FC2ブログ

東松山市若宮八幡古墳

関越道東松山インターの西およそ1.3km、若宮八幡神社は円墳の上に建ってて、横に石室が開口していて見学できます。

東側参道より見てます。直径34m、高さ4.5mの円墳です。構造や出土品から6世紀後半の築造と推定されてます。
wakamiyahachimane.jpg

上の画像左手にこの標柱が立ってて、こちらから石室前へ抜けられます。
wakamiyahachimanhyochu.jpg

標柱の奥に写ってた解説板です。この横に石室内のライトを照らすボタンが設置されてるのですが、壊れてるのか無作動でした。
CIMG3085s.jpg

石室は南東向きに開口してます。江戸時代にはこの状態で開口してたようで、出土品は須恵器片や鉄器などが前室から少し見つかっただけです。。
wakamiyahachimanse.jpg
周溝は全周で確認はされてませんが、人物埴輪片、、器材埴輪片、円筒埴輪片などが出土してます。

羨道に格子戸が設置され中には入れません。ボタンが生きてる時はフラッシュ無しでも石室を撮影出来るようです。
wakamiyahachimankaikoubu.jpg

石室内は前室の持ち送りと床の礫、玄室が胴張り型に膨らんでいるのが伺える奥壁側のみ見学できます。
wakamiyahachimansekisitu.jpg
砂質凝灰岩の切石組みで、奥行きは8.8m、室内高約3mを測ります。

墳頂の八幡様です。拝殿は墳頂からせり出る程に広くて、階段の上にもスペースが余り有りません。
wakamiyahachimantop.jpg
スポンサーサイト



千葉市七天王塚

JR本千葉駅東方、千葉大学医学部構内を中心に7基の塚が在ります。分布域は猪鼻城内であり塚頂には牛頭(ごず)天王が祀られてて、千葉氏の墓だとか平将門の七人の影武者の墓だとかなどと伝わってますが、2002年に群中央での医薬系総合研究棟新築工事の際に前方後円墳1基と、周溝の一部とみられる溝が数カ所見つかった事から、これらの塚が古墳、もしくは見つかった古墳の陪塚転用の可能性も高まりました。猪鼻城跡と共に市指定文化財となってます。

まずは現存する塚群と周辺で発見された埋没古墳の分布状況です。塚群を緑で塗りましたが、よく言われる「北斗七星の並びで築かれた」というのはちょっと(かなり?)無理があると思います。
sichitennoudukakofunmap.jpg
猪鼻1号墳は石室も確認され、調査後北西の6号塚の南に移されました(黄色表記)。南側の2号墳は墳丘北側周溝が発掘されてるのみです。点線部分は推定して加筆しました。猪鼻1号墳は後円部南東より石室が発見されてます。また2号墳の後円部北側には木棺直葬墓が見つかり鉄鏃などが出土してます。

医薬系総合研究棟南側の道路向かいの1号塚を北東より見てます。
sichitennouduka1ne.jpg

南東より。
sichitennouduka1se.jpg

北側の大きな祠とは別に西側塚頂にも石祠が祀られてます。
sichitennouduka1top.jpg

1号塚横の解説板です。こちらは地図表記で。
sichitennouduka1kaisetus.jpg

1号塚南東約80mの2号塚を北西より見てます。
sichitennouduka2nw.jpg

南東より。
sichitennouduka2se.jpg

東側塚頂の石祠群です。
sichitennouduka2top.jpg

2号塚横の解説板です。こちらは航空写真が使われてます。
sichitennouduka2kaisetus.jpg

2号塚の東約40m、大学構内南東に在る3号塚を南西より見てます。
sichitennouduka3sw.jpg

北より見てます。ロープが張られてるのはちょうどこの時3号塚東側で発掘調査をしてたためです。
sichitennouduka3nw.jpg
最初ネットで別な場所?を紹介されてて見つからなかった移築石室の場所を調査員の方が教えて下さいました。ありがとうございます。

南側塚上の石祠です。
sichitennouduka3top.jpg

これは3号塚横のものですが大学構内の5基には共通の解説板が設置されてます。というより大学外の2基だけ更新されたのでしょう。
3kaisetu_convert_20190129111751.jpg

医薬系総合研究棟の東の駐車場で囲まれてる4号塚を南西より見てます。
sichitennouduka4sw.jpg

塚上の石祠群です
sichitennouduka4top.jpg

大学北側に在る5号塚を南西より見てます。北の眺望が良く、場所的に中世には物見台とされてたのではないでしょうか。
sichitennouduka5sw.jpg
この塚はすぐ側まで調査が入ってますが、周溝は確認されてません。

塚頂の石祠群です。構内ではここだけ周囲を補強され固められ、ちゃんと階段を上がってお参りする形になってます。
sichitennouduka5top.jpg

5号塚の南西約50mの6号塚を北より見てます。
sichitennouduka6n.jpg

南西より。
sichitennouduka6sw.jpg

構内ではここだけ立派な祠が(元々の石祠群の前に)鎮座してます。何故1号と6号だけ石祠にしなかったのかは不明です。
sichitennouduka6top.jpg

1号塚北西約70mの7号塚を北より見てます。たしか塚上の木を切ると祟りが・・・バッサリ切られてます。
sichitennouduka7n.jpg

北西側裾部の石祠群です。
sichitennouduka7hokora.jpg

猪鼻城跡で検出された古墳群について -都川流域の首長を探る- 加藤 大揮氏では最初の分布状況図の様に、1号墳のすぐ北側に円墳(仮称4号墳)、5号塚の南東に方墳の3号墳の2基を足した4基の埋没古墳であると提唱されてます。

6号塚の南に移設された猪鼻1号墳石室です。軟質砂岩を積んで造られてましたが、素材が軟らかくて風化が激しい上に、清掃の方や学生には伝わる事も無いため、人知れず日に日にどんどん竹箒で削られてる状況です。
sichitennoudukaichikusekisitu1.jpg
埋もれたという事は無いと思うので、既に下段以外の石材は失われてるものと思われます。

石室内からは人骨と金環などが出土し、周溝からは馬具や須恵器が出土しました。
sichitennoudukaichikusekisitu2.jpg

奥側により。発掘されたのは側壁下部と玄門下部なので手前が奥壁という訳ではありません。
sichitennoudukaichikusekisitu3.jpg
千葉市の遺跡を歩く会さんの千葉大学医学部構内遺跡にびっくりするくらい今と違う移設当時の貴重な画像が紹介されてます。

秦野市金目原古墳群

国立病院機構神奈川病院の北方およそ750mのエリアには5基の円墳から成る金目原古墳群が分布していました。後世に改変されたり、発掘調査の上取り壊され、今は円墳1基と残丘状の1基との2基しか確認できません。

ほぼ唯一の現存と言え、ウエブ上で紹介される時はこの4号墳の画像が使われてます。これは南東より見てます。
kanamebara4se.jpg

北東2号墳の前より遠望。
kanamebara4ne.jpg

近づいて南西より見てます。直径約7.5m、高さ約1.2mの規模ですが東西は耕作のため削られて、南北に細長くなってます。
kanamebara4sw.jpg
墳頂の石碑は何故か行った時にはシートで覆われてます。

西より。残ってる南北面には墳丘サイズに見合わない大きい石が多数見受けられます。
kanamebara4nw.jpg

4号墳の北東約70mに在る2号墳を東より見てます。
kanamebara2e.jpg
奥の畑からは1.7m幅の周溝を持つ直径12.6mの円墳である3号墳とその無袖式の石室が発掘され、中から直刀、耳環、玉類に鉄鏃が出土しました。

西より。中世に積石塚に改変されてるため、東西に長いL字状になってしまってます。
kanamebara2w.jpg
電柱の右奥には1号墳が在りました。住宅建設に伴う発掘調査で1.5m幅の周溝を持つ直径約16mの円墳に南西に開口する両袖式の横穴式石室が検出され、玉類、鉄鏃、須恵器片などが出土してます。2基の発掘状況は市のHPで詳しく紹介されてます。WEB再現 平成22年度桜土手古墳展示館特別展「発掘された秦野の古墳」1号墳に対する3号墳の位置だけ誤植?だと思われます。

西側の石が沢山露出してる部分です。
kanamebara2topa.jpg

東側の一番高くなってる部分です。他の墳丘に倣えば奥に立ってる石が奥壁で、手前に横穴式石室があったのでしょうか・・・、
kanamebara2topb.jpg

神栖市権現塚古墳ほか

神栖市サーキットの狼ミュージアムの北から県道260号線を東に進むと国道124号線と合流するちょっと手前の道路脇に権現塚古墳が在ります。

権現塚古墳を北西より見ていて、車の右が前方部、左奥が後円部になります。
kamisugongendukanw.jpg

北東より。全長約20m、高さ約2.5mの西向きの前方後円墳です。
kamisugongendukane.jpg

後円部を南東より。墳頂の権現様は南からお参りするようになってます。
kamisugongendukase.jpg

前方部を南西より。右奥に後円部が続いてます。発掘調査はされてないようで、墳形から6世紀前半の築造と推定されてます。
kamisugongendukasw.jpg

前方部の上より後円部を見てます。
kamisugongendukaftor.jpg

後円部権現様の横より前方部を見てます。
kamisugongendukartof.jpg

後円部東側に設置されてる解説板です。何故か古墳の高さを標高で表してます。
kamisugongendukakaisetu.jpg

形状・状況の解り易い1/25の模型が神栖市歴史民俗資料館に展示されてます。
kamisugongendukamodel.jpg

権現塚古墳北側には石塚古墳群が分布してましたが運動公園化され、1基のみが北西側敷地の端に残ってます。南西より。
kamisuisidukasw.jpg

北西より見てます。グラウンドと道路に挟まれた土塁上の土盛りに取り込まれており規模は判断しかねますが、現状直径約8m、高さ0.7mの円墳です。
kamisuisidukanw.jpg

神栖市内の古墳は上記2基を除いてほぼ開発の為削平されてしまいましたが、一応墳丘を削られながらも残存とされている墳丘が1基だけ在ります。それが上の2基の西北西約3.5kmの供養塚古墳です。
kuyoudukasw.jpg
これはポイントされてる場所の曲がり角に残る高まりを南西より見たところで、竹垣の外側は削られて路地になってます。

北東より。横の路地は車も通れない狭い道で、お話しできた近所の方もご存じなかったくらい通らない場所なので、もしかしたら位置はこことはズレていて完全に削平されてる可能性も有ります。
kuyoudukane.jpg
これをカウントしても市内にたった3基の現存古墳と言うのは寂しい限りなのですが・・・。

境町八龍神塚古墳

関宿城博物館の南東約3.5kmの利根川左岸の畑中に石室が開口してる古墳が在ります。

南西より見てます。現状は南北18m、東西12m、高さ約2.5mの楕円形の墳丘になってます。
hachiryuujindukaw.jpg

南東より。元は直径25m、高さ4mの円墳で発見時には山林だったそうですが、奥の住宅の先はすぐ利根川の堤防です。
hachiryuujindukase.jpg

羨道は破壊されていて新たに弧を描く様な通路が造られてます。
hachiryuujindukas.jpg

墳丘が大分小さくなってしまった為むき出しになってしまった玄門上部や天井の石はコンクリで補強されてます。
hachiryuujindukakaikoubu.jpg

両袖式の玄室内部です。奥行き2.65m、幅2.3m、高さ2.4mの広さです。
hachiryuujindukasekisitu.jpg
「持ち送り」という上に行くほど狭まる様に石を積みむやり方で隙間なく砂岩切石が積まれてます。

解説板です。単鳳環頭大刀のほか武具や金環などの装飾金具が出土して古墳時代後期の6世紀末以降の築造と推定されてます。
hachiryuujindukakaisetu.jpg
付近から発見された石棺からは馬具や鉄鏃が発見されてます。

朝霞市根岸古墳群

根岸古墳群は朝霞駅の北東およそ1.5kmの周辺の台地上に分布してる古墳群ですが、柊塚古墳を除いて全て削平されてしまいました。特に南側の前方後円墳だった男塚・女塚古墳はつい最近まで墳丘が残ってたようなので残念です。

柊塚古墳を北西より見てます。右が前方部で、左奥が後円部になります。全長72m、高さ7mの西向きの帆立貝形前方後円墳です。埼玉県南最後の前方後円墳の墳丘として県指定史跡になってます。
negisihiiragidukanw.jpg
こちら側からだと保存状態が良好に見えますが、くびれ部付近から前方部にかけて南側は大きく削られてます。

約15m幅の周溝跡はそのまま芝生で表されてます。
negisihiiragidukashuko.jpg
周溝内からは円筒埴輪片に人物埴輪や馬形埴輪といった形象埴輪片が出土してます。6世紀前半の築造と推定されてます。

粘土槨、木炭槨の二ヶ所の主体部が見つかり家形埴輪の出土した後円部墳頂へ続く階段が設けられますが、保護のため立ち入り禁止になってます。
negisihiiragidukase.jpg

公園となってる西側入口に家形埴輪を模したトイレがあって、その隣に史跡案内ブロックがあり、頂部には1/100の復元模型が。
negisihiiragidukamodel.jpg

その下に日本語と点字で解説が書かれてます。
negisihiiragidukakaisetu.jpg

南西約100mの朝霞市立第二小学校の校門の横には一夜塚古墳址碑が建ってます。直径36m、高さ6mの円墳でしたが、校庭拡張のために削平されて副葬品が多く出土してます。
negisiichiyadukaato.jpg
碑の隣に設置されてるのは「勉学のすすめ」で、内容は「自分達はここにあった古墳に葬られた偉い人の子孫であろうから恥じぬよう勉強しましょう」だそうです。

下総藤心陣屋

柏市の南、逆井駅の東北東500mの畑には本多家の藤心陣屋が在りました。

元々代官所を建てて陣屋とした程度なので跡地は堀も土塁も無く一面の耕作地になっており、石柱と解説板が建つのみです。
fujigokorojinya.jpg

解説板のアップです。下総相馬郡の飛び地として本多氏が支配し、上州沼田や駿州田中に転封後も変わらず明治維新まで本多家の領地でした。
fujigokorojinyakaisetu.jpg

陣屋は東の大津川と、西側の支流とに挟まれる微高地に築かれましたが、支流側へ下がる段差部分の陣屋西面辺りだけ綺麗に整備され土塁の様に見えてます。大津川の方は緩斜面で川まで続いてしまってます。
fujigokorojinyadorui.jpg
跡地は何も残ってませんが、門が2棟市内に移築され今でも残ってます。

表門は観音寺に移築され山門となってます。薬医門形式で、寺院風の屋根は移築時に改変されたのでしょうか?
fujigokorojinyaomotemonn.jpg

東より表面を見てます。以前は門だけ基壇の上に建って雰囲気があったのですがバリアフリー工事がされ、更に基礎をやや高くして通行の便が図られてました。
fujigokorojinyaomotemonne.jpg

西より裏面です。工事の際両側の塀が少しだけ延長されました。
fujigokorojinyaomotemonsw.jpg

本柱と潜り戸のアップです。下見板などは新しい部材に換えられてます。
CIMG2716_convert_20190124151258.jpg

苦抜門と呼ばれた中門も市内法林寺に移築されてます。墓地に出る脇門となってます。
fujigokorojinyakunukimone.jpg

北東より表面を見てます。四脚門と解説には書かれてますが門の種類は薬医門です。
fujigokorojinyakunukimonne.jpg

南西より裏面を見てます。近年まで他に長屋門が1棟残っていたそうです。
fujigokorojinyakunukimonsw.jpg

法林寺は門の解説板を設けてくれてます。
fujigokorojinyakunukimonkaisetu.jpg

港区芝丸山古墳

港区芝公園内、東照宮とザ・プリンス・パークタワー東京の間にこんもりとした小山の上に100m級の前方後円墳である丸山古墳が在ります。
shibamaruyamae.jpg
南東より見てて、左が前方部で、右が後円部になります。

麓からは木々で墳形は見えず、狭い基壇まで登っても形が良く見える様に撮れないので、前方部に近づいてくびれ越しに後円部を見てます。
shibamaruyamase.jpg
全長約106m、高さ約8mの南南西向きの前方後円墳で、元の高さは不明です。

くびれ部に史跡碑と
shibamaruyamasekichu.jpg

区教育委員会による解説板が設置されてます。周りからは埴輪片や須恵器片が出土してます。
shibamaruyamakaisetu.jpg


くびれ部にはかつては後円部墳頂に在ったという円山随身稲荷大明神が鎮座してます。
shibamaruyamainaridaimyojin.jpg

増上寺によって大明神の説明板も設置されてます。
shibamaruyamainarisetumei.jpg

史跡碑横から前方部の上に登ると伏虎の像が在ります。下に文字が全然読めない初代自民党副総裁の句碑は何の縁かと思いきや増上寺の事を詠んだ句だそうです。
shibamaruyamatora.jpg

前方部より後円部を見てます。後円部墳頂は古くに削られてしまって高低差があまり無くなってしまってます。
shibamaruyamaftor.jpg

後円部へ進んで180度振り返って前方部を見てます。
shibamaruyamartof.jpg

後円部墳頂の様子です。中央の残念石みたいなのは古墳碑で、上部に「瓢形大古墳」と刻まれてます。
shibamaruyamartop.jpg
後円部削平のため調査でも主体部や副葬品の類は見つかりませんでした。

後円部北の端には伊能忠敬測地遺功表が再建されてます。初代は明治に測量の起点となった高輪の大木戸から何故かこの墳丘上に変更して建てられ、大戦末期の金属回収で撤去されてました。
shibamaruyamainoutadataka.jpg


美浦村大塚古墳群

霞ヶ浦に突き出てるような美浦村の湖岸を通る真っ直ぐな県道120号線、大塚古墳群はこの道路に沿って分布する10基からなる古墳群です。群東端には50mを超える墳丘が2基残り、一方は村指定史跡になってます。

120号線を村中心街から東へ走ると、程なくして左手に同居塚古墳が見えてきます。
doukyodukasw.jpg

南東より見てます。東西約70m、南北約35m、高さ約12mの楕円形の両端をやや絞ったような形をして、長軸は西北西⇔東南東を向いています。
doukyodukase.jpg

墳丘上は幾段にも連なる墓地になっています。中央部一番高い場所には大きな切り株が。
doukyodukatop.jpg

墳丘南側裾に対して湖側は2m位下がるため更に大きく見えます。
doukyodukaw.jpg

同居塚古墳から東へ進むとすぐ右手に黒坂命古墳(弁天塚古墳)が見えてきます。江戸時代までは墳頂に弁天様を祀っていたそうです。
北西より_convert_20190122232131
画像手前には周溝が検出されてますが、綺麗に埋め戻されてました。

南より見てます。。直径約52メートル、高さ約8メートルの円墳です。1847年に中腹に建ってた稲荷社を弁天様の場所に移そうとして箱式石棺が発見されました。
南よりwide_convert_20190122232021
中からは12振の刀や甲冑、鏡などが人骨と共に出土し、記録されてます。

南側登り口の解説板です。武人らしき副葬品から「常陸国風土記」にのみ出て来て、蝦夷討伐に派遣され美浦に葬られた黒坂命の墓ではないかと考えられました。
解説板_convert_20190122231633
残念ながら出土品は地主が変わる際に全て行方不明になってしまったそうです。

墳頂の様子です。木の右の五輪塔が黒坂命供養塔で、左が地図にも載っている厳島神社です。右端は古墳記碑です。見切れてますが左手には石棺発見のきっかけになった稲荷神社の石祠も並んでます。
墳頂_convert_20190122232040
地元の方に大事に手入れされていて、墳丘の周り同様とても綺麗にされてます。

古墳記碑をアップで。黒坂命について伝わる話中心に述べられてます。
古墳記石碑_convert_20190122231705

松戸市久保平賀古墳

国道6号線小金消防署前交差点の西およそ110m、藤花塚公園内に残されてる円墳です。

北西より見てます。Y字路に挟まれた三角地にマウンドと遊具、小広場の公園になってます。
北より_convert_20190122132157
直径16m、高さは北西側で約1.5mの円墳です。

裏側南東よりパノラマで。マウンド南側はやや高くなってて遊歩道が墳丘に沿っています。
南より_convert_20190122125747

北より見てます。付近で一番高い場所の北端に位置し、JR線に向かって標高が下がっていきます。
東より_convert_20190122125712

西面に墳頂へ上がれる隙間が有ります。その横は改変されて遊歩道が石段で続きます。
北西より_convert_20190122125813

墳頂は墳丘の直径の割には広い平坦面で石製のベンチで囲われてます。土師器片が出土したのみで史跡指定も無く、古墳とする明瞭な根拠に乏しいマウンド扱いに半格下げ?されてます。
墳頂_convert_20190122125829

石段の外側には標柱が設置され、
標柱A_convert_20190122125846

解説板を設置する代わりに側面に解説文が表示されてます。
標柱B_convert_20190122125904
プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR