FC2ブログ

いわき市千束古墳群

塚前古墳の南東およそ4.5km、太平洋を南東に、神白川を南西に見下ろす低丘陵上に分布する古墳群です。

南西より北側の1基を見てます。左手の坂を上がって来て90度左折して福島県水産試験場無線局に入る門構えの様に円墳が並んでいます。
senzokuAsw.jpg
かつては東側にも他の墳丘が在ったそうですが、現在残るのは2基のみです。

南東、無線局の建物側より見てます。規模は2基とも直径約20m、高さ約3mですが、墳丘を周り込んで駐車場に入る様に車路が設けられた為こちらの南面裾部が若干削られてるのが見て取れます。
senzokuAse.jpg

北東より見てます。記録上では高さ約4mとありますが、この向きで見るとどうやら無線塔を建てるのに、高さを揃える為に山頂側に合わせて土を盛ったみたいで、右下アスファルトの脇までの山寄式の墳丘である様に見えます。
senzokuAnw2.jpg
右奥に並ぶもう1基の墳丘が見えます。

南側の墳丘を北西より見てます。こちらは墳丘の上に結界が張られてます。
senzokuBnw.jpg

南より見てます。手前の広場はちょうど鉄塔同士の間のスペースで、無線に影響を与えない様に何も建てられたりしてないので墳丘も原形を保っている様に見えます。若干地盤が傾いて見えますが、左手の山裾側にも鉄塔が並んでいるので多少は埋められてるものと思われます。
senzokuBsw.jpg
左奥に北側の1基が見えてます。

墳頂には石祠が祀られてます。結界の外より見てますが、よく見るともう一重張られていた様です。
senzokuBtop.jpg
スポンサーサイト



棚倉町塚原古墳

JR水郡線近津駅の北西およそ1.1km、久慈川を東に見下ろす段丘上に在る円墳です。元々は数十基の古墳が在ったそうですが、唯一残されてます。

近津駅から県道176号線を1km程北上し、久慈川を渡った最初の信号を左折すると右手に案内標識と墳丘が見えて来ます。
tanaguratukaharairiguchi.jpg
ただ夏場は入口が30cm以上有る下草で覆われてます。

南東より見てます。直径約20m、高さ約2mの規模です。
tanaguratukaharase.jpg
横穴式石室が確認されて5~6世紀前半までの築造と推定されていますが、埋め戻されてます。

南西より見てます。奥の建物が並ぶ低地との間を久慈川が流れてます。
tanaguratukaharasw.jpg
葺石はほとんど埋もれてますが、一部露出しています。

解説板が設置されてます。
tanaguratukaharakaisetu.jpg

白河市野地久保古墳 谷地久保古墳

下総塚古墳より阿武隈川を挟んで北北西におよそ1.51kmと大分離れてますが、白河舟田・本沼遺跡群として括られ国指定史跡となってる古墳が2基在ります。白河市街地から県道139号線を東へ進み、高橋川を渡って1kmちょっとの左折指示の案内標識で北へ向かい、およそ500m先の同じ標識で左手の農道に入ります。130m程で更に左に曲って細い農道が左へカーブしてる場所から野地久保古墳の墳丘近くへ上がれます。

全国で5番目に確認された上円下方墳の野地久保古墳を南西より見てます。解説板のすぐ左奥です。
nojise.jpg
下段は一辺約16m、上段は直径約10mの規模ですが元々半分埋没していた上に発掘から10年と経ってるので墳形はよく分かりません。

遺物も見当たりませんが、わずかに葺石が顔をのぞかせている場所は有ります。
nojifukiisi.jpg
横口式石槨の床石が見つかってますが埋め戻されてます。

林道沿いに設置されている解説板です。重機で除けた石材が有るのを忘れてて撮り逃がしてしまいました。
nojikaisetu.jpg

農道まで戻って北西に300m程進むと右手上方、木が伐採されてる斜面の一番上に横口式石槨が開口してるのが麓から見えます。
yajis.jpg
斜面に築かれた二段築盛の円墳で、直径約17m、高さ約3.5mの規模です。

主体部ははL約2.6m×W1.38m×H1.18mのサイズで、奥行き1.41mの玄室の奥側半分が開口してます。
yajiokuheki.jpg
遺物は無いものの、近畿の似た古墳との比較で終末期の築造と推定されています。

墳丘の上を通ってる林道より見てます。この林道を登って行った山をカロヲト山と呼ぶそうです。
yajine.jpg

解説板です。横に立ってた標柱は無くなってました。
yajikaisetu.jpg
場所によっては直葬された石棺をも石槨と呼んでますが、半壊とは言え東日本の古墳しか見てない自分にとっては初めて見た本当の石槨でした。

浅川町背戸谷地古墳群

染古墳の南およそ1km、社川右岸の民有地の裏手に保存されてる3基の円墳ですが、昭和以前には周囲にもっと多くの古墳が存在していたそうです。

北隣の自動車整備工場脇に向けて解説板が設置され、その背後に円墳が在ります。まほろんの遺跡データベースでは調査歴無し・文献無しの推定面積0㎡で、グーグルのストリートビューでは樹木が伐採前で目立たないのでダメ元で通り掛かりに見てみたら現存してました。
setoyadianw.jpg

南東より見てます。直径約10m、高さ約2mの円墳で、唯一残存状況の良い1基です。
setoyadiase.jpg

墳頂には南向きで石祠が祀られてます。
setoyadiatop.jpg

そのすぐ南東に在る1基です。直径約10mですが、高さは削られてるのか半分も有りません。
setoyadibsw.jpg

2基の南およそ70mに在る1基です。やはりストリートビューでは全く姿が見えてませんが、道路寄りの木が全て伐採されて見える様になりました。直径は約10mで、やはり高さは失われている様です。
setoyadicsw.jpg

所有者の方の玄関前に置かれてる石棺の蓋材です。湮滅したものも含め、どの墳丘から出土したかは不明です。
setoyadisekkanzai.jpg

解説板のアップです。
setoyadikaisetu.jpg
訪問時は休日の日中で、ご近所の方に案内して頂けましたが所有者の方はお留守で、保管されてる遺物等についてお話しは伺えませんでした。

白河市下総塚古墳

JR東北本線久田野駅の南東およそ3.2km、阿武隈川右岸の段丘上に築かれた古墳です。古くから埴輪が並ぶ古墳として知られていて、円筒埴輪に人物や家、翳などの形象埴輪が出土してます。北西隣の舟田中道遺跡や北に離れた谷地久保古墳・野地久保古墳と共に国指定史跡「白河舟田・本沼遺跡群」となってますが、解説板を設置しただけで整備されてはいません。

南西より見てます。全長71.8mの西向きの前方後円墳で、中央が前方部で右奥が後円部になります。
simousadukasw.jpg
周囲に幅約5mの周溝が巡っており、南面に1ヶ所と北面に3ヶ所のブリッジが見つかってます。

西より前方部端を見てます。低いものの二段築盛の様子は残ってます。何故か周溝と生える草が異なりマウンドが際立ってます。
simousadukaw.jpg
北関東でよく見られる幅の広い基壇はこの位置では55mを越えるので入り切りません。

ところが前方部に上がると墳丘は調査で大きく抉り取られ窪んでます。特に奥側の後円部が酷い状況です。
simousadukaftor.jpg
巨石も転がってますが想像以上にガッカリです・・・。

後円部で180度振り返って前方部を見てます。削られて低いので、幅広い土手越しに西の水田を見てる感じです。
simousadukartof.jpg

ここにL約7m×W約2mの南南西向きの横穴式石室が有りました。玄室の長さは約4.6mで、羨道からは閉塞石と思われる川原石がまとまって見つかってます。
simousadukasyutaibu.jpg
上部は調査前に失われていて室内高は不明です。

石室奥壁のすぐ北側、後円部中央のかつては墳頂だった場所には小塚状に石材が集められてます。
simousadukartop.jpg
発掘中の写真でも見られますが・・・?

墳丘西側に設置されてる解説板です。舟田中道遺跡は痕跡すら見えません。
simousadukakaisetu.jpg
北側墳丘の下に大きな円墳が築かれた様にも見えますが竪穴住居しか報告されてません。
プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR