FC2ブログ

高崎市元島名将軍塚古墳

将軍塚という名の古墳は全国に幾つもあるので、地元以外で一般的には区別するためのに元島名将軍塚古墳と呼ばれてます。
関越道と北関東自動車道の高崎JCのすぐ西に在る南東向きの前方後方墳です。全長約90m、高さ約8.5mを測ります。

これは北東より見た全景で、左が前方部で右が後方部です。葺石や埴輪がなく5世紀初めまでには築かれたものと推定されてます。
motoshimanane.jpg

後方部北側を近くから見たところで、隣の建物と比べても高さがある事が解ります。昭和55年の調査では周溝より底の無い二重口縁壺が落下してきてるのが見つかりました。
motoshimananw.jpg

後方部南側にある解説板です。この図でも明瞭ですがくびれ部が削平されて後方部と前方部が分れた様になってしまっており、前方部上には島名神社が建立されその参道のために後方部南側も削られてます。
motoshimanakaisetiban.jpg

前方部に建立された島名神社です。
motoshimanashimanajinja.jpg

後方部墳頂より見た前方部です。外側は奇麗な後方部の中央が凹んでる様子が解ります。明治44年にここの下2.1mから粘土槨が発見され、中から人骨の他に鏡や石釧が見つかりました。
motoshimanaftor.jpg
二重口縁壺や石釧と言えば先に記事にした郡山市大安場古墳ですが、推定築造時期・墳形・出土物と類似点が多いのも気になります。

削られたくびれ部より見た前方部で、左奥を見ると基壇の高さで均されている事が判ります。
motoshimanartof.jpg

こちらはくびれ部基壇南側、神社の参道脇にある大きな板石です。主体部は粘土槨との事ですが、この石材については由来も何も書かれてませんので大変気になる存在です。
DSCF6497_convert_20181031204137.jpg

現在高崎市としては同一古墳群としてないようですが、西側の井野川沿いに南東に向かって古墳が何基も現存しています。
スポンサーサイト



玉川村宮前古墳群 宮ノ前古墳

国道118号線を走ると福島空港・あぶくま南道路を潜るちょっと南、川辺八幡神社の前で「宮ノ前古墳P↓」という案内が何故か両方向に設置されてます。実際にはそこから南へ100m強行った場所から西側の新しい住宅地を通り抜けた突き当りの広場が無料駐車場になります。

駐車場から既に斜面上の横穴式石室が見えてます。右の隅から最短距離で上がれるのかもしれませんですが、一段目の足元が全く見えないので左方の矢印看板側から迂回しました。
miyanomae1.jpg

迂回して戻ってきたところです。以前は深い藪の中だったようですが、麓の宅地化に伴って木々は伐採されました。
miyanomae2.jpg
盛土が流出して、発掘もされてないようで、墳形は不明ですが、石室を覆う程度の円墳ではないかと推定されてます。

真っ直ぐ建つが故に宙を向いてる解説板です。実際急な斜面上で正面には立てず、標柱に掴まってカメラを持った手を伸ばしてこの角度がやっとです。駐車場が出来た際に何故この解説板だけでも麓に移設しなかったのでしょう?
miyanomae3.jpg

その標柱です。周囲はほぼ左後方の様な角度の斜面になってて囲ってる柵も傾いてて信用出来ませんし、安心して立てるのはこれに掴まる事ができる範囲と石室内のみという状況です。
miyanomae4.jpg

南南東向きに開口する石室正面です。奥行き3.9m、内部の高さ1.8m、幅約2mを測ります。
miyanomaesekisitu1.jpg
天井の石も角を落とす加工がされてます。

石室はこの玄門で区切られて、手前の羨道と奥の玄室に分けられてます。凝灰岩をきれいに切り取り、組み合わせてるのが解ります。
miyanomaesekisitu2.jpg
まぐさ石が永年の負荷で割れてますが玄門自体は石室の側壁の後に組み込むようにして造られてて、その隙間の無い成型と組み合わせで揺らぐことなく保たれています。

玄室内部です。全方位大きな石材を使用してますが、よく見ると奥壁の右下は形を合わせて継ぎ足されてます。
miyanomaesekisitu3.jpg
この積石の加工具合などから7世紀になってからの築造と推定され県指定史跡になってますが、なぜかまほろんのデータベースでは宮前古墳群として所在位置と遺跡総面積のみが掲載されてます。

那須町舟戸古墳群

栃木県那須町、国道294号と県道34号が交差するすぐ南、那珂川と余笹川との合流点に接するほとんど川と標高の変わらない低い場所を中心に分布する帆立貝形前方後円墳1基・円墳6基から成る古墳群です。

県道を挟んで北側にはハッケトンヤ縄文式遺跡があり、県道沿いに解説板と標柱があります。解説板から県道挟んで北西の5号墳址は民家が建ってます。
funadokaisetu.jpg
確認された中では那珂川水系で最も上流にある古墳群で関東最北の古墳群でもあり、町指定史跡となってます。

帆立貝形前方後円墳の1号墳を西側より真横から見てます。右が前方部で左が後円部で、南南西向きの全長12.8m、高さ約3mの規模です。
funado1w.jpg

1号墳を南東より。横穴式石室が見つかっており東側に開口するとの事でしたが、埋め戻されたのか葺石しか見えませんでした。
funado1s.jpg
かつてこの東北東側で4号墳の南東には3号墳が在りました。

20年7月追記
那須歴史探訪館で実測略図を見る事が出来ました。東側というのは東面ではなく主軸線よりも東側(南東側)で南西向きに開口していた様です。
funado1jissokuzu.jpg
これによるとL5.52m×W最大1.8m×H1.5mの半地下式無袖型横穴式石室が上の画像で資材置き場になってやや抉られてる前方部端側に開いていた様です。

2号墳を西より見てます。1号墳の南南東近くで、民宿鮎楽荘の玄関前に在ります。
funado3w.jpg

東より見てます。開口はしてませんでしたが、左上の大きい石の辺りが主体部ではないでしょうか。
funado3e.jpg

4号墳を西より見てます。この一基だけ古墳でないかもと言われてますが、よく見ると葺石が少し見えてるのでやはり円墳なのだと思います。直径約12m。
funado2w.jpg

北東より見てます。分布図では県道から下る坂の西側にポイントされてますが現存表記なので・・・。
funado2n.jpg

群の東に建てられてる黒川発電所から西の大田原に向かって送電線が伸びてますが、県道を避け一旦北西側の斜面上に鉄塔が2基建ち、間の樹木が取り払われてます。グーグルマップの航空写真で見ると途中に2ヶ所刈リ残しの様な場所が見えます。分布図では現存表記の円墳2基となっており、南東側が6号墳、北西側が7号墳と記されてます。

渋谷公会堂

埼玉スーパーアリーナで空席を理由での公演中止で世間を騒がせた沢田研二さんですが、この旧公会堂での最後のコンサートも彼の公演でした。

公園通りからエントランスに向かうスロープです。左は地下駐車場入口でした。右の青い柱は今後もランドマークとして残るであろう時計塔です。
shibukomainslope.jpg

地下駐車場入り口の更に左には区役所庁舎がありました。
shibukokuyakusho.jpg
新公会堂はこの場所に建ちます。

スロープを上がってホール正面です。当日券売り場は右手に、左手区役所との間を抜けると楽屋口や搬入口でした。
shibuko.jpg
前回のオリンピックでは重量挙げの会場でしたが、今後この場所は分譲マンションになるようですね。

エントランス庇上の館名プレートです。以前は上部4階バルコニーがコンクリ製の手摺壁でホール名が取り付けられてましたが、2005年の改修時にネーミングライツを売却され、渋谷C.C.Lemonホールとしてこの場所にホール名と大きなレモンの絵が設置されました。
shibukoentrance.jpg

ホールロビーです。物販や持ち込み禁止物の預かり、スタンド花の展示等が行われてました。
shibukolobby.jpg

ロビーにあった座席図です。客席は2階層2084席で左右の扉は1階席最後方の扉で、2階席へはロビーや客席左右の階段で上がりました。
shibukozasekizu.jpg
ジュリーの公演なので上手(右側)側男子トイレが女性用に振り替えられてますね。

エントランス横のチケット売り場です。当日券販売やチケット引き換え以外で使用された記憶はありませんでしたが、ソールドアウトで使用されないことはよくあったそうです。
shibukoticket.jpg

開場前や、先行グッズ販売の際に列が出来るホール前広場で、正式には2階広場と呼ばれてました。
shibukomae.jpg

広場にはいくつかのモニュメントなどがありました。これはホール正面のなかよし像で田畑一作氏の作品。
shibukoart.jpg

こちらは水車で、よく見ると右に伸びたアームが金管楽器状になってます。
shibukosuisha.jpg
他にも「渋谷・トルコ 日本友好碑」、「平和の鐘」などがありました。

ここは水車の奥側で、一番上は広場よりちょっと高くなってて座れるようになっており、その下には消防設備があって、両脇は地下駐車場歩行出入口や車両出口になってました。
shibukopdeguchi.jpg

ここはさらにその奥、ホール北面を向かいのNHK側から見たところです。2階広場からこちら側に下りられるスロープが見えます。
shibukokitamen.jpg

こっちは隣の税務署と近過ぎて何も無いですがホール西面、ステージの裏側になります。
shibukoura.jpg

こちらは税務署を周って関係車両入口から見たホール南面です。手前に警備ボックスがあり、一般車両は入れません。
shibukohannyuguchi.jpg

2階広場側から見た関係者駐車場です。3DAYSの最終日だったのでトランポ2台は留め置きでしてます。
shibukogakutaguchi.jpg
右奥が搬入口で、楽屋口は建物の下に入った場所にありました。

館内客席はこんな感じでした。
渋谷公会堂物語

平面案内図です。これは裏にあったモノで、公園通り側にあった図はボロボロになってました。
shibukomap.jpg

地下でも撮影したのですが、既に庁舎の引っ越しや工事が始まっており、通路上に台車が荷物満載で放置されてたり埃だらけでオーブ状に写り込みが激しかったです・・・。

野田市親野井古墳  岩名古墳

親野井古墳は流山街道沿いの物流会社とその隣の私有地に跨って保存されてる直径約17m、高さ3.7mの円墳とされてますが高さは大分減ってるようです。
裾も削られて、現状は円墳とも方墳ともつかない形状になってます。発掘調査は行われてませんので詳細は不明です。
oyanoiold.jpg

近年南半分の墳丘上は木も草も伐採され見易くなり、管理されてました。
oyanois.jpg

最近北側も樹木は全て伐採され墳形が良く見えるようになりました。
oyanoin.jpg

岩名古墳は清水公園の西、岩名修景緑地にある直径18m、高さ1.8mの円墳です。
江戸川から近いのですが車輛で直接近寄る道が無くぐるっと迂回すると標柱が見えてきます。墳丘は階段の上になります。
DSCF6857_convert_20181024214513

南東より。平成15年に古墳周囲は整備され古墳公園となってます。
iwana2.jpg

反対側に回って北西より。幅1.8m、深さ0.6mの周溝が巡っててその埋まった跡を白い砂利で表してたようですが、殆ど残ってなくて遊歩道が周溝を避けてるのが解るのみとなってます。
iwana3.jpg

南南東向きに開く主体部です。公園化に伴い開口部はコンクリで補強され、流出した盛り土も復旧されてます。
iwana4.jpg

東葛地方では珍しい房州石をドーム状に積み上げた横穴式石室が残り、平成7年に市の史跡に指定されました。以前は中で遊べたようですが崩落の危険性も有るため土嚢で埋め戻されました。
iwana5.jpg
石材の上に空間が空いてますが、整備前の写真では見えてる土の高さまで封土が流出してしまってたようです。

解説板が標柱の横に在ります。埋め戻された石室の様子や整備前の天井部が開いてた頃の写真が見られます。
iwana6.jpg
土砂の流出した石室の横に階段があったのですね・・・。江戸時代には石室上部がむき出しになってたらしく、文化14年に人骨や鉄刀が見つかり「岩名の洞窟」と呼ばれてました。

大安場史跡公園 ガイダンス施設

大安場古墳群が発見され史跡公園として整備されるのに伴い建てられた資料館です。建物は円形で、屋根は古墳から出土した「石釧」と呼ばれる腕輪型石製品を模して造られてます。現在は手前の木々が育って全景は見られませんでした。
oyasubaguidance1.jpg

資料展示室へ。来場者が30万人に達したそうです。入るとすぐ左に白い壺が。
oyasubaguidance2.jpg
この白い方でなく茶色い部分が最初の調査で発見され、古墳だと認定されるきっかけになった壺片です。

序盤は縄文時代の遺物が並びます。一部の本物の土器は手に取ってその重さ・手触り感を体験できます。
oyasubaguidance3.jpg

様々な顔や形状の土偶もあります。
oyasubaguidance4.jpg

続いて1号墳に並んでた壺で、右側のものは二重口縁壺と呼ばれ、一番左のものは棒状浮文壺と呼ばれてます。墳丘上にはこの2種類の壺が並べられてましたが、統一性は無く、再現した壺の様にそれぞれ違う人・場所で作られ持ち寄られたものと思われます。
oyasubaguidance5.jpg

1号墳を築く風景の1/60の模型もあります。
oyasubaguidance6.jpg

一番奥にあるコレは原寸大で再現された1号墳の埋葬施設です。1体埋葬説で展示されてますが石釧の辺りに手首が来るように手前にもう一体埋葬されてた可能性もあります。遺物の出土状況も解ります。
oyasubaguidance7.jpg
実際は一番奥の様に舟型の木材で蓋をされてたハズですが、朽ちた上に中世に削られてしまってました。

建物のモチーフにもなってる石釧です。これは触れませんがすぐ後ろにレプリカがあり、それは手に取れます。一緒のケースで展示されてる太刀などと共に県指定重要文化財となってます。
oyasubaguidance8.jpg

大安場古墳群に続き近隣の古墳や遺跡から出土した遺物が展示されてます。
oyasubaguidance9.jpg

これは淵の上1号墳から出土した頭堆太刀です。大昔の装飾品が輝きを失っていないって本当に凄いと思います。
oyasubaguidance9b.jpg

これは南山田遺跡の24号住居跡からそっくり切り取って保存された竈で、柱も原寸で再現されてます。
oyasubaguidance9c.jpg
ここは火事になったようで、床や竈は焼けてせんべいの様に固くなったまま残ってました。

出口の横には古墳時代の食器と称して、用途別、時代別の変遷が見てとれる様に並べられてます。最上段がお供え用・二段目が盛り付け用・下二段が調理用で、左から右へ時代が移って行ってます。
oyasubaguidance9d.jpg

他にも映写室とかあったのですが、いわき市まで移動に結構時間が掛かるのでガイドブックを買って出ましたが、機会あればまたゆっくり見学したいものです。

郡山市大安場古墳群

福島県郡山市市街地の南東におよそ5kmの阿武隈川を越えた場所に、平成になって発見された大安場古墳群があります。

発見された前方後方墳は東北地方最大級で、墳丘のある山上と麓を整備して公園化され、資料を展示するガイダンス棟も建てられました。東日本大震災で一部被災した場所も復旧し、市民の憩いの場となってます。
ooyasubakouenannai.jpg
訪れた際には案内図の下の石釧には気付きませんでした。

公園化に伴い建設されたガイダンス棟の横から見上げると1号墳の姿が見えます。右下はマスコットの大安場くんです。
ooyasuba1fumoto.jpg

ひたすら階段を上がって1号墳を北東より。4世紀後半に築かれた全長約83m、高さ推定約10mの北北東を向いた前方後方墳です。
ooyasuba1.jpg
前方部は2段、後方部は3段に築かれてました。

前方部北側に解説板が設置されてます。
ooyasuba1kaisetu.jpg

墳丘上の縁には通常の埴輪ではなく、約50個の底に孔を開けた壺が並べられてました。墳丘整備・復元後市民に参加してもらう形で壺を50ヶ作り、設置されました。製作者の名前が入れられてて、良い記念になってると思います。
ooyasuba1tubo.jpg

前方部より後方部。中世のここは城館に利用されてて、後方部は約1.5m削られ、その土は手前側くびれ部に投げ捨てられてました。
ooyasuba1ftor.jpg

後方部より前方部。前方部の奥は2号墳です。
ooyasuba1rtof.jpg

後方部墳頂の埋葬施設表示です。木棺直葬という古い埋葬の仕方で、中世にあと20cm削られていたら跡形も無くなっていたところでした。長い木棺と副葬品の出土状況も解ります。
ooyasuba1maisoukasyo.jpg

埋葬施設や出土品の解説板が横に設置されてます。木棺が全長約9と長く、複数の人を埋葬した可能性もあります。
ooyasuba1maisoukaisetu.jpg

こちらは1号墳北側の2号墳です。1号墳の約100年後に築造と推定される直径約15mの円墳です。
ooyasuba2.jpg
目地を粘土で奇麗に密封した箱式石棺が見つかりましたが、そのまま開けずに埋め戻されてます。

2号墳にも解説板が設置されてます。
ooyasuba2kaisetu.jpg

こちらは公園と宅地の境で半壊の3号墳です。民地が墳丘側に食い込むためV字状に背面を削られてます。
ooyasuba3w.jpg

こちらは3号墳の北東で逆に民家に突き出る形で半壊してる4号墳です。
ooyasuba4.jpg

振り返って5号墳跡。墳丘は既に失われてましたが、直径12mの周溝が検出されてます。
ooyasuba5.jpg
周溝は4号墳手前で折れており、4号墳を避けて築かれた事が判明してます。

まさかだけど当たった!

「 楽しく集めよう!ご当地キャラ♪スタンプラリー印旛」には最初の記事を記入ご応募してすっかり忘れてましたが、全部周った甲斐あってダブルチャンスのパーフェクト賞が当たりました(^-^)/!
DSCF4162_convert_20181022161833.jpg

応募したのは右のはがき。一応応募したのはうなぎでした。
DSCF5839_convert_20180824143500.jpg
チェックしてあるように房総のむら 風土記の丘資料館の入口で見るまで全然知らず、ちょっと前に行った白井市文化センターでは全く目に入りませんでした。

ゆうパックで届いた景品です。
DSCF4156_convert_20181022154118.jpg

中身はご当地キャラアイテムセットで、結果的にスタンプ8種に登場のチーバくんが全然無いという・・・。
成田市   うなりくんのピンバッジ
佐倉市   カムロちゃんのポケットウエットティッシュ、シール、コースター
四街道市  よつぼくんの缶バッジ2種セット
八街市   ピーちゃん&ナッちゃんのピンバッジ
印西市   いんざい君のラバーストラップ
白井市   なし坊のピンバッジ、ボールペン、ペーパークラフト、クリアファイル、
      なし坊ファミリーシールセットを「I💛Shiroi」袋に
富里市   とみちゃんのピンバッジ
酒々井町  井戸っこしすいちゃんのトートバッグ
栄町    ドラムのマスコットキーチェーン
という内訳で、白井だけが何故か大盤振舞いでした。

あぁそうだ、ゆめ牧場の近くに点在してた古墳を調べないと・・・。

取手市市之代古墳群

茨城県最南部である取手市の中では北の端、小貝川に架かる稲豊橋付近の台地上には20基以上の古墳が在り市之代古墳群と呼ばれてます。

まずは平成30年3月3日に催された「市之代古墳群―その発掘調査から―」配布資料から分布図です。同時期埋文センターで催されていた「取手の古墳」のリーフレットの分布図は誤りがあり、訂正された会場展示の分布図は撮影禁止になってました。この図でも2号墳は谷津の中に書かれてますが北西側の台地上で、1号墳は数字の2の辺りです。
ichinodaibunpu.jpg
16号以降の古墳は後から確認されたもので、特に17~21号墳は平成9年の市営農園「農業ふれあい公園」造成時の調査で周溝が発見されたものです。

地主の方に声を掛けて群最南端の1号墳を西より見ます。左が前方部で右が後円部です。全長26m、高さ2.4mの北向きの前方後円墳ですが、現状の測量のみしか調査されておらず前方後方墳の可能性もあるようです。
ichinodai1.jpg

1号墳の北西に在る2号墳です。直径18m、高さ2.5mの円墳です。
ichinodai2ne.jpg

これは2号墳の北に在る16号墳です。直径10mで、高さがあるように見えますが左手は小貝川へ下る斜面になっており、墳丘自体は高さ0.5mです。
ichinoda16ne.jpg

180度振り返って3号墳前方部を南より見てます。昭和52年にこの古墳の後円部があった場所へ橋を架け直す事になり、調査後くびれ部など一部更に削られて前方部のみが残ってます。全長約20m、高さ2mの南東向きの前方後円墳です。
ichinodai3s.jpg
左手前の隅からは埴輪に遺骸を入れて埋葬されてるのが発見された他、墳丘上には埴輪列が見つかってます。

3号墳とは新しい県道328号線を挟んで向かい側に在る4号墳です。民家の入口になってるため手前(東)側はスパっと切られてます。調査時には後円部を失った推定全長20m、高さ1.5mの西南西向きの前方後円墳とされてますが、現在の学芸員さんは円墳と主張されてます。
ichinodai4.jpg
ここからも埴輪が見つかってます。

西へ移動して交差点の北側に在る半壊の5号墳です。直径10m、高さ1mの円墳です。明治7年武人像が壊れた甕の中に見つかったのですが、それを平将門像と解釈して埋め戻されました。現在墳頂には「平将門土偶之墓」という石碑が建ってます。
ichinodai5.jpg

5号墳から農業ふれあい公園へ向かう道を東に進むと右手に見えてくる6号墳です。直径15m、高さ1.5mの円墳です。手前の裾から箱式石棺が発見され、9体以上の人骨と玉類の副葬品が出てます。
ichinodai6.jpg
道路の向かいには直径15mの7号墳が現存しますが、藪が酷くて入れませんでした。

更に東へ進んで川沿いに北へ回り込むと農業ふれあい公園の駐車場があります。その駐車場のために斜面ごと削られ半壊の9号墳です。これは南側から見てますが北側は削られてありません。直径13m、高さ0.5mの円墳です。
ichinodai9.jpg
以前はこの南隣に直径14mの8号墳が在ったのですが、昭和59年に崩壊の危険性のため発掘され、見つかった横穴式石室は運び出して保存されてるそうです。

農業ふれあい公園の北側の私有地に在る11号墳です。直径16m、高さ1.5mの円墳です。
ichinodai11.jpg
8号墳発掘時にこの南の畑に埴輪片が見つかり、翌年調査され直径16mの円墳の周溝が確認され10号墳とされました。これが後の農園造成時の発掘に繋がります。

11号墳の西側から奥を覗くと12号墳と思われる低いマウンドが見えますが、撮影すると全然判りませんね。直径12m、高さ0.5mの円墳ですが、実測図だと南北に同程度の高まりが2カ所あって、どちらが墳丘なのかは不明です。
ichinodai12.jpg

農業ふれあい公園から北西に300m程離れた場所にも3基の古墳がマークされてますが、14号墳は農道脇の小さな高まりにしか見えず、農作業で13、15号墳は見られませんでしたが残ってる様にも見えませんでした。

安中市簗瀬二子塚古墳

群馬県安中市磯部駅の北東1kmの所にある、全長80m、高さ6.8mの西向きの前方後円墳です。

南東の道路向かいに建てられたガイダンス棟側より。右手前が後円部で、左奥が前方部になります。
yanasefutagose.jpg
手前の道路は周溝・周堤が続いてました。

南に建てられた四阿の横より。後円部に見える鉄扉は石室の開口部です。以前は竹藪に覆われ墳形も見辛かったのですが、市が買収、伐採後整備されました。
yanasefutagos.jpg

ぐるっと回って北西より。墳丘は葺石で覆われてますが、保護のため土を盛ってるため表面には出てません。
yanasefutagonw.jpg

現状はほぼ同じ高さですが、杭から左は南側周溝、右は周堤です。杭列が曲がってますが、このすぐ左の周溝内で前方部隅より高まりが見つかってますが、その用途・正体は何なのでしょう・・・。
yanasefutagoshuutei.jpg

後円部の南には解説板が設置されてます。これは石室の説明。
yanasefutagokaisetu.jpg

yanasefutagohaniwa.jpg
出土品の一部は安中市学習の森ふるさと学習館に収蔵・展示されるほか、こちらでも見る事が出来ます。
文化遺産オンライン

前方部より後円部。墳丘上や段築のテラス上には埴輪が並んでました。中央奥の木々は簗瀬城址で、今は城山稲荷になってます。
yanasefutagoftor.jpg

後円部より前方部。妙義山がこの日は良く見えました。
yanasefutagortof.jpg

石室開口部です。玄室にはベンガラが塗られており、保護のため現在では出入りが出来なくなってます。窓が付いてますが、全長11m以上あって、幅1mに満たない羨道を二段階に1m以上下って行く内部は殆ど見えません。
yanasefutagosekisituiriguchi.jpg
整備前は葺石を使って後円部墳頂へ登る階段が、開口部のすぐ左に設けられてました。

直接玄室を見る事はできませんが、ガイダンス棟では3DCGムービーでその様子を見る事ができます。
yanasefutagosekisitucg.jpg

6月30日には国指定史跡に答申された事を記念して現地説明会が催されました。
yanasefutagogensetu.jpg

当日は特別に石室の扉が開放されましたが、維持設備等があって入室は出来ませんでした。
yanasefutagosekisitu.jpg

現時点では古墳群と呼ばれてませんが、周囲には他にも古墳やその跡、古墳の可能性のあるマウンドが在ります。

前方部西側に在る首塚古墳です。直径21m、高さ約4mの円墳です。昭和6年に墓参りに来た小学生によって人骨が発見され、その後の調査で横穴式石室の外側に下顎の無い頭蓋骨が約150体分積まれてた事が判明しました。墳丘のすぐ背後には中世に八幡平陣城が築かれてましたが、近くでの戦の戦死者のものと考えられてます。
kubituka.jpg
現在市の指定史跡となっており、墳丘上にはお堂と供養塔が建てられてます。

後円部の東にある真下神社古墳です。現在は一辺が8mの方墳状に残ってますが未調査のため詳細は不明です。
masimojjinja.jpg

ガイダンス棟の南にある積石塚状の高まりです。調査はされてませんが、開発により集められた石の山ではなく昔から存在してるそうで、古墳の可能性もあるとの事でした。
yanasemichousa.jpg

現地説明会で配られた実測図で上が北になります。記入されてませんが、右端の周堤と重なる四角い高まりが真下神社古墳です。K―3号墳は既に墳丘を失っていた埋没古墳で現在は道路や宅地となってます。
yanasefutagojissokuzu.jpg
周溝の南西隅、周堤には接続しない様に四角く盛り上がってるのが判ります。
プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR