FC2ブログ

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

横浜ベイブリッジを背景にして山下埠頭に、7年前に始まったGUNDAM GLOBAL CHALLENGEで目指す「動く実物大ガンダム」が実現して昨年末より公開されてます。コロナ禍の為度重なる緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が続いてしまってますが人数制限で対応しつつ、来年3月まで続く予定です。

横浜マリンタワーの前に在る山下公園駐車場など各所に告知ポスターも掲示されてます。
yokohamaG01.jpg
オフィシャルHPと同じグラフィックで、実際には見られない角度・光景です。

今回の実物大立像は12年前に造られお台場や静岡で展示され、首が動いたり排気演出の有った先代のRX-78-2 ガンダム Ver.G30thや
odaibaG.jpg

現在お台場ダイバーシティに立っていて変形機構を備えたRX-0 ユニコーンに続いて3体目になり、初めて全体での稼働演出を行っています。
odaibaUC1.jpg
odaibaUC2.jpg
ちなみにこのユニーコーンは建築基準法に基づき全高の変わる変形は認可されませんので、完全なユニコーンモードにはなりません。

会場は山下埠頭の氷川丸の右隣りのエリアで山下公園から入ることが出来、入場待機列スペースの奥で区切って有料入場制になっています。
yokohamaG02.jpg
左から退場口・チケットカウンター、入場口、イラスト挟んで右側に場外グッズ販売場となってます。

入場口で入場特典として(なくなり次第終了)1/200スケールのプラモデルを頂きました。
yokohamaG03.jpg
簡易再現のドック付きで、当日券売り場裏のインフォメーション前に素組完成品が並んでます。

毎時00分に起動実験演出があって、その前はドックに格納されてる状態です。
yokohamaG04.jpg
ドック右側の5・6Fには予約制別料金で、人数は限られますが動くガンダムを間近で見られます。

格納中は搭乗用・整備用のブリッジが前面を塞ぐ演出です。
yokohamaG05.jpg
このガンダムは設定上はアムロの乗った機体ではなく、正式にはRX-78F00 ガンダムという機体番号で宇宙世紀の未来に発見された記録の無いパーツを検証・再構築して建造したMSという事になってます。

カウントダウンの後にブリッジが開き機体と支持台車がせり出す約8分の起動実験の演出で、ポーズをとったら次の演出まで固定されます。
yokohamaG06.jpg
左下にちょこんと氷川丸の船首が見えてます。

可動箇所は指以外で25ヶ所で、金属製のフレームにカーボン樹脂製の外装を取り付けた本体の総重量は25tに達します。
yokohamaG07.jpg

各所をアップで見ます。コクピットハッチは起動演出開始時の少しの間だけ開閉し、アムロ風のパイロットが座ってます。ハッチ上の小型カメラは入場口横のアカデミーと5G通信で繋がれ、生で画像が演出に使われます。
yokohamaG08.jpg

腰フロントアーマーは若干開いていて、設定上では本来無いハズのケーブル等が露出してます。これは脚を上げた時に接触しない様に連動して逃げる為の駆動用だと思います。
yokohamaG09.jpg

ユニコーンと同様法令に基づいて動かす為にドック内のスタンドと腰部背面で接続されてるので、構造上ほぼほぼ見えないランドセルです。
yokohamaG10.jpg
ここだけはアニメではなく先代立像のデザインを踏襲したみたいです。

太腿は上げる際に前半分と後ろ半分で装甲がスライドする演出があり、1/100のキットでも再現されてます。その左はガンダムを懸架する支持台車の機体を上下に動かすアームです。
yokohamaG11.jpg
この後毎時30分に約5分間の格納演出があり、元の状態に戻ります。夜間はこれに照明による演出が加わります。

ガンダムドックの向かいの建物は「GUNDAM-LAB」と呼ばれ、1Fは入退場施設・インフォメーションのほか屋内展示場の「ACADEMY」、グッズ売り場の「THE GUNDAM BASE YOKOHAMA Satellite 」となっていて、2Fには連動企画向けの「CONFERENCE ROOM」が在り、「GUNDAM Café YOKOHAMA Satellite 」で限定メニューを楽しみながら演出を観られます。

スポンサーサイト



PE(フォトエッチング)の効果

昨年の秋にディテールアップパーツを買ったフジミの1/3000軍艦島(端島)。手のひらサイズで2860円のキットに2640円の別売り部品って、普通に高過ぎと思われてしまいますが、その使用効果はどんなもんでしょう?

まず箱から出して接着せずにただ組んだ昨年の状態。
hajimaB.jpg

で、金属パーツに組み替え、パーツを貼り付けした状態がこちら。
hajimaB2.jpg
金属には模型用の塗料は塗れませんので、予めプライマーを吹き付けてから組んでます。

これはキットの状態の端島神社付近です。鳥居は板状で、境内の手摺や試作品には有った本殿が有りません。
hajimajinjaA.jpg
実物の現状は逆に拝殿が失われてます。

鳥居を削ってPEパーツを組んだところです。背後の1円玉で大きさが見当つくと思いますが、撮影した画像で見ると分かる2mm四方の屋根のズレも肉眼では全く見えません・・・。
hajimajinjaB.jpg
ちなみに右に見える体育館は、自分はパテ盛りしてますが、廃墟で作る時には上部が無くなってるので加工する必要が有ります。

これはコロナ禍の間に崩落が始まり、見学ツアー再開後に崩壊しないか危ぶまれてる1916年新築で日本最古の鉄筋コンクリートアパートの30号棟です。
hajima30.jpg
左がキットのパーツに付属の窓シールを貼ったもので、右が置き換えるPEパーツを組んだものです。インジェクション(射出成型)部品は型から抜く都合上どうしても壁面が斜めになってしまいます。このキットでは階層を表す為雛段状に成型され、シールを切って貼るだけでも面倒です。

これは炭鉱やぐら(竪坑櫓)です。最も見栄えが変わるのですが、サイズが元のキットでは小さ過ぎた様で、取り付ける建物の加工が必要になってしまいました。
hajimayagura.jpg

クレーンなどトラス構造のものは組むのが大変ですが、差し替える効果は絶大です。背景の1マスが1cm四方です。
hajimahikaku.jpg
小クレーンは基部を残して削り取り、PEパーツを取り付けます。

もう一度全体で。残念ながらオマケの船のディテールアップパーツは付きません・・・。
hajimaA2.jpg

また建物の陰になる部分など一部はキットのままなのですが、高層棟に窓が付くだけで当時世界一の人口密度とも言われた街並みの雰囲気はよく出てると思います。
hajimadetail.jpg
この後左側の四連棟の日給社宅屋上で浮いてる小煙突が吹き飛んでパニックになりました・・・。

機動戦士ガンダム EXCEED MODEL DOM HEAD 1

ガチャの組み立て式モビルスーツヘッドの3種目としてドムが現在稼働中です。またも大分時間が経ってしまいましたが、ようやくダブっても良いドムが出て全3種類揃いました。

大人買いではないのでセロファンは開封済みですが、ガチャを回すとこんな状態で出てきます。
DSCF4765_convert_20191113132453.jpg
ラインナップは左から「ドム」、「プロトタイプ・ドム」、「ドム・トロピカル テストタイプ」になってます。

早速組立て。そもそも丸い部分が無いのでほぼ保護シェルで球状にしてますが、前回のガンダムでゴミが多いとでも言われたのか今回は余剰パーツゼロです。モノアイカバーが養生されてないので開封時に傷が入ってるとガッカリです。
DSCF4768_convert_20191113132508.jpg
組立難易度は高く、最初分解するのも組み直すのも一つ目だとちょっと悩むかもしれません。可動はモノアイのみ。

ドムとプロトドムはパッケージングも似てますが、このシールが見えたらドムです。
DSCF4769_convert_20191113132522.jpg
ザク、ガンダムで続いたタンポ印刷は好きな場所に貼るシールになってしまいました・・・。

ドムをガイア機にして宿敵ガンダムと大きさ比較はこんな感じです。
DSCF4774_convert_20191113132836.jpg

エクシードモデル歴代ガイア機と並べて。モノアイが大きくなりました。
DSCF4776_convert_20191113132602.jpg

2が本当に出るのかと思いますが造形を変える為に選ばれたと思われる試作機2種です。ドムとは構造が違うので顎の部分がスカスカで、兵器としては如何なものでしょう・・・?
DSCF4772_convert_20191113132534.jpg

前から見ると頭頂部以外似て見える両者ですが、後ろも大分違います。
DSCF4773_convert_20191113132548.jpg
トロピカル ドムの出っ張った動力パイプの受けは頭部が胴体に固定されてるとしていた時のデザイン故でしょう。

第59回全日本模型ホビーショー(キャラクターモデル編)

キャラクター商品はバンダイスピリッツを中心に変わらず隆盛の様子で、タミヤ以外のスケールモデルメーカーも力を入れつつある印象すら有ります。

バンダイスピリッツは会場で最大面積のブースで展開、ガンダムだけでなく、スターウォーズやマジンガー、ラブライブなどいろいろな作品のキットや完成品を発表してます。

1/144のHGUCシリーズ新作で注目は、劇場公開予定の「閃光のハサウェイ」よりライバル機のペーネロペーが展示されてました。1/144と言ってもМSの設定上の大きさが宇宙世紀で最も巨大化したとされる時期のお話しで、本体に被りモノが有るので通常のMGなんかよりも大きく、ランナーも20枚に達するとか・・・。
DSCF3852_convert_20190929225350.jpg
真ん中に顔が見えるのが素体のオデュッセウスガンダムで分離・合体が可能です。

フライトユニットを変形させて飛行形態も出来ますが、平面積が増える上にスタンドで展示されてるので更に場所をとってます。
DSCF3845_convert_20190929225526.jpg

1/100のMGシリーズではガンダムバルバトスが展示されてました。可動域など元々のシリーズでも素晴らしかったし、高価なハイレゾシリーズでも立体化されてたので、期待は設定通りの頭部だったのですが、色分け分割の為かまたも全然形状が違う頬などに正直ガッカリでした。
DSCF3809_convert_20190929224749.jpg
もう一点カトキバージョンのFAZZもサーフェイサー塗装状態で展示されてましたが、そちらは注目も高く混雑していて、安物のコンデジではグレーの被写体を綺麗に撮影出来ませんでした(´・_・`)。上から2枚目の左端のやつです。

最高峰シリーズのPGでは1/60パーフェクトストライクガンダムを展示。既に本体を持ってる人向けには、左手の拡張パーツセットを出すそうです。
DSCF3815_convert_20190929224818.jpg

プレミアムバンダイ限定商品も相変わらず新製品が続々と出る予定で、個人的にはセミオフィシャル的存在のアドバンス・オブ・Zはかなり力を入れてる模様です。
DSCF3835_convert_20190929225018.jpg
でも映像作品的には宇宙世紀よりも平成ガンダムに通じるデザインな気がしますが・・・。

年末目玉商品のνガンダム 解体匠機も再度展示されてました。税込み10万円以上のこのアイテム、欲しい人は予約しちゃってるからかそれほど注目を浴びていないような気もしました。
DSCF3791_convert_20190929224441.jpg

そこまで高くないですが、1/100での高級シリーズのハイレゾモデルシリーズではゴッドガンダムが間もなく発売になります。細かい名称等も怪しい若手社員さんがMCで頑張ってましたが、モビルファイターならではの格闘ポーズで飾る事を考えて足裏に滑り止めのモールドが入ってます。
DSCF3804_convert_20190929224611.jpg
他のシリーズ以上に人間と同じ可動域・ポーズを目指してるだけあって、既存のキットよりも可動部が増えてます。

これはブース内でも整列制、クローズドスペースで公開されたG40(Industrial Design Ver.)で、自動車デザイン等で有名な奥山清行氏と演出家松尾衡氏が中心になってRX-78を実在させたらどうなるかと言う目的でデザインされてます。
DSCF3913_convert_20190929230603.jpg
紹介ムービーでは拘ったポイントなどが説明されてましたが、最初のブーム直撃世代の奥山氏による最近のバンダイとは異なる可動へのアプローチがとても面白いです。

You Tubeで動画が公開されました!最後のG40のアニメ予告がカットされてます。


別ポーズで。太腿付け根が凄い事になっていますが、現在の腰回りがが開いて可動するのが違和感だったそうでこうなってます。他にも二軸関節を採用しないで短軸の関節で数を増やして捻りの動きを入れるとか、メインカメラが前後しか見えないのはダメだろうとモノアイ化して頭頂部にレールを廻すなどのアレンジが取り入れられてます。
DSCF3923_convert_20190929230652.jpg
映像では上半身内にGP01タイプのコアファイターを入れてるとの事ですが立体物は見られませんでした。ちなみに商品化に伴い映像作品も公開予定だそうです。

ガンダム以外もやってますが、エヴァンゲリオンは告知のみ、ヤマトやマクロスも減少で。その中で注目したのが現在コミックULTRAMAN等で展開中のウルトラマンスーツより新しくウルトラマンティガです。
DSCF3823_convert_20190929225115.jpg
昔のウルトラマン達の次世代主人公らが纏う強化スーツという設定です。

ミレニアムファルコンもバリエーションで新しくまた出る様です。

かつて模型を手掛けてたタカラはトミーと合併して事業撤退し、出してたアニメキットは全て絶版になったそうで、ウェーブはボトムズを同じサイズで新規に開発していますが、ようやくタートル系が出てきます。
DSCF3788_convert_20190929224352.jpg
窓も開いてないし、まだまだ試作段階ですが出来は期待できると思います。

マックスファクトリーは同様にダグラムシリーズを同スケールで新規に展開し5周年という事で展示コーナーを設けていました。
DSCF3896_convert_20190929230223.jpg
クラブガンナーとか出ますが、自分も海外転勤した友人からの貰い物で当時モノの1/48とかいっぱい持ってるんですが・・・。

また自分の好きな超時空要塞マクロスからはPLAMAX MF-37 minimum factory として1/20VF-1Sファイターが展示されてました。
DSCF3892_convert_20190929230119.jpg
「でかくない」・・・充分デカいです・・・(遠い目)。

もちろん発売したてのストライクバルキリーも並んでました。我が家には比較するのもおこがましい1/24レッズのポリストーンキットが眠ってますが、これより全然高かったんですよね・・・(もっと遠い目)。
DSCF3893_convert_20190929230145.jpg

ハセガワはVF-31ジークフリードのバリエーション展開で発売したてのアラド機や劇場版レイナ・ブラウラー・カラー機の完成見本と、再販される各マクロスキットを大量に並べてました。
DSCF3926_convert_20190929230734.jpg
当然アオシマも女の子と絡めたキットを展示してました。

プラッツブースではメーカー・シリーズ違いで複数のスタートレックのエンタープライズや古い海外SFモノの新キットを展示。
DSCF3881_convert_20190929225932.jpg
この様に見本が有れば出来も判るのですが、値段が高くて実物見られないアイテムとかちょっと怖いです・・・。

アクアマリンではワンフェスに続いて、現在劇場版公開中の銀河英雄伝説よりブリュンヒルトの素組見本、塗装見本、ランナーにボックスアートとほぼ商品を把握できる展示がされてました。
DSCF3900_convert_20190929230310.jpg
う~ん、カッコ良いけど、小さくて高い・・・。

あまり本編で出て来てませんがキルヒアイスの乗艦バルバロッサもパネル展示で。色々出たら、この赤さも映えるのですがどうでしょう?
DSCF3902_convert_20190929230351.jpg

全体的に印象としてはフィギュアモノが増えた印象が強いです。完成品では出てないアイテムだったり、他のキットに絡めたアイテムだったりと。ずっとスケールキットしか出してなかった硬派なメーカー(?)が売り上げ重視で萌え系商品とかだすのはちょっとショックです。またキャラクターモノに限らず3Dプリンターがどんどん幅を利かせてくるのでしょう。

吉本プラモデル部の面々も来ていましたし、有名軍事評論家とかもお見掛けし、好きな人は皆来てる印象です。ジャンク品や特価品も土曜日に大方捌けてしまったそうです。

自分的には去年3回に分けて紹介した程の艦船新キットが今年は激減してかなり寂しい展示会になってしまいました。

第59回全日本模型ホビーショー(スケールモデル編)

この週末は恒例のホビーショーが開催されました。今年は有明のビッグサイト東新展示棟から東京テレポート駅前のビッグサイト青海展示棟に移動になって、パレットタウンへ行く家族連れも取り込む事が出来たのではないでしょうか?

今回個人的に一番気になっていたインターアライドブースでのトランぺッターの1/200タイタニックです。やっぱり大きくてカッコいいのですが、大きさに見合わないディテールや、プラの厚みと1/700と同じエッチングパーツの薄さとの違和感が気になりました。
DSCF3690_convert_20190929222045.jpg
同社製品では他に1/350の独戦艦ビスマルク、 奥匈帝國戦艦フリップ・ウニティス、英軽巡カルカッタが展示されてました。

ファインモールドではナノドレッドシリーズの新作・セットが展示されてましたが、赤色成型のこの浮輪・消火設備セットはモノトーンな艦艇でとても映えるので嬉しい部品です。
DSCF3702_convert_20190929222725.jpg
他に参考出品でヤマザキマザックの工作機械などが展示されてましたが、よく出来ていてモノ自体は絶対発売になるでしょう。

ピットロードでも駆逐艦のリニューアルが始まり陽炎型が進行中ですが、試作見本が完成してはいなかったものの後発ならではの拘りが盛り込まれる模様。代わりに見てと言われた1/700の世界の現用戦闘機セットが細かい!周りのホコリと比べて下さい!
DSCF3713_convert_20190929222912.jpg
昨年展示されてた夕張は後回しになってしまった様です。

ハセガワは今回艦船新作キットの発表は無し(つД`)。純正ディテールアップパーツをセットした1/700朝潮型とレベル社の1/400クイーン・メリー2のみでした。
DSCF3928_convert_20190929230806.jpg
飛行機のハセガワですが、リアル航空機も全然無くて、ブルーバードSSSや除雪車の新キットが発表・展示されてました。

純粋な水モノではありませんが取り扱い商品として発売中の1/35RPG製MK-15 ファランクスも展示されてました。
DSCF3724_convert_20190929223151.jpg
艦艇公開時に動かされたり、某有名漫画キャラを模した姿で世界中を驚かせたりしてます。

アオシマはウォーターラインシリーズの英重巡キットが引き続き発売になるという事で、姉妹艦毎の個別専用部品なども並べられてました。
DSCF3743_convert_20190929223657.jpg

あとパネル発表で英駆逐艦のジャーヴィスが。
DSCF3756_convert_20190929223751.jpg

水モノ以外では完成させると殆ど見えないところまで作り込んでる1/144C-2輸送機とか
DSCF3741_convert_20190929223518.jpg

1/80三菱ふそうMP37 エアロスターとか
DSCF3737_convert_20190929223416.jpg

厳密には模型ではありませんがPasocomMini PC-8001の造形が興味深かったです。
DSCF3757_convert_20190929223826.jpg

タミヤはまたも水モノは展示すら無し。最近実車が発表になって話題のBMW製スープラを展示して、生産予定の無い白色成型以外のボディも並べてました。ラジコン、ミニ四駆でも展開します。
DSCF3768_convert_20190929224030.jpg
スープラは注目なのかミニカーメーカーでも各種スケールで展示されてました。

空モノでは1/48P-38ライトニングF型とG型のコンパチキットを展示。こちらも内部まで部品が付きり込まれていて、各部を開けた状態も展示されてました。
DSCF3762_convert_20190929223938.jpg
他に1/16米空挺戦車 M551 シェリダンなどが展示されてましたが、戦車系はチンプンカンプンなので・・・。

これは有限会社和巧の会場限定で10セットだけ販売された戦艦大和の建艦ドックのセットです。
DSCF3774_convert_20190929224157.jpg
隣にも見えてますが、他のサイズの艦船用もあります。その他1/12組子行灯組立キットなどが展示され綺麗でした。

ヤマシタホビーでは特1型駆逐艦のバリエーションで1型・2型のハーフみたいな浦波の専用パーツを展示したほか、松・橘型駆逐艦、秋月型用高角砲をパネル発表してました。
DSCF3782_convert_20190929224250.jpg

バンダイは2/5セガサターン、プレイステーションを展示。プレステのディスクは真っ黒の方が良いかと思いましたが・・・?
DSCF3858_convert_20190929225437.jpg

モデリウムは1/700海上自衛隊潜水艦救難艦ちよだなどを展示。他にもタグボートなど他メーカーが手を出さないアイテムを高水準で立体化してます。
DSCF3874_convert_20190929225824.jpg

プラッツは自社製品の他様々な海外メーカーの商品を扱っており、50周年で全長50cmを超える1/200アポロ11号が発射時状態で展示されてました。各部で分割も出来て、業者招待日にはバラバラにして展示されてました。
DSCF3880_convert_20190929225913.jpg
隣に写ってる重機の他にブラインドモデルの航空機、いろんな時代のレーシングカー、11tトラックやコンテナなどいつもより広い(?)ブースで色々と展示・発表をしていました。

ビーバーコーポレーションも同様でプラッツと被る展示も有りましたが、1/24MAZDA K360を発表した他、商品だけでなくモデラーの作品も展示していました。
DSCF3885_convert_20190929230013.jpg

その中で特に目を惹かれたのが、この前火事になってしまったばかりの、UMBUM製1/200ノートルダム寺院のヨーロッパではメジャーなカードモデルと言われる厚手の印刷済みペーパークラフトです。
DSCF3910_convert_20190929230516.jpg

今までも会場にカウンタックを持ってきたりと驚かせてくれたグッドスマイルカンパニーは1/24都電6000形が展示されてました。
DSCF3887_convert_20190929230037.jpg
これも全長50cm、全高20cmを超えるビッグサイズです!

ヘルメッツは1/12フィギュアと飾れるゲーム筐体や自販機を展示。これは液晶画面を付けたもので実際に遊べるわけではありませんが、画面の奥行など雰囲気抜群の出来で、インベーダーブームを思い出させてくれます。
DSCF3904_convert_20190929230424.jpg

ポポンデッタはメーカーではなく鉄道模型販売店なのですが、隅の方に展示されてたHOサイズの古い京急デハ230形です。最近のスマートな車輛よりもこういった昭和の武骨な車輛は単体で飾るだけでも見栄えがする気がして好きです。都電もそうですが車輛数いらないし・・・?
DSCF3949_convert_20190929230933.jpg

先日のワンフェスに出展してたプラムの201系も来ててお話ししましたが、中央特快に特化してるので、総武線とかで組むなら細部を変更するバリエーションキットを待ってくれとの事でした。

明日はキャラクターモノ編です。
プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR