墳が記載されてる場所を東側の荒れ地より見てます。周囲からは全く見えませんが広く掘り下げられてます。航空写真では民家の屋根の奥の低い木立が墳丘にも見えますが、地表面はその奥の重機が停まっている高さです。
kariya4ato.jpg
左奥の高い木立の奥に道が通っていて、そこから逆光で透かして見てもマウンド状の地形は全然見えませんでした。

上の民家の南南東およそ90mに在る5号墳を北東より見てます。
kariya5ne.jpg
直径約12m、高さ約3mの円墳です。

東南東より見てます。他の墳丘の状況に比べてここだけ良好過ぎる状況で、近代に信仰か何かで盛られた塚の様にも見えますが、周溝が確認されてます。
kariya5e.jpg

裾部に石仏が集められているみたいで、北面にはお地蔵様が並んでいます。
kariya5nside.jpg

南南東に17m程離れて半壊の6号墳が在ります。荒れ地になってますが立入禁止措置が採られてるので下草越しに断面の一部が見えるのみです。
kariya6n.jpg
直径約10m、高さ2m弱の円墳でしょうか・・・?

遺跡としてポイントされてはいませんが、群のすぐ近くの私有地内に削平中の円墳みたいな直径10m弱のマウンドが在りました。まず古墳ではないと思いますが、右手のブロックで保護されてる微高地には祠が祀られて真っ直ぐ南へ緩やかに下っていて、両者で前方後円墳にも見えてしまう位置関係です・・・。
kariyafumeis.jpg

土を運んだばかりなのか道上から断面が見えました。重機で削ってるだけなので版築は見えませんが、乾き具合を見ると土層が有る様にも見えます。
kariyafumeise.jpg

印西市吉高三角作古墳群(その5)

yositakabunpuzu.jpg
最後に分布域一番北の部分を見ます。吉高古墳群としては第3~4支群に含まれるほか、ここも十三仏古墳群という括りにも含まれてます。

林道と坂の合流点から100m程北上すると左手道路沿いにやや高いマウンドが見えて来ます。三角作2号墳です。
yositaka8se.jpg
年中笹に覆われていて写真には撮りにくいのですが、肉眼ではハッキリ墳丘が見えて来ます。

北東より見てます。直径16m、高さ5mの円墳とされますが、林道以外の場所との比高差は約2mです。
yositaka8ne.jpg
未調査ですが埴輪片が採集されてます。

かつては墳頂に何か祀られていたのか、北側に生えてる杉2本の間に向かって墳丘が削られて上り口になってた様に見えます。
yositaka8n.jpg

そのすぐ北に三角作1号墳が在りますが、林道からやや離れて南側からだと殆ど見えず通り過ぎる辺りでようやく倒木などの奥に墳丘が見えて来ます。
yositaka7ne.jpg

北より見てます。直径10m、高さ2.5mの円墳です。
yositaka7n.jpg
手前の虫みたいな気持ち悪い倒木は何年も放置されてて撮影の邪魔なのですが地主の方も入って来てはいないみたいです。

2つ上の画像の様に林道から見ると墳丘上には石碑か何かが立ってる様に見えたので、ぐるっと回って西面から上がって見たのですが、狭いやや平坦になった墳頂には何かを祀った痕跡すら見られませんでした。
yositaka7top.jpg
この2基は吉高古墳群では第4支群に含まれ、1号墳には7、2号墳には8の番号が振られてます。

そこから50mちょっと北へ進むと右手に林道で削られてるマウンドが在ります。分布図上では羽黒1・2号墳が並ぶ場所で吉高古墳群では5・6の番号を振って第3支群に含まれますが、石棺が出てた2号墳は平成のはじめの確認調査で見つからなかったとの事で、羽黒1号墳だと思われます。
yositaka5.jpg
周囲より2m程高いマウンドですが、恐らく元は電柱の左に墳丘が続いていて径10m以上は有ったものと思われます。羽黒1号墳は径12m、高さ2mの規模とされます。

そのすぐ北の変則五差路には祠と石祠が並んだ場所が在って道が円形に避けていて古墳の址かもしれない雰囲気を醸し出してます。訪問時は何故か交機の白バイとツーリング中の自転車しかいなかったので誰にも詳しくお聞き出来ませんでした・・・。
yositakahumei.jpg
この北東には宗像神社横を通って国道464号線(宗吾街道)へと下る坂になっていて、その東側に家老地1・2号墳が在りましたが大きく台地が削られていて、地形ごと消滅した様です。

印西市吉高三角作古墳群(その4)

yositakabunpuzu.jpg
林道と合流する坂の東側の台地縁にも2~4基の墳丘が集まってるとされてます。自分が見た現状はこの図の通りなのですが、資料によって前方後円墳の向きが逆だったり、全て別個の円墳としてたりとここも情報がバラバラです・・・。

坂を挟んで仮称Cのすぐ東北東に在る羽黒3号墳を南西側の坂より見てます。坂が切り通して下がっているので実際の倍以上の高さに見えます。
yositaka9sw.jpg

直径10m、高さ1mの円墳ですが、そもそも吉高の羽黒古墳群は円墳2基で構成されるとしこの墳丘以南を三角作古墳群に含むとする見解も有ります・・・。
yositaka9w.jpg

その南東およそ25mには板石塔婆堂が建ってます。
haguroitaisiodou.jpg

お堂でしっかり保護されてる南北朝時代の板碑は市の有形文化財に指定されてます。
haguroitaisi.jpg
お花も供えられこまめに管理されてる様ですが、堂内は暗く板碑の彫刻も浅いので何が彫られてるのか見学者には全然見えません。

解説板も設置されてます。触れられてませんが、どうしても古墳から出た板石の流用の可能性を考えてしまいます。
haguroitaisikaisetu.jpg

お堂の東側の台地縁に在る羽黒4号墳を後円部西側より斜めに見てます。この右手お堂の前から坂へと下る参拝道が有るのですが墳丘真横では低くなり過ぎて墳形が全然見えません。
yositaka10nw.jpg
南南東向きで全長25m、高さ3.5mの前方後円墳に見えますが、上記の通り見方は様々です。

前方部より後円部を見てます。高さがほぼ同じで未発掘の為、意見が分かれるのも頷けてしまいます。
yositaka10ftor.jpg

後円部で180度振り返って前方部を見てます。資料によってはこの左手に径8mの円墳が書かれてるのですが、この通り墳丘の法面のまま下がる地形に現状はなってます。
yositaka10rtof.jpg
その分細く見えるのでこちらが前方部と思うのですが、かつてはもっと左側に墳丘が続いて後円部に見えたのでしょうか・・・?もしくは真っ直ぐ先、現状は削られて民家になってる場所は戦前は尾根状に台地が伸びていたみたいなので、そこに円墳が在ったのか・・・?

羽黒4号墳とほぼ同じ標高で羽黒3号墳より一段低いお堂の背後もマウンド状になっており、お堂で削られた円墳に見えます。
yositakaDsw.jpg
資料によってはここが前方後円墳の後円部で、上の後円部とする画像の高まりが同一墳丘の前方部で、その南の高まりは独立した円墳とする見方も有りますが、現状で見る限り多少の地形変化を考慮しても、チョット無理が有ると考えざるを得ません。

北西より見てます。奥に解説板が見えますがそこから右に折り返しつつ下る道になっていて、北側台地上の林道へ抜ける進路にわざわざこのマウンドを盛ったとも考えにくく、板石塔婆よりも古い高まりとして存在していたのではないでしょうか?
yositakaDnw.jpg

墳頂(?)の様子です。羽黒3号墳のすぐ南側の一段下がった場所で位置的には怪しいのですが、円墳の南東面に露出した主体部がかつて在って、塔婆に転用して後にお堂が建てられた様にも思えます。
yositakaDtop.jpg

ここまでが吉高古墳群の第5支群とされ、羽黒3号墳には9、羽黒4号墳には10の番号が振られてます。

もう一回続きます。

印西市吉高三角作古墳群(その3)

yositakabunpuzu.jpg
三角作3号墳と後日紹介する三角作2号墳の間には墓地が営まれ、墓石の横などにマウンドが見られます。広く周辺の古墳分布状況を載せるとこのエリアは密になるためか分布図等では省略され(?)、1基づつデータを並べてる吉高古墳群のリストにも載ってなかったりするのですが・・・?

三角作3号墳の北東20mに在る仮称Aの墳丘を南南西より見てます。
yositakaAs.jpg
墓地と畑の境目で削られずに残っている印象ですが、墓地は割と新しくて林道西側の樹木を切って造られていて、墓地の敷地は前方後円墳と円墳が三角作3号墳と直線状に並んでいたかの様な地割です。

北東より見てます。直径約5.2m、高さ約1.5mの円墳です。もしかしたら25m級の前方後円墳の後円部の残存部かも・・・?
yositakaane.jpg
現状の規模が小さく確認もせずに古墳と認識されない事は無いと思いますが・・・

ここだけ埴輪片が幾つも転がってます。この個体は多分撮影半年後に古墳探訪記さんでふっきーさんが手にとって裏側を見せて下さってる破片だと思います。
yositakaAhaniwa.jpg

墓石を挟んでそのすぐ東に在る仮称Bのマウンドを南西より見てます。径も高さも仮称Aの半分程の小マウンドです。
yositakaBsw.jpg

北西より見てます。こちらは遺物も見えず塚っぽい様相ですが、電柱やら進入路で削られる前はもっと大きい規模だったのではないでしょうか?
yositakaBnw.jpg

2基の北東およそ50m、林道が南東から上がって来る坂との合流点の南側に在るマウンドです。資料によっては三角作4号墳として南西向きの前方後円墳としてたり、西向きや南東向きで記載してたり、円墳だったりと情報がバラバラです。ここでは仮称Cと呼ぶ事にします。
yositakaCsw.jpg
個人的には南西向きの前方後円墳がもう1基在ったならそれは現在の墓地で、南東向きの前方後円墳はもっと東側の台地縁の墳丘の誤記だと思います。2・3号墳の間が4号墳というのもしっくり来ません・・・。

東より見てます。直径約10mの円墳の東側を直線状に削って古い墓地が営まれていた様に見えますが撮影位置も高さ1m強の微高地となってます。
yositakaCe.jpg
直径約15m、高さは東西を掘り下げられて良くは分からない規模ですが、刈又1号墳(径13m、高さ2m)はここの可能性も有るのではないかと思いました(分布図では仮称Bの南側辺りで表記)。

続きます。
プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR