FC2ブログ

石岡市宮下古墳(前編)

石岡市旧八郷町、下林五霊古墳群の西南西およそ800mの台地上に香取神社が鎮座します。
yasatomiyasitakatorijinja.jpg
社殿はまだ新しい様に見えますが、参拝する人が殆どいないのか境内は手入れが行き届いていない様に見えます。

その社殿の北側に在るのが宮下古墳です。神社境内北端に残る単独の古墳として遺跡登録されてる、現状直径約10m、高さ約2mのフライパンを裏返した様なマウンドです。
yasatomiyasitas.jpg

南西より見てます。墳丘と社殿の間には御神木と思われる杉が聳えてます。何ヶ所かに石祠が祀られていて足元とかにも板石が見られます。
yasatomiyasitaw.jpg
yasatomiyasitagosinboku.jpg
境内は土塁で囲まれ、他にも石碑等と思われるも大事にされてないで倒れてる板石などが有って、古墳由来かどうかも不明です。

拝殿の東側裏手に、以前の社殿で礎石に転用されていた石棺材が並べられてます。
yasatomiyasitasekizai.jpg
現在の社殿はコンクリートの基礎で建てられてます。

公式には古墳群とされてませんが、神社の南側には明らかな古墳や、怪しいマウンドがいくつも存在し古墳群を形成していた可能性が高いです。

鳥居を潜って参道を南に50mほど進むと石仏が祀られた小マウンドが参道西側脇に在ります。
yasatomiyasitaAse.jpg

南西より見てます。直径約2.5m、高さ1.2m程で、正直これ1基だけだと古墳の可能性を考えもしませんが・・・。
yasatomiyasitaAsw.jpg

そのすぐ西にほぼ同じ様な小マウンドが東向きで小石室を開口させたまま残されてます。
yasatomiyasitaBse.jpg

残ってるのは玄室の奥半分程と思われ、板石を組んだL約1.5m×W約1m×H1m強の室内に石仏が祀られてます。
yasatomiyasitaBsekisitu.jpg
主軸方向の先は筑波山山頂になります。

北西より見てます。現状直径約3m、高さ約2m程の規模ですが、石材の周りが残るだけで元の規模は数倍は有ったと思います。
yasatomiyasitaBsw.jpg

他にも古墳らしき場所が付近に見られたので続きます。
スポンサーサイト



横浜市冨塚古墳

JR戸塚駅西口から国道1号線ワンマン道路に出て南に進みおよそ800m、右に曲がる大きなカーブの戸塚町交差点の内側に冨塚(とみづか)神社が鎮座してます。
tomitukajinjakeidai.jpg

階段の上の社殿の裏山が冨塚古墳で、鳥居の横の由緒書きでも触れられてます。
tomitukajinjayuisho.jpg

階段上の拝殿です。左手に階段が見えますが、墳丘へは右手の山道を登って行きます。
tomitukajinja.jpg

墳丘北側は冨塚八幡緑地となってて社務所裏から登る遊歩道が設けられてます。その遊歩道より墳丘を北東側の真横から見てます。ちなみに境界の柵で遊歩道と神社境内や墳丘は隔てられ、下記の冨塚之碑などは見られません。
tomitukae.jpg
全長約32m、高さ約4mの南東向きの帆立貝形前方後円墳で、右が後円部で左が前方部です。

後円部を北西より見てます。右手西側は旧状が残りますが、遊歩道側の東側は直線状に削られてます。
tomitukan.jpg

拝殿横から登って行くと前方部の反対側、墳丘南側に辿り着き、ちょうどくびれ部の後円部側にこの冨塚之碑が在ります。
tomitukanohi.jpg
落書きをした不届き者がいたらしく、左側のラミネートには天罰が下る旨書かれてます。

小さい前方部より後円部を見てます。裏山の頂部になり、近隣の柏尾川左岸の丘陵上にもいくつかの古墳が群を成してたそうですがここだけ残して消滅してます。
tomitukaftor.jpg

後円部で180度振り返って前方部を見てます。横浜市教育委員会では前方部が長さだけでなく幅も小さい事から帆立貝形とも異なるとし、似た墳形として綱島古墳を挙げてます。
tomitukartof.jpg

後円部墳頂の様子です。富属彦命(とつぎひこのみこと)の墓陵との伝承からここが冨塚と呼ばれ、「戸塚」の地名の由来にもなったとされます。
tomitukartop.jpg
聖域となってるため測量調査のみ行われ遺物も見つかってませんが、墳形から5世紀後半の築造と推定されてます。

つくば市八坂神社古墳

つくば市北条の集落内を抜ける県道138号線は途中で二ヶ所でクランク状に曲がってますが、中台遺跡の西で旧北条小学校の南側の方は八坂神社を避けて曲がってます。その神社基壇が八坂神社古墳です。

南西より見てます。東は中台遺跡横で湧く水が流れ、残り三方は道路となってます。
yasakajinjasw.jpg

北西より見てます。現状直径約20m、高さ約3.5mの円墳です。
yasakajinjanw.jpg

正面より見た八坂神社です。関係は調べてませんが一ノ矢八坂神社の真北、6km弱の山麓に位置してます。
yasakajinjatop.jpg
ここも墳丘に比べて大きい社殿で、南面は石垣で固められて古墳には見えません。

社殿の西側に在る五輪塔です。造られた時期の判るものとしては県内で二番目に古い塔で、県指定工芸品になってます。
yasakajinjagorinto.jpg

五輪塔については解説板が設置されてます。
yasakajinjagorintokaisetu.jpg

その横の聖徳太子と彫られた石碑は、周囲に立てられてる石碑の中でも特に古墳の石材に見えてしまいます・・・。
yasakajinjasekizai.jpg

つくば市玉取一の矢古墳群

つくば市防災科学技術研究所の東に鎮座する一ノ矢八坂神社、西に延びる参道の両脇に1基づつ円墳が残ってます。

二の鳥居から西へ進むとすぐ左手に参道で少し削られてる1号墳が見えて来ます。
ichinoya1nw.jpg
墳丘北側を見てて手前が参道で右が一の鳥居、左が二の鳥居・社殿になります。墳丘横だけ柵が切られてます。

西より見てます。現状直径約10m、高さ約2mの規模です。こちら側は比較的旧状を残している様に見えます。
ichinoya1w.jpg

東より見てます。こちら側は境内社・岩大日社に利用され改変されてます。
ichinoya1se.jpg

墳頂には石棺材を利用して大日孁貴(おおひるめのむち)が祀られてます。
ichinoya1top.jpg

この立て札記載の別名も古墳転用社らしい名称です。
ichinoya1kanban.jpg

参道を60m程西へ進むと今度は右手奥にもっと大きい墳丘が見えて来ます。これが2号墳です。
ichinoya2s.jpg

北西より見てます。境内の為未調査ですが、直径約20m、高さ約4mの規模です。
ichinoyane.jpg

墳頂は狭い平坦面になってますが、左手に誰かが秘密の基地を造ってる途中の様でゴミや工具などが置いてあり、へたに掘ったりしなければなぁと思います。
ichinoya2top.jpg

石岡市長堀古墳群

佐自塚古墳の西およそ1km、小川(一級河川の名称です)を南に見下ろす台地上に分布する長堀古墳群の盟主墳たる2号墳が在ります。

南南西より見てます。全長46m、高さ3.5mの南東向きの前方後方墳です。
nagahori2sw.jpg
時勢柄詳細分布図を調べられませんでしたが右奥の1基、左手前の2基は見当たりませんでした。

反対側に周って北東より見てます。後方部は前方部に比べて大きいのですが、やや変形してるみたいで、角度によってはこの様に墳頂がくびれ部側に極端に寄って見えたり、くびれ部が二段に見えたりします。
nagahori2ne.jpg

前方部より後方部を見てます。前方部に比して規模が大きすぎてフレームに収まりません。
nagahori2ftor.jpg

後方部で180度振り返って前方部を見てます。墳形から前期古墳とはされるものの、発掘調査されてないため築造時期も諸説有って固まってません。
nagahori2rtof.jpg

石岡市に合併される前に設置されたままの解説板です。近隣の丸山古墳より先に築造されたとも、ここに書かれてる様にその後の佐自塚古墳を挟んでもっと後に築かれたとも推定されてます。
nagahori2kaisetu.jpg

2号墳から南東へ直線距離で400m程進むと左手に6号墳が見えて来ます。西から見てて、上方の藪の部分が墳丘です。
nagahori6w.jpg
肉眼では墳丘が良く見えてます。

すぐ横が南東へ下る坂になっていて、南側に設置されてるこの案内看板が目に入らないと気付けないかも?
nagahoriannai.jpg
実際自分は初訪問時はスルーしてしまいました・・・。

南西より見てます。直径約27m、高さ3mの円墳とされてますが、前方後円墳説も有る様です。
nagahori6sw.jpg

南面の階段を上がって墳頂の様子です。浮いてる石祠が見えるでしょうか?
nagahori6top.jpg

石祠は前後に木が育って参道から見え難くなってました。基礎を割って生えてくる生命力も凄いです。
nagahori6hokora.jpg
道路と反対側を見下ろしてみましたが、前方部らしき高まりは現状確認出来ませんでした。

川越市岸町横穴墓群

川越駅の南およそ1km、城南中学校南側を含めた台地南側斜面にはかつて100基以上の横穴墓が築かれたと推定されてます。一部は開発のために発掘されてますが全容には程遠いみたいです。

横穴墓群紹介でよく見られる西側の坂道から斜面を見てます。入っても何も無いのですが、奥のフェンス沿いに獣道が出来てます。
kishimachiA.jpg

斜面に入って奥を見てます。下の実測図を見ると、どうやら中央のマンションで発掘された手前の遺構は全て破壊されてる様です。
kishimachiB.jpg
更に奥の鉄塔の下、ウエルシアの裏手も発掘調査が行われて7世紀代の遺構が4基検出されて6体の人骨が発見されてます。

現地には何も表示等は無く、川越市立博物館内に解説が展示されてます。
kishimachikaisetu.jpg

遺物の一部は市立博物館に展示されてます。こちらは横瓶です。
kishimachioube.jpg

こちらは銙帯(かたい)というベルトの金具です。
kishimachikatai.jpg

土浦市田土辺稲荷古墳 田土辺明神古墳

旧筑波鉄道田土辺駅跡の西南西およそ400mの農道脇で、水田に囲まれ周りに遮るものも無く遠くからも目立つマウンドが田土辺稲荷古墳です。

北より見てます。未調査ですが、ちょうど墳丘が角になる様に畦道と農道が通されて残されてます。
tadobeinarin.jpg
右奥の土手は桜川です。

反対側に回って南より見てます。現状は直径約10m、高さ約3mの円墳です。
tadobeinaris.jpg

墳頂に南向きで祀られてる石祠です。
tadobeinaritop.jpg

田土辺稲荷古墳の南東およそ250mで県道200号線の横に鎮座する香取神社、その社殿の裏に残るのが田土辺明神古墳です。

北西側県道側道より見てます。墳丘と社殿の間には旧村内の様々な神社が遷され、それぞれの説明書きも整備されてます。
tadobemyojinnw.jpg
また墳丘西側には多くの石造物が集められてます。

北東より見てます。特に保存の為に何かされてる訳でもなく度重なる水害の影響もあってか現状は直径約8~10m、高さ約2m程の円墳です。
tadobemyojinne.jpg

参道を真っ直ぐ南に進んだ集落は中世の田土辺城址ですが遺構は見当たりません。更に桜川を渡って真南およそ1.8kmには上境どんどん塚古墳が在ります。(多分位置的関係は無いと思いますが・・・)

つくば市臼井古墳群(後編)

県道139号線の西側にも2基が残り、かつては前方後円墳1基、円墳1基、湮滅数基から成る諏訪山古墳群と区別されてました。

金堀塚から西へ進み県道139号線を北に100m進み、再度西へ折れると左手に小さなマウンドが見えて来ます。つくば市桜歴史民俗資料館の方がここも名称を確認して下さりました。有難う御座います。

これが赤塚で周囲の字名にもなってます。筑波町史の直径約7m、高さ約2mの円墳がこれだと思われます。
usuiakatukane.jpg
北東側にかけては草を刈って墳丘も少し削ってる様です。

北西より見てます。西から南にかけては笹藪のお陰であまり削られていない様に見えます。
usuiakatukanw.jpg
現在はこのマウンドを排除して円墳3基の臼井古墳群と纏められてます。

墳裾に置かれたスコップの下に怪しい石材らしきものが見えます。
usuiakatukasekizai.jpg

そのまま鳩舎の西へ移動するとすぐ南側に諏訪山古墳が見えて来ます。筑波町史で言う全長45m、高さ5mの前方後円墳がこれを指すと思われますが、現在は径約20mの後円部のみが残る様で、円墳とされても違和感はありません。
usuisuwayaman.jpg

東より見てます。前方後円墳なら手前に前方部が続いていた様に見えます。
usuisuwayamae.jpg

葺石が施されたと思われ、あちこちに露出してます。
usuisuwayamafukiisi.jpg

墳頂には石祠が祀られてます。その基壇の石積みですが、周囲の畑にもたくさん使われているので古墳由来かどうかは不明です。
usuisuwayamatop.jpg

ただ墓地で削られてる上段南面に露出してる石だけは門状に見えて主体部の可能性を疑わずにはいられません。
usuisuwayamaminamimimen.jpg
かつて南西側の水路近くにももう1基あったそうで、そちらが前方後円墳だったなら赤塚を古墳とせずに円墳3基現存とするのも納得なのですが、残念ながら現状痕跡は無く、古い航空写真でも高さまで測れるようなマウンドは見当たりません。

まさかここのデータの前方後円墳が金堀塚との混同は無いと思いますが・・・?

つくば市臼井古墳群(前編)

臼井古墳群は筑波山南山麓、西以外の3方を山で囲まれた耕作地帯に分布する古墳群で、現在4基残ります。ただ正式名称で古墳と呼ばれるものは1基のみの様で、他は確実な古墳も含め塚と呼ばれてるそうです。

六所大仏の前から西に向かって800m程進むと右手にニット帽の様な形状の小高いマウンドが見えて来ます。

群中最も東に在る大塚を南西より見てます。現状直径約10m、高さ約4.5mの円墳です。
usuiootukasw.jpg
コロナで図書館も閉まって名称がどうしても判らなかったのですが、休館中のつくば市桜歴史民俗資料館の方が教育委員会の方に問い合わせて聞いて下さいました。謹んでお礼申し上げます。

北西より見てます。墳丘を避けて農耕車を使ってるのが見て取れますが、高さからすると裾部は永年の耕作で大分削られてる様に見えます。
usuiootukanw.jpg

墳丘の横から南西方向を眺めると金堀塚の姿が見えます。
usuikanahorine.jpg

金堀塚へ移動して反対側南西より2基を見てます。現状東西約33m、南北最大15m、高さ約4mで食べかけのエクレアの様な形状ですが、公式には大きく削られた円墳とされてます。
usuikanahorisw.jpg
筑波町史では直径約12mの変形した円墳と書かれてますが古い地図でも現状と変わりは無い様で描かれ、もしかして大塚と情報が混同されてたのではないでしょうか?

南より見てます。長軸方向真横から見ていて、背後の筑波山とのマッチング素晴らしいです。
usuikanahoris.jpg
usuikanahorisb.jpg

墳頂西端より東を向いてます。奥側の墳丘東裾にクランクして水路が通されてますが、これは80年代以降の工事によるもので、同時に農地も改変されたため元の地形の痕跡も窺えません。
usuikanahoriwtoe.jpg
円墳だとすると南側は前庭が削れて拡がっていった様に見えますが北側の削れ方は???です。

今昔マップで見ると50年程前まではすぐ南西にも瓢箪形の地形が見え、2基の西向きの前方後円墳が並んでいる様に見えます。

墳頂東端で180度振り返って西を見てます。残丘上段中央がくびれていて、見た目は完全に前方後円(方)墳です。
usuikanahorietow.jpg
その最も細くなってる部分に石室が有ります。

南面中央部に横穴式石室が開口してます。中は玄室のみですが、恐らく羨道か前室が手前に続いていたと思われます。
usuikanahorisekisitu.jpg

玄室内部の様子です。幅は1mちょっと有りますが土砂の流入で大分埋まってるみたいで、側壁はヘギ石というか長目の板石を積んでます。
usuikanahorigensitu.jpg
直刀、金環や勾玉が出土してます。

続きます。

前橋市荒砥村147号墳

県道76号線を西大室の交差点から東へ進むとすぐ、左手に良く手入れのされた墳丘が見えて来ます。南東より見てます。
arato147se.jpg
撮影位置後方の県道から入って来る交差点にはかつて荒砥54号墳が在りましたが、現在は痕跡も残ってません。

北東より見てます。墳丘東側の道は大変細く、車で見つけてもすぐ傍に停められる場所が有りません・・・。
arato147ne.jpg
前二子古墳から見れば内堀M1号墳よりも全然近いのですが、公園内ではないからか大室古墳群には含まれてません。

南西より見てます。耕作のため裾部は角の取れた四角形っぽくなってますが、東西約25m、南北約22m、高さ約4の規模です。
arato147sw.jpg
個人の敷地内で保存されてるので未調査のままです。

墳頂には2基の石祠が並んで祀られています。
arato147top.jpg
奥の木立の中には大室古墳群の内堀M4号墳が在ります。
プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR