FC2ブログ

筑西市小栗丸山古墳北側の古墳?

小栗丸山古墳探索時に地元の方のアドバイスを頂き、天満宮裏で5m幅くらいのハイキングコースが有るらしい北東側の尾根筋から近付きました。今昔マップさんで傾斜量図と比較してれば良かったのですが、地図上だと等高線がまばらで北側の高まりと併せて前方後円墳状に描かれてるので、尾根を下って最初にぶつかったこの高まりが小栗丸山古墳の後円部だとすっかり思い込んでしまいました。
DSCF1204_convert_20210427120701.jpg
実際は墳丘とは別の北西向きの瓢箪型にも見える高まりで、現状誰にもここは古墳と認知されていない様です。

古墳と思って登ってみると頂上は円形の平面になってますが、斜面も尾根沿いの地形とは異なり丸く整形されてる様に見えます。
DSCF1208_convert_20210427121432.jpg
この後南西に下って真の小栗丸山古墳を見つけるまでは気付いてませんので、北東面は見下ろしませんでした。

頂上にはやや大きい角石が横たわり、その付近が掘り返されたみたいになってました。
DSCF1207_convert_20210427120759.jpg

頂上から南西側斜面を見下ろしてます。倒木が激しくて見通せませんが、わずかに見える平面(?)の先に前方部が有るつもりで撮影してます。
DSCF1212_convert_20210427121212.jpg
真ん中が道状に見えますが、ハイキングコースは南東側裾部を抜けていたようです。

南西側に下りて180度振り返って見てます。二段築成に見えますが、撮影時は規模に疑問を抱きつつも前方部越しに後円部を見てるものと・・・。
DSCF1215_convert_20210427121247.jpg
この段差はレーダー画像でも目立たないのですが、人工的な造りにも見えてしまいます・・・。

頂上だけでなく斜面の至る処に割石が見られます。何ヶ所かは割と最近どなたかが調べたみたいで落ち葉を掻いた跡が見られました。
DSCF1211_convert_20210427120937.jpg
太田市の八幡山古墳も川原石を葺いていませんでしたが山上で小貝川よりはかなり高い場所なので、川原石を運ぶよりも近くの岩盤から調達したって事は無いでしょうか・・・?
スポンサーサイト



桜川市阿部田古墳群

阿部田古墳群は県道343号線沿いに建つ大和ふれあいセンター・シトラスの南南東およそ500mの白山神社周辺の林の中に分布する4基の円墳中2基現存とされてます。

いばらきデジタルまっぷの分布図では神社北側の林道の十字路を中心に分布域を表示し、社殿北東側に群中のシンボル的墳丘に付ける記号がポイントされてますが該当場所には塚状地形は見当たりません。

ただ神社自体が微高地の中心で頂部的場所になっていて、更に社殿背後が高くなっていてこんな石が見られました。
abetasekizai.jpg
分布域東側の林道沿いに小さいマウンドが数ヶ所見られますが、どれも同じ位小さく似た様な塚に見えるし、どれか一つだけ古墳とは判断出来ないと思いました。

更に北北東側、社殿からおよそ100m離れた微高地北端に直径約20m、高さ約3mの円墳が在ります。
abetas.jpg

南面裾部に誰かが踏み抜いたと思われる穴が墳頂に向かって真っ直ぐ3ヶ所開いていて、石材らしきものが見える事からも崩れかかった(半地下型?)横穴式石室ではないかと思われます。
abetasekisitu.jpg
土砂が流れ込んでいて内部が全く見えませんが、危険でも有るし調査して貰えないものでしょうか・・・?

墳頂の様子です。訪問時は小枝が多く落ちてますが、状況的に夏場は笹で覆われてるのが刈られて管理されている様に見えます。
abetatop.jpg
白く飛んでしまってますがすぐ北側は一段下がった農地で、迅速図でも同じ地形でこの墳丘の場所だけ丸く突き出ています。

神社周囲は下草が少なく割と遠くまで見通せましたが、確実に墳丘と思えるのはこの1基だけでした・・・。

つくば市作谷(つくりや)十九耕地古墳

水守桜塚古墳の南西およそ1.9km、大池とそれを囲むゴルフ場のすぐ南の台地上に単独で残されてる円墳です。すぐ北側の低地は大池と続く沼地か湿地跡の水田で、今も南で西谷田川に合流する水路が流れてます。編入で大字となった旧作谷村は墳丘のすぐ北東側の和台原(わのいがはら)以外は1~26耕地と言う小字に分けられていて、墳丘はその19番に在ります。

県道45号線の新道と旧道で「W」の字状になってる真ん中の折れ角から東に進むとすぐ左手に墳丘が見えて来ます。
tukuriya19s.jpg
グーグルマップのストリートビューでは墳丘にしっかりした階段が設けられていて左手に祠が建ってるのですが、共に撤去されたみたいです。東隣に建ってたお屋敷が無くなってるので一緒に移転したのでしょうか・・・?

ボッケボケですが墳頂の様子です。上り口が有って瓦も落ちてるので、かつてはここにも何らかのお堂が祀られていたと思いますが今は何も無い円形の空き地です。
tukuriya19top.jpg

西面から下りて墳丘を見てます。南面よりは墳形が見易いです。
tukuriya19w.jpg
直径15m弱、高さ約2mの円墳で、調査等は行われていない様です。

横を向くと周溝の跡と思われる幅1.5m程の窪地が弧を描いています。
tukuriya19shuko.jpg
単独ながら古墳で間違いないと思われますが、所有者が切れて調査が可能ならやって頂けないものでしょうか・・・。

追記;牛田古墳群発掘現場では現地説明会以降にも墳丘の発見が有ったみたいで、紹介されてる動画のリンクを追記しました。

桜川市大神田古墳群

青木神社裏古墳の南東およそ250m、大日山の山道を南に下りて鎌倉街道を少し東に進んだ道路脇に円墳2基から成る大神田古墳群が在るとされます。

大日山の南側の登り口は当の昔に廃れて藪化したみたいで場所も不明なので羽田街道から廻って500m弱進んで下り坂の途中、右手に小さいマウンドが見えて来ます。隣は造園業の方の敷地になっていて横に見える大きい石は加工具合から見てもそちらの新しいモノでしょう。
ohkandaAn.jpg
グーグルマップのストリートビューではこの脇に標柱が立ち、右隣にもう1基見えて2基並んでるのだと訪問前は想定してましたが現状右手は木も伐採され猪除けの線が張られていてマウンドは在りませんでした。

マウンドの裏側(南面)にストリートビューで見えてた標柱が倒れたままにされてました。
ohkandaAhyochu.jpg
周囲の地形は相当変わってる様に見えどこまでがマウンドかも判断しかねますが、標柱が設置されたならこの直径約5m高さ1m以上のこのマウンドが1基なのでしょうか・・・?

その東側に少し離れてもう1ヶ所同規模のマウンド状の場所も在ります。この右手は一段下がって民家が建ち、左手は街道沿いの作業場の建物と庭園用の庭木畑(?)になってます。
ohkandaBw.jpg
街道から見るだけではこの2ヶ所が小円墳2基に見えるのですが・・・

その間の南側にひと際高いマウンドが藪の中に隠れてました。これは北面の様子で、ここからは直径約10m、高さ約2.5m程の円墳に見えます。
ohkandaCnw.jpg

ただ西から見ると南側に高まりが続きこの様に見えてしまいます。手前は峠状の農道で車両も通った跡が見て取れますが、わざわざ地続きの場所を削った様にも、墳丘に続けて土を盛った様にも見えないのですが・・・?
ohkandaCw.jpg
南向きの前方後円墳とするなら全長17mくらいでしょうか?農道と墳頂の比高差も3mに達します。

前方部らしき部分を南より見てます。なかなか悩ましい形状ですが、少なくとも1基はこのマウンドで間違いないのだと思います。
ohkandaCs.jpg

小美玉市桃山古墳

玉里半島の南西に在る「玉里の六井六畑八館八艘」の1基の前方後円墳で円墳4基(内1基は湮滅)と桃山古墳群を形成してますが、完全な私有地で木の伐採・草刈りなどの市が一切タッチしてないそうで、主墳のこの墳丘も上がっての見学は困難です。

滝台古墳前から道なりに300m程南下して坂を上がると右手に道路で若干削られた墳丘が見えて来ます。画像右端の自然林の中に2・3号墳の小円墳2基が東西に並んで築かれてますが全く見えません。
momoyamane.jpg
墳丘の断面が擁壁になっていてその上にわずかに墳丘が見えるものの傾斜と見上げる角度の関係で実際の高さも感じられません。

解説板の設置されてる南東側より見てます。墳長53.3m、高さ6.937mの北北西向きの前方後円墳で、手前が後円部で右奥が前方部です。角度は異なりますが山田峰古墳と向きが同じで滝台古墳や権現山古墳とは向かい合う形になってます。
momoyamase.jpg
ガイドに掲載されてる同じ向きの写真は藪化する前に撮影されており、当時は道路からでも綺麗な墳形が残っている事が見られた様です。撮影位置後方の畑に5号墳が在ったとされますが詳細は不明です。

くびれ部脇から見た全体を無理やり繋げて見てます。測量と試掘調査のみ行われていて、円筒埴輪が採集されたほか、馬形等の形象埴輪、土師器、須恵器が見つかったとされており、6世紀後半の築造と推定されてます。
momoyamae.jpg
後円部墳頂には「桃山御陵遥拝所」の石碑が立ち、主体部と思われる石材が露出しているそうですがこの冬は見に行けなさそうです・・・。

解説板です。設置場所がやや高く、夏場はちょっと読むのも苦労するかもしれません。
momoyamakaisetu.jpg
右下に見えるのが3号墳ですが、その左に並ぶハズの2号墳は記入されてません。右手のやや大きい4号墳は一応円墳とされてますが桃山古墳の造出しの可能性も考えられてます。
プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR