FC2ブログ

伊勢崎市赤堀茶臼山古墳

大室公園の南駐車場から東隣の低丘陵を眺めると東北東にポコンと明らかに稜線とは異なる高まりが見えます。これが茶臼山古墳です。

地図だと近くまで道が整備され余裕で車でも近付けそうに書かれてますが、実際は舗装もされず、傍らに廃車が打ち捨てられてるような細い農道を上がって行くと色褪せた案内看板が墳丘の直前でやっとありました。
akaborichausuyamaannai.jpg

看板から東に入るとすぐ左手に墳丘が見えて来ます。独立低丘陵の頂上に築かれており、墳丘の奥はそのまま急斜面になってます。
akaborichausuyamasw.jpg

そのまま突き当りまで進むとサイクリングガイドが立ってて、簡単な解説も入ってます。
akaborichausuyamasetumei.jpg
でも地図はアバウトで、そもそもルート上に設定されてません・・・。

南より見てて、草が刈られてる左が前方部で、樹木から右が後円部になります。
akaborichausuyamas.jpg
全長約62m、高さ約5mの西向きの帆立貝型前方後円墳です。

前方部より後円部を見てます。
akaborichausuyamaftor.jpg

後円部で180度振り返って前方部を見てます。畑の少し手前から高まってますが、平成になっての調査でそれまでの墳端より3m程規模が大きい事が判明しました。
akaborichausuyamartof.jpg

後円部の墳頂の様子です。木炭を砕いて敷き詰めた木炭槨が2基見つかり、銅鏡や短甲、武具、玉類などの副葬品が出土してます。
akaborichausuyamartop.jpg
でもこの古墳を有名にしたのは家形埴輪が8点、当時の豪族の屋敷を模すように並んで見つかった事です。

各所で葺石が見られます。葺石が輝いてた訳ではありませんが、この前に訪れてた大室公園の駐車場から墳丘がとても目立っていて、予定してませんでしたが来てしまいました。
akaborichausuyamafukiisi.jpg

裾部付近では細かい埴輪片が落ちてます。遺物などから5世紀中葉の築造と推定されて、市の指定史跡になってます。
akaborchausuyamahaniwa.jpg
スポンサーサイト



佐倉市鏑木諏訪尾余(かぶらぎすわびよ)1号墳 上代権現谷(かみだいごんげんや)1号墳

並木1号墳の南東およそ1km、老人ホームの建物と駐車場の間にに鏑木諏訪尾余1号墳は在ります。1号墳と呼ばれますが、現在の所2号墳は確認されてません。国道296号線沿いの印旛合同庁舎とガソリンスタンドの間から北に入るとすぐ右手の台地上ですが、現在は北へ回り込まないとアクセス出来ません。

南南西より見てます。墳頂には浅間神社が鎮座しています。信仰の対象として改変され、古墳には見えません。
kaburagisuwabiyoku1s.jpg
直径約16m、高さ約1.5mの円墳とされます。

西南西より見てます。浅間神社だけでなく出羽三山信仰の塚としても転用されてるのか新旧沢山の石碑が並びます。
kaburagisuwabiyoku1se.jpg

北側は墳丘らしさが残るものの直線状に改変されて、まるで方墳です。
kaburagisuwabiyoku1n.jpg

鏑木諏訪尾余1号墳の東南東およそ1.8kmに上代権現谷1号墳は在ります。こちらも特に別の墳丘は確認されてません。佐倉消防署前から国道296号線を150m程東へ進んだところで南へ外れ、坂を上がって突き当りを左に進むと墳丘前に出ます。

北より見てます。墳頂の熊野神社は道路と反対側を向いていて、出羽三山信仰の石碑だけがこちらを向いてます。
kamidaigongenya1n.jpg
直径約10m、高さ約3mの円墳とされます。

東側は小公園になっており、こちらから見ると保存状態が良く見えますが・・・
kamidaigongenya1e.jpg


参道西側、墳丘南西面は崩れかけてます。
kamidaigongenya1s.jpg
ここも発掘調査等はされてないと思われますが、近隣の消滅したマウンドは全て平安時代の墳墓や近世の塚とされてるので、何か遺物が伝わるなどするのかもしれません。

太田市八幡山古墳

東武伊勢崎線太田駅の北西およそ1.2km、金山南西の標高78.5mの独立丘陵の頂上に築かれてる前方後円墳です。

西側の麓より見上げてます。夕陽が差し込んで左手の後円部が良く見えました。
otahachimanyamaw.jpg

市立西中学校前の交差点に案内看板が出てます。
otahachimanyamaannai.jpg

40m弱入った参道脇に史跡碑が設置されてて、ここから急な石段を前方部端まで上がります。
otahachimanyamasisekihi.jpg

段も揃わぬ登り辛い階段を上がるとここが前方部先端で、そのまま前方部上に石段が続いてます。
otahachimanyamaf.jpg

東側に回り込んで横から見てます。全長約80m、高さ約5mの規模で南南西を向いてて、右が後円部、左が前方部です。
otahachimanyamase.jpg

前方部より後円部を見てます。後円部墳頂に八幡宮を祀ってます。
otahachimanyamaftor.jpg

後円部で180度振り返って前方部を見てます。
otahachimanyamartof.jpg

社殿の踏石になってる緑泥片岩は社殿の下に在ったと推定される箱式石棺の石材と考えられてます。
otahachimanyamasekizai.jpg

社殿裏から下りて後円部を北より見てます。前方後円墳集成ではくびれも無いもっと低い地点までを墳丘としてる様です。
otahachimanyamar.jpg

葺石として珍しく川原石ではなく溶結凝灰岩を使用しており墳丘各所で見られますが、砕けた古いコンクリートの破片に似ていて葺石らしく見えません。
otahachimanyamafukiisi.jpg

西側くびれ部から北西に続く裏参道の途中より見てます。高さ約10mにすると写ってる全てが墳丘になりますが、左上後円部の段差、テラス状になってる高さから上を墳丘と見る方がしっくりとします。
otahachimanyaman.jpg

前方部上南西隅に設置されてる解説板です。
otahachimanyamakaisetu.jpg

陸奥棚倉城(後編)

南門址から内堀沿いに東へ進み大欅の場所へ戻ります。

本丸の南側には追手門側と行き来する出枡形(追手枡形)になっていて、南東に張り出してます。
tanagurajouchiboris.jpg
往時は出枡形の手前の隅に平櫓が建ってました。

大欅の囲いの横から土橋を渡って追手枡形に入ります。
tanagurajohonmaruhigasisidobasi.jpg

橋の上からは本丸東側の内堀が良く見えます。朝早かったので噴水が稼働してません。
tanagurajouchiborie.jpg

堀を渡ると右手に史跡碑が建ってます。かつて堀の中に大きい亀が住んでて、浮いて姿を現すと城主が転封されたと伝わり亀ヶ城とも呼ばれます。
tanagurajosisekihi.jpg
幕末までに丹羽家→内藤家→太田家→松平家→小笠原家→井上家→松平家→阿部家と藩主が変わってます。

左手は平櫓跡です。パンフレットでは石碑との間に南門と同様の門(一の門)が建ってたとされてますが、追手門と同じく実際は高麗門だったでしょう。
tanagurajohirayaguraato.jpg

進入路は右に曲げられて、左右の土塁の間には最後の守りとなる二重の櫓門(二の門)が建ってました。
tanagurajoyaguramonato.jpg

櫓門跡に解説板が設置されてます。
tanagurajokaisetu.jpg

その横には小さく城下絵図が紹介され、板垣退助に落とされた戊辰戦争について書かれてます。
tanagurajoukaezu.jpg
ここには書かれてませんが、城側自ら火を放ったとも謂われます。

現在の本丸跡です。東日本大震災までは中央に公民館や図書館が建ち、中に復元模型が置かれてました。
tanagurajohonmaru.jpg
車の通り抜けは出来ませんが、地元の方は今でも中まで車で来てるみたいです。

上の画像左手の階段を上がって本丸南面の土塁の上です。発掘調査され内外に多聞櫓の礎石列が見つかりました。
tanagurajohonmarudoruis.jpg
多聞櫓はそのまま櫓門の二階と繋がっていた可能性が有ります。

本丸南西隅櫓跡です。椅子やテーブル、石柱を残して発掘され礎石が検出されてます。
tanagurajohonmaruswyaguraato.jpg
左の石は発掘された隅櫓か多聞櫓の石だと思われます。

本丸西面の土塁の上です。横矢が掛からず100m以上真っ直ぐなので北西隅櫓跡まで見えてます。
tanagurajohonmarudoruiw.jpg

その北西隅櫓跡には東屋が建てられてます。外から見た様にここはちょっと奥まっていて北二門の防御には適しません。
tanagurajohonmarunwyaguraato.jpg

昨日の記事で土橋の外から眺めた北二門跡です。手前に一の門が建ち、正面の土塁にぶつかって左に折れて櫓門を潜ると本丸なのですが、北西隅櫓跡から土塁の外側を下りてくる通路が右側に出来て、三差路状に見えてます。
tanagurajokitaninomon.jpg

土塁上に戻り進入路を上から見てます。右手電柱の先に本来は土塁が続いてて、向かいの階段の間に櫓門が建ってました。
tanagurajokitaniyagoramonato.jpg
こちら側は本丸を囲う土塁の内側で護る内枡形となってます。

本丸北東隅櫓跡です。本丸の隅櫓は4基とも二重櫓で高さが6.3mでした。
tanagurajohonmaruneyaguraato.jpg

本丸東側土塁の途中、追手枡形よりやや北に離れて内堀に突き出た南東隅櫓跡です。
tanagurajohonmaruseyaguraato.jpg
土塁上を真っ直ぐ進むと史跡碑の横に下りられて、大欅側に戻れます。

見学を終える頃には噴水が稼働していました。
tanagurajofunsui.jpg
花の季節、紅葉の季節には大変多くの人で賑わうそうで、史跡にもなってない城跡とは思えないほど駐車場があちこちに整備されてます。

陸奥棚倉城(前編)

棚倉城は関東の北側の防御の一つとして、江戸幕府が豊臣滅亡後10年経ってから丹羽氏に築かせた城です。

県道176号線から案内看板で城跡公園に入る現在の道の北およそ20mの空き地は旧大手道で、正面のトラックの手前に高麗門と推定される追手門が建ってました。
tanagurajootemonato.jpg

旧二の丸内に回り込んで、追手門が建ってた場所を南より見てます。発掘調査で門の礎石が見つかり、保護のため土盛りされてます。
tanagurajootekouraimonato.jpg
この土盛りが二の丸の東端になり、県道との間が外堀になってました。

中央に設置されてる解説板です。
tanagurajootemonkaisetu.jpg

すぐ城内側には棚倉藩主だった阿部家の正備が所有していた茶室が移築されてます。
tanagurajochasitu.jpg

茶室の解説板です。
tanagurajochasitukaisetu.jpg

その本丸側の道路が左右に分かれる場所には築城前にここに鎮座していた近津明神に生えてた大欅が聳え、樹齢600年以上と言われます。
tanagurajookeyaki.jpg

大欅の解説板です。
tanagurajookeyakikaisetu.jpg
この近津明神が移った現在の都都古和氣(つつこわけ)神社の裏には円墳が在るとの事で近津駅南西の都都古和氣神社へ捜しに行ったのですが、移転先は城の北西の別な同名神社でした(T_T)。

大欅から本丸に入らず内堀に沿って北へ周ると、本丸の北東側の同様の三差路に着きます。ここが北門址になります。
tanagurajokitamonato.jpg
横長の休憩所の向きでもう少し手前に門が建ち、潜って右へ曲がって本丸を目指すルートでした。

右手に進むと北二門へと向かう土橋に着きます。本丸の北側の入口です。
tanagurajohonmarukitadobasi.jpg
ここでも入らず右手、西側へ進みます。

本丸・内堀の北西隅です。戊辰戦争で殆どの建物を失いましたが、内堀と本丸の土塁は良く残されてます。
tanagurajouchiborinw.jpg
土塁の中ほどの段が外側と同じ高さで、一周散策できる歩道になってます。そこから下を掘って内側に高く盛って築かれてます。

内堀の60m程東は久慈川河川敷となる段丘端になっており、城内で唯一石垣が築かれてます。長さは150m以上有ります。
tanagurajoninomaruisigaki.jpg
石垣の上は全て私有地で、下は中学校校庭となってる為学校越しに望遠で西から望んでいます。

上の画像右端のガードレール脇、石垣が切れる本丸南西側は埋門址です。現在は何も痕跡が無い様ですが、下は堀の水を久慈川へ逃がす水路になってます。
tanagurajouzumimonato.jpg

埋門からボウリング場へ向かう途中の蛇行路は南門址です。
tanagurajominamimonato.jpg

ここに建ってた門が城跡公園の北およそ1kmに在る長久寺の山門として、改造されてますが保存されてます。
tanagurajoichikuminamimon.jpg

門の解説板です。廃城時の移築ではなく、開山時に寄進された築城時の建築と考えられ、棚倉城唯一の現存建築ですが、城址ともども何ら史跡・文化財の指定を受けてません・・・。
tanagurajoichikuminamimonkaisetu.jpg

続きます。

石岡市和尚塚古墳 西町古墳

柿岡の中心部から県道64号線を北に向かってすぐ右手、カスミ八郷店の裏手に和尚塚古墳が在ります。

参道側南より見てます。未調査の神社下古墳ですが、近隣の古墳の中では最も保存状況が良く見えます。
kakiokaoshoudukas.jpg

西より見てます。直径約10m、高さ約1.8mの円墳です。
kakiokaoshoudukaw.jpg

墳頂の稲荷神社の祠です。地図には載りませんが、後方の北町公民館は載ってます。
kakiokaoshoudukatop.jpg

祠の背後にはこんな板石が見られますが、これは壊れた小さい石碑の様に見えます。
kakiokaoshoudukaisi.jpg

和尚塚古墳の南西およそ750mに在る西町古墳を南東より見てます。左側は道路が丸く避けてますが墳形・規模は不明とされてます。
kakiokanisimachose.jpg
横室古墳にかけての市街地となった東側周辺にもかつては古墳が在って群を成していたそうですが、詳しい調査も無く消滅したようです。

南西より見てます。直径約20m、高さ約1.5mの規模の円墳に見えますが、北と東は信用組合と民家で削られてる様です。
kakiokanisimachosw.jpg
人物埴輪や家形、靫形などの形象埴輪が出土し、6世紀中頃の築造と推定されてます。

珍しい鹿形埴輪が出土した事で有名で、県の教育委員会のHPでも紹介されてます(住所は埴輪を展示してる中央公民館のもので、和尚塚古墳のすぐ東です)。

太田市鶴山古墳

鳥山亀山古墳のほぼ真西およそ370mに鶴山古墳が在ります。対の様な名前ですが古墳群としては扱われない様です。終戦後早い時期に発掘調査が行われ多くの遺物が出土し県の指定史跡になってます。

西側蛇川の堤防の上より見ていて、後円部の右奥に前方部が続いてます。解説板の奥、白い屋根の向こうは亀山古墳です。
ootaturuyamaw.jpg
墳長102m、高さ約8mの東南東向きの前方後円墳です。

北西より見てます。周溝が有り、手前の農地の境が周溝外縁で、航空写真で見ると丸くなって残ってるのが見て取れます。
ootaturuyamanw.jpg

くびれ部の前方部寄りを農道が南北に通っていてアクセスできます。前方部より後円部を見てます。
ootaturuyamaftor.jpg

後円部で180度振り返って前方部を見てます。横切る農道と前方部を境に南北でなだらかに耕作されてるのとで、高まりは残るものの墳丘らしく見えません。
ootaturuyamartof.jpg
元々は右奥の青い屋根の平屋が前方部の南側隅でした。

後円部墳頂の様子です。この下にL2.8m×W0.85m×D0.6mの竪穴式石室が見つかり、兜、甲冑、刀類、鉄製農具、石製模造品などの副葬品が出土しました。
ootaturuyamartop.jpg
墳形・出土品などから5世紀後半の築造と推定されてます。

くびれ部に設置されてる解説板です。陽が良く当たるので退色が激しく、補修した部分が再度読み辛くなってしまってます。
ootaturuyamakaisetu.jpg

東から見ると前方部の北側半分の高さが残ってるので、それらしく見えます。前方部の手前、ネギ畑を横切る畦道の側まで墳丘でした。
ootaturuyamae.jpg

伊勢崎市蟹沼東古墳群

蟹沼東古墳群は地蔵山古墳群のすぐ西側に分布していた総数70基を越える6世紀中盤以降に築かれた古墳群です。赤城見台公園内に10基の円墳が残されてますが、破壊された墳丘とは逆に調査はされてません。

群馬県古墳総覧の分布図では西側の一部の墳丘しか合致せず、本来の号数は判らないので、お手軽分布図で便宜上AからJで仮称します。また歩測で大体の規模を書いたメモの20基分ぐらいを廻ってる際に落としてしまい、画像と記憶を頼りにアバウトに記してます。
bunpuzu.jpg
多目的広場の北側に、県道103号線より入れる駐車場が有ります。いせさき聖苑の駐車場は直接行き来出来ず、葬儀参列者専用です。

Bの墳丘の南西に設置されてる古墳広場の案内看板です。
kaninumahigasihiroba.jpg

公園内にある、いせさき聖苑と赤城見台公園の全体図です。
kaninumahigasishikichiannnaizu.jpg

Aの墳丘を南東より見てます。直径約15m、高さ約2mの規模です。
kaninumahigasiAse.jpg

Bの墳丘を南より見てます。直径約15m、高さ約2.5mの規模です。
kaninumahigasiBs.jpg

Cの墳丘を西より見てます。直径約10m、高さ約1.5mの規模です。
kaninumahigasiCw.jpg

Dの墳丘を南東より見てます。直径約10m、高さ約1.5mの規模です。
kaninumahigasiDse.jpg

Eの墳丘を北西より見てます。直径約10m、高さ約0.7mの規模です。
kaninumahigasiEnw.jpg

Fの墳丘を西より見てます。直径約8m、高さ約0.5mの規模で群中最も小さい墳丘です。
kaninumahigasiFw.jpg

Gの墳丘を北東より見てます。直径約15m、高さ約2mの規模です。
kaninumahigasiGne.jpg

Hの墳丘を南西より見てます。直径約12m、高さ約1.5mの規模です。
kaninumahigasiHsw.jpg

Iの墳丘を北東より見てます。直径約12m、高さ約2mの規模です。
kaninumahigasiIne.jpg

Jの墳丘を北西より見てます。直径約12m、高さ約1.5mの規模です。
kaninumahigasiJnw.jpg

いせさき聖苑の入口の東側にも清掃の方が教えて下さった円墳状のマウンドが在ります。広場内ではないので11基目でも何ら問題ないのですが詳細は不明です。規模は直径約12m、高さ約0.7mくらいでしょうか。
kaninumahigasifumeisw.jpg

Bの墳丘の北側に在るこの大きいマウンドは、現在は老朽化のため撤去された遊具兼風車が建ってた土台です。
kaninumahigasifu-shadai.jpg

太田市鳥山亀山古墳

東武桐生線治良門橋駅の南南東およそ1km、県道323号線沿いの菅原神社北側に背の高い墳丘が県道からも見えます。これが亀山古墳です。太田市の古墳パンフレットの分布図掲載で唯一記事も無い円墳だったので、通りがかりに寄ってみました。

菅原神社を参道側南より見てます。お堂で削られてコの字になった円墳と聞いてたので事前に良く調べてなかったのですが、背後に予想を上回る規模の墳丘がはみ出て見えてます。
toriyamakameyamas.jpg

北より見てます。パンフレットの分布図は誤りだそうで、前方部が北西向きに続いています。
toriyamakameyaman.jpg
墳長約58m、高さ約9mの北西向きの前方後円墳です。5世紀後半までに築かれたと推定されており、周囲には盾形の周溝が確認されてます。

前方部より後円部を見上げてます。このくらい前後の高低差の有る古い墳丘は他所にも在るので、違和感は感じませんでした。
toriyamakameyamaftor.jpg

急峻な墳丘中腹には崩れ落ちてない葺石が見られ、ケータイの倍も有る朝顔形円筒埴輪の口縁部が落ちてて線刻も良く見えます。
toriyamakameyamafukiisiandohaniwa.jpg

後円部で180度振り返って前方部を見下ろしてます。
toriyamakameyamartof.jpg
古墳マップさんでは前方部の損壊が激しいと有りますが、以前はもっと高さが有ったのでしょうか・・・?

後円部墳頂の様子です。平坦部になっていますが、こちらには並べられてた埴輪片などは見当たりませんでした。
toriyamakameyamartop.jpg

後円部南側は神社で大きく削られてます。特に土留めも墳頂の柵も無いので、境内で遊んでる小さい子供が来たらちょっと危ない気もします。
toriyamakameyamadanmen.jpg

常陸の玉作り 重要文化財武者塚古墳出土品同時公開

土浦市上高津貝塚ふるさと歴史の広場考古資料館による第22回企画展として12月8日まで開催中の「常陸の玉作り」へ、武者塚古墳石室公開のついでに遺物も見ておこうと行ってみました。武者塚古墳の遺物は重要文化財指定を受け、普段は公開されておらず、地元の方でも滅多に見られないそうです。

常設展示室側の入口から進むとまず正面に勾玉・切子玉・ガラス小玉が展示されてます。
mushadukatamarui.jpg

その背後の展示ケースには大刀などが並べられ、左側には装飾太刀二振。
mushadukasoshokutachi.jpg
手前が銀装圭頭大刀で前室左壁側から、奥は銅装三塁環頭大刀で前室右壁側端から出土しました。

右側のケースには鉄製の鍔付き大刀三振。これも右壁側に手前の二振、左壁側には奥の一振見つかりました。
mushadukatavhi.jpg

装飾太刀の後のケースには珍しい当時のひしゃくである鉄柄銅杓が展示されてます。6例しかない出土例で最も古いそうです。
mushadukahisyaku.jpg
銅製の本体に布が付着していた鉄製の柄が付いていました。

その隣には銀帯状金具が展示されてます。全体では長さ49.5cm、幅2.3cmと長いです。全面に透かし彫りが施されて、その模様が法隆寺に残る仏像や斑鳩宮推定地出土の瓦との共通性から聖徳太子一族との関連が検証されてます。
mushadukaobikanagu.jpg

出口近くには鉄鏃が42点の出土のうち半数の21点が展示されてます。錆で判りにくいですが片刃と両刃のモノがある比較的大型の鏃です。
mushadukatetuzoku.jpg

その横には埋葬された人物の毛髪が展示されてます。特に注目なのが中央の美豆良(みずら)と呼ばれ左右に分けた髪を耳の所で上下に束ねる男性の髪型が一部ですが残っていた事で、これは2号人骨の左側頭部のもので、
mushadukajinmou.jpg


プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR