FC2ブログ

上野簗瀬城

群馬県安中市原市、上毛三山パノラマ街道からヤオコーの駐車場の奥に見える木立が簗瀬城主郭跡で、現在城山稲荷となってます。遺構が残ってる割に資料が無く、城域も城主もいつ築かれたのかも不明です。
yanasejokanban.jpg

北東隅の土塁が切れて上り口になってますが、郭の南と西東面は土塁も削られてて正規の入口かどうかは不明です。
yanasejone.jpg

その北側には道路で削られながらも土塁が残り、主郭との間に空堀も残ってます。城址は段丘上ですが最高地に位置してはおらず、二重堀で固めてた可能性も高いです。
yanasejodorui.jpg

その空堀を東より。左手の主郭側の土塁の方が高いのが分かります。
yanasejohori1.jpg

通り抜けて西端で振り返ります。地図によっては堀底道として載ってます。
yanasejohori2.jpg

そこから右手(南方向)には主郭の土塁が続きますが、外側の土塁は断ち切られ、こちらにもあったであろう堀は舗装路になってます。
yanasejonw.jpg

恐らく稲荷が出来た際に郭の南東部の土塁は郭の高さにまで削られ、川原石を積んで神社風に改変されてます。ここは南東の角です。
yanasejose.jpg

道路を挟んで東側には物見台状のマウンドがあり、奥の方は川に向かって段々に低くなってます。
yanasejodorui2.jpg

南面中央の階段を上がって主郭内部と稲荷神社です。
yanasejohonmaru1.jpg

社殿背後を見ると先の空堀の土塁は郭より2m位高く築かれてます。
yanasejohonmaru2.jpg

明日は(最後の?)桜川市の真壁城とつくば市の小田城との同日現地説明会に参加したいと思います。
スポンサーサイト



坂東市矢作稲荷塚古墳

坂東市矢作、県道20号線を自然博物館入口から南に250m程進むと東側道路脇に保存されてます。市内には別の稲荷塚古墳があるため区別するために矢作稲荷塚古墳とも呼ばれます。
坂東稲荷塚古墳02_convert_20181129114110
直径約12m、高さ約2.5mの円墳です。詳細は調べられてないのですが、もう一方の稲荷塚は後世とされてるので、何らかの出土品か調査歴があるのかもしれません。

墳丘の前には岩井市時代に建てられた石柱が、出来立ての様に綺麗に管理されてます。
坂東稲荷塚古墳01_convert_20181129114049

北東より見てます。墳頂には稲荷社を祀ってるのですが、平側は表裏(東西方向)ともに隠れて見えません。交通量のかなり多い場所の脇なので見るのは断念しました。こちら面は民家の出入り口で若干削られてるようです。
坂東稲荷塚古墳03_convert_20181129114132

反対側の南西より見てます。画像では見難いですが隣家との境の塀は奇麗な円を描いて墳丘を避けてます。
坂東稲荷塚古墳04_convert_20181129114151

こんなに目立つ古墳なのに、全然訪問されないのがちょっと不思議です。

酒々井町墨小盛田古墳

酒々井プレミアムアウトレットの北西約1.5km、酒々井総合公園駐車場の脇に芝で覆われた台形のマウンドが在ります。墨小盛田古墳(すみこもったこふん)と読み以前書いた平賀駒込古墳公津ヶ原8号墳よりも明瞭な長方形墳で、長辺30m×短辺23m、高さ約3mを測ります。
sumikomottanw.jpg
須恵器が出土しており、古墳時代最終末期の築造と推定されてます。

北より見てます。長軸は若干南西・北東に傾いています。復元整備されて角は鮮明なのですが、墳頂が平らでどの角度から見てもあまり変わり映えしません。
sumikomottan.jpg

反対側に回って南南西より。周囲には幅2mの周溝が巡ってて生垣で囲われてます。中央右寄り、南面中央で箱式石棺が発見されてます。
sumikomottasw.jpg

平らな墳頂です。訪れた際は曇天でしたが、なかなか誰もいなくなるタイミングが無いくらいに良い遊び場になってました。
sumikomottatop.jpg
でも規模が幸いしてか部分的に芝が傷んでなく綺麗な状態を保ってます。

解説板の写真は整備前の墳丘です。なぜかwikiでは読み方が間違ったままになってます。
sumikomottakaisetu.jpg

おでぃば山除草作戦

日曜日午前中には茨城県大洗町の日下ヶ塚古墳や磯浜海防陣屋跡のあるおでぃば山の草刈りに参加しました。

公民館前に集合して徒歩で移動、狭い坂や階段を昇ると前方後円墳が見えてきました。
odeibajosou1.jpg
見えてる範囲で好きな場所を刈って良いそうです。

鎌を借りて周溝の外縁部を周りの人に気を付けながら約40分、作業して一休み。陣屋跡の廓跡からの展望は最高です!
odeibajosou4.jpg
気分一新で今度はくびれ部付近を刈り始めました。残念ながら新発見とかは無く、産廃含むゴミばかり出てきました。

お菓子とお茶も頂戴しまして、次の休憩では墳丘の上で一服(タバコは吸いませんが)。陣屋を造る際に削られた墳丘(前方部)が痛々しいです。
odeibajosou3.jpg

休憩途中では教育委員会の蓼沼氏の案内で戦時中に削られた後円部墳丘や古墳北側の昭和時代に投棄されたゴミの固まりを見学。墳丘上のテラスは段築ではなく大戦後期の食料不足の時の開墾跡だそうです。
odeibajosou5.jpg
ゴミは土嚢袋などに詰め込んで積まれており、更にゴルフの練習で球を打ち込まれるなどして土を被ってる状態でした。

作業終盤以前確認されてた井戸跡を再確認。斉昭の井戸とも呼ばれてて、みんなで集まって横の流し場まで封土をどけました。
odeibajosouido1.jpg
左の穴の開いた厚いコンクリが井戸を塞いでる部分で、右方向周溝内へ水が流れるように傾斜が付けられてます。

逆方向から。試しに穴から石を落とすと3拍ぐらい経って着水する音が響きましたΣ(゚Θ゚)。これには総勢どよめいてしまいました。
odeibajosouido2.jpg

作業終わって最初と同じアングルで。くびれ部手前の黒くなってる場所が井戸跡です。
odeibajosou2.jpg

荒屋敷貝塚

加曾利貝塚の現地説明会で「週末は古墳巡り」の挂甲の武人さんと出会い、その後で案内して頂き加曾利貝塚より西へ約1.7kmほどの場所に在る荒屋敷貝塚も見学しました。加曾利北貝塚と同じ縄文中後期とされ国指定史跡となってる貝塚です。

京葉道路建設の際、高速をトンネルにして遺跡保護が図られました。北西の隅より見てますが、右の木の手前から左奥の鉄塔の左にかけて高速が潜ってます。
arayashikinside.jpg

市道都賀宮崎線の脇には石柱が建てられてます。
arayashikisekichu.jpg

その横には解説板も設置されてここがただの空き地ではない事が解ります。
arayashikikaisetu.jpg
図の右上、谷を挟んだ南の白い部分には同規模の台門貝塚が在りましたが、そちらは市道の坂に合わせたように削平されて民家が建ち並び、坂を下った裾部に僅かな名残を留めるのみとなってます。

貝層北西部を越えて、現状直径140m位の広大な馬蹄形の貝塚中央部です。ちょうど草刈りされた直後で貝層の地形も見易くなってました。
arayashikicenter.jpg
ただ刈った草と一緒に土に還ればと犬のフンがあちこちに放置されてるのは・・・。

貝層の外側南面に周ると貝塚らしい光景が。小さい貝は埋もれてるのかアサリやハマグリと思われる貝殻が多数見受けられます。
arayashikisside.jpg

土器片も落ちてます。武人さんにお持ち頂いて。
arayashikidoki.jpg

すぐ側に円墳と思われる塚があったのに二人とも見逃しました・・・(´・_・`)。

加曾利貝塚現地説明会(平成30年度)

昨日千葉市の加曾利貝塚で昨年に続く南貝塚住居跡の確認調査の発掘成果を市民に伝える現地説明会が催されました。

千葉モノレールを桜木駅で降りたら駅員さんが案内看板を設置してる最中でした。
kasori18annnai.jpg

午前十時開始予定でしたが受付見学者が早くも増えたため、10分前倒して開始。15人程度のグループ毎に移動することになりました。

南貝層断面観覧施設横の第一ポイントでは西野氏が加曾利貝塚全体の概要を説明されました。
kasori181point.jpg
後方の木々の向こうは北貝塚で、左端の男性の様にオレンジで目立つ格好をされてる方々がボランティアガイドさんです。

南貝塚中央の第二ポイントでは米倉氏から南貝塚の中での発掘域について説明を受けました。
kasori182point.jpg
お持ちのフリップは昭和39年の発掘時の写真で、北貝塚の鉄塔の上からの撮影したものの合成だそうです。

発掘エリアに入って第三ポイントでは井上氏より住居跡南西側の貯蔵穴や見えてる貝等の説明を最初に。
kasori183point.jpg

昨年も掘られてた昭和期発見の住居跡の第四ポイントでは長原氏より遺構の説明、遺物の発見場所の説明がありました。竪穴に堆積した土が斜めに層を成してるのに注目。
kasori184point.jpg
昨年も見事な耳飾りが左手より出ましたが、右手の別の位置より新たにもう一個見つかった他柱穴を埋めた上などに石剣が3本出土しました。

発掘域東側に移って第五ポイントでは松田氏から発掘域中央で確認された大型の竪穴式住居やトレンチからの出土状況について説明を受けましたが、時間が足りなく来年度に継続して調べるそうです。
kasori185point.jpg
松田氏の背後から右奥の井上氏まで続くのが昭和39年のⅣトレンチで、その中間で直交してるのがⅤトレンチです。

最後に博物館前のテントで今期出土品と昭和39年の出土品が展示され、それぞれ菅谷氏、武田氏が詳しく解説してくれたのですが、今年度は遺物画像公開禁止になってしまいました。
博物館オフィシャルサイトより市長が昭和39年の出土品を見学する様子

遺物を見終わった後はボランティアさんたちが逐次見学者を捕まえて小グループを引率して博物館内で解説を。昨年は貝塚全域を現説で分けたグループのままオリエンテーリングしましたが、加曾利E式土器の企画展示もあったので館内でちょっとカオスになって見学者を怒らせる場面も。
kasori18kikakuten.jpg
まぁ、ボランティアの皆さん話したい事がいっぱい有るので、イベントでない日にゆっくりご一緒した方がもっと良く理解もできると思います。

泉崎村新田東山古墳

新田東山古墳は泉崎横穴墓の南南西1.2km、泉崎第二小学校の西に在る西向きの全長約28m、高さ約2.5mの帆立貝形前方後円墳です。

マンスフィールド記念館を目指して坂を上って行き、更にそこを通過して右に折れると標識も何も有りませんが左手の階段上が古墳です。見えてくるのは後円部で前方部は奥に隠れてます。
shindenhigasiyama1.jpg

解説板は周溝の脇に設置されてます。平成元年の宅地開発中に発見されました。元々この古墳のある丘陵上には古墳群があると思われてたそうですので、北や西の未開発エリアにも未知の古墳が在るかもしれません。
shindenhigasiyamakaisetu.jpg

北より全景。左が後円部で、右が小さく張り出してる前方部になります。
shindenhigasiyama2.jpg

周溝が明瞭に残ってて、発掘後30年経っても埋まったり削られたりせず綺麗に保たれてます。この古墳からは埴輪は出てませんが周溝内より須恵器が発見されており5世紀後半の築造と推定されてます。
shindenhigasiyama3.jpg

前方部より後円部を見上げてます。調査はされたものの主体部は発見出来ていません。
shindenhigasiyamaftor.jpg

振り返って後円部より前方部を見下ろしてます。ほぼ無名の古墳なのに本当に良く形が残ってます。
shindenhigasiyamartof.jpg


南側より。たまの草刈り以外では訪れる人はあまりいないようですが、右手周溝内に排水溝が設けられてて水が溜まったところに土や枯れ葉が堆積して周溝が埋まり難い様になってるんですね。
shindenhigasiyamaminami

千葉市大覚寺山古墳

中央区生実町、千葉市埋蔵文化財調査センターの西約100mの台地端に、昭和44年宅地開発のための樹木伐採で初めて見つかった大覚寺山古墳が在ります。県指定史跡ですが未調査で主体部などは不明です。

千葉市埋蔵文化財調査センター入口から谷津に下りて進むと、そこからは入れないものの大きな後円部が見えてきます。
東より_convert_20181122202955

そのまま柵沿いに西側へ周ると解説板が設置されてます。その形状から4世紀後半の築造と推定されてます。
説明板_convert_20181122202740

そこから北側の生浜公園から入口まで昇って行くのが一番行き易いと思います。入り口側から見た墳丘です。北向きの前方後円墳で全長63m、高さ5.5mを測ります。右手前が前方部、左奥が後円部です。
北東より_convert_20181122202818

前方部より後円部を見てます。墳丘には葺石も埴輪も無く、段築もされてなくて公園の丘のようです。
前方部より後円部_convert_20181122202756

後円部で振り返って前方部です。後方及び周辺には250基を超す古墳群が在りましたが、そのほとんどは削平されてしまいました・゚・(つД`)・゚・。特にすぐ西隣にあった七廻塚古墳は直径54mの大型の円墳で多数の出土品が有り、公開されてます。
後円部より前方部_convert_20181122202703

実測図で見ると南西の台地先端部になってる場所に陪塚らしき円が描かれてます。
実測図_convert_20181122202722

その円墳状のマウンドです。未調査のため古墳であるかどうかも不明です。現在は塞がれてますが、古墳と判明する前はここに登り口があって墳丘上を通って入口側へ抜ける獣道になってました。
daikakujiyamabaichou.jpg

須賀川市市野関稲荷神社古墳

須賀川市街地の南東、JR川東駅の南西約500mの線路が大きくカーブする場所に稲荷神社が建てられてて、社殿の背後に前方後円墳の市野関稲荷神社古墳が在ります。

社殿から西へ回り込むと祠が並び、綺麗に管理されている墳丘が見えてきます。
ichinosekiinarijinja1.jpg

そのまま墳丘も越して北西の踏切より。見た感じでは右手前が後円部に見えるのですが、この古墳は後円部より前方部の方が約1m高いという事なので、右手前が前方部(高さ約3.5m)、左奥が後円部(同約2.7m)の南西向きで全長35mの規模という事になります。
ichinosekiinarijinja3.jpg

北東より。左手前が後円部のハズ・・・なのですがベテランサイトの多くは逆とされてます。
ichinosekiinarijinja2.jpg

前方部より後円部を見下ろしてます。墳丘上には祠が並びます。
ichinosekiinarijinjartof.jpg

墳丘最高所にも祠が並んでます。ピンボケだったので掲載しませんが、後円部墳頂の方はコンクリートの枠で護られており且つ神社とは別に鳥居もあって、神社の次に大事にされているようです。
ichinosekiinarijinjartop.jpg

後円部より前方部を見上げてます。
ichinosekiinarijinjaftor.jpg


くびれ部南の稲荷神社です。全国に稲荷神社と名に付く古墳が多いため市野関稲荷神社古墳と呼ばれます。
ichinosekiinarijinja.jpg

横浜市稲荷前古墳群

横浜市市が尾駅の北西約1.2kmの台地上には高塚古墳10基、横穴墓9基からなる稲荷前古墳群が在り「古墳の博物館」とも呼ばれてました。宅地造成のためその殆どは台地ごと削られ、僅かに南端の3基のみ、県指定史跡として保存されてます。

横浜上麻生道路沿いに駐車場が有り、解説板が設置されてます。
inarimaekaisetu.jpg
かなり見難いですが、古墳の反対側のものよりも全然マシです。

昔の分布図のアップです。今見られるのは図最下方の3基だけです。1号、6号、16号墳の3基がこのエリアの首長墓と見られてます。
inarimaebunpuzu.jpg
抜けてる番号が気になります。

駐車場から上がって一番北側の15号墳です。一辺約12mの方墳で墳丘の殆どは無くなってましたが、北東部が欠けた状態ながら土を盛って復旧されてます。
inarimae15s.jpg
背後の宅地の屋根が眼下で、台地が大掛かりに削られた事が解ります。

16号墳を北より。北西向きの市内でも珍しい前方後方墳で、全長約38mを測ります。右手前が前方部で、左奥が後方部です。
inarimae16ne.jpg

16号墳を東側、後方部脇より見てます。
inarimae16se.jpg

前方部より後方部です。
inarimae16ftor.jpg

後方部より前方部です。大変珍しい方墳二つをブリッジで繋いだ形の墳丘ですが、盛り直した部分が弱いのか崩れて解り難くなってます。
inarimae16rtof.jpg

群中最南端の17号墳を東より。方墳である事が確認出来たのに規模が不明のままとなってます。
inarimae17se.jpg

平成9年設置の解説板がどこにも見つけられませんでした。
今年の秋は強風で各地に被害も出てて、近くの交差点に捻じ曲げられたままの看板も見られましたが…?
プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR