FC2ブログ

佐倉市土浮(つちうき)古墳群

山崎ひょうたん塚古墳の北北西およそ2.5km、印旛沼に張り出す台地上に分布する円墳10基から成る古墳群です。南北2群に分かれてますが、現存する南側のマウンドは発掘調査はされておらず、古墳か塚かの判断はされてません。

7号墳を北より見てます。元は直径7~8m、高さ約1.5mの規模と思われますが、市道と農道に挟まれて楕円形に削られてます。
tuchiuki7n.jpg

東より見てます。木の傍に石仏が祀られてます。画像右手、北方およそ300mの墓地周辺には1~6号墳が集中してましたが、箱式石棺が露出するという4号墳付近は訪問時建築工事の真っ最中で、他にもマウンド等は確認できませんでした。
tuchiuki7e.jpg
でももっと前に撮られたままのグーグルマップのストリートビューを見る限り工事前から遺構はもうなくなっていた様です。

三山塚となってたため西から見ると塚碑が並んでますが木の根が隆起したのかちょっと不揃いです。
tuchiuki7top.jpg

7号墳から農道に入り100m程進むと8号墳が在ります。北より見てます。
tuchiuki8n.jpg

西より見てます。直径約10m、高さ約1.5mの規模です。辛うじて手前側の斜面が見えますが墳丘上のちょっと開けてる所には不要物が集められてるみたいです・・・。
tuchiuki8w.jpg
避けてる農道が周溝の様に見えます。

更に50m程進むと以前の分布図で9号墳となってたマウンドを農道がやはり避けてます。北より見てます。
tuchiukiAn.jpg

藪が激しいですが、直径約6mの低いマウンドに木が生えてます。
tuchiukiAse.jpg

そこから更に50m程進むと、現在のちば情報マップで9号墳がポイントされてるすぐ東側のマウンドが在ります。
tuchiukiBe.jpg

南西より見てます。直径約6m、高さ約1mの規模で、遺跡分布図に載ってなかった訪問時は不要土を集めたのかとも思ったのですが・・・?
tuchiukiBsw.jpg
右奥に見える市民の森には10号墳が、右手南東隣の佐倉草ぶえの丘には飯野中尾余古墳が、現存するハズなのですが訪問時は整備作業・工事の為一般の人は立入禁止になってました・・・。
スポンサーサイト



ブルーインパルス飛来(はせず・・・)

今日の午後、医療従事者への感謝飛行としてブルーインパルスが都内で編隊飛行を行いました。

一応飛行予定ルートの近くで待ってたのですが、手前で旋回して距離が開いた上に、この画像の直後にスモークは止められちゃいました。
DSCF8747_convert_20200529160515.jpg

上に見えるもう1機は撮影機でしょうか?いつもより高いところを飛んでるので、音も鉄橋を渡る電車よりもおとなしめでした。
DSCF8750b_convert_20200529160824.jpg

中央右が昭和通り辺りを南下中の編隊とスモーク。その左上がスカイツリーを周って北向きに旋回した時のスモークの残りです。
DSCF8759L_convert_20200529160851.jpg
川べりに人の姿は少ないですが、堤防の上は大勢の見物人がずーっと続いていました。

袖ケ浦市墓山古墳群

墓山古墳群は雲塚台古墳群の北西およそ550m、のぞみ野サッカー場の隣ののぞみ野森林公園内に保存される円墳3基から成る古墳群です。

公園内北側、サッカー場のすぐ脇に在る1号墳を北より見てます。
hakayama1n.jpg
直径20m、高さ2.5mの規模です。

南東より見てます。右奥にサッカー場が見えてます。
hakayama1se.jpg
削平でなく、永年の表土流出で墳形は崩れかけてます。

墳頂の様子です。埋め戻された横穴式石室の石材(?)が露出してます。
hakayama1top.jpg
また圧縮してるこの画像でも見えます様に周囲には土器片も多数見られます。

軟質砂岩のブロックなので摩耗・亀裂が見られ、もし石室確認後埋め戻した土が流れて露出したのなら保存の為に対処して欲しいですね。
hakayama1sekizai.jpg
市には撮影場所不明で同様の古墳主体部発掘中の古写真が伝わりますが畑地の様なのでこれではないでしょう。

すぐ南に並ぶ2号墳を北西より見てます。直径30m、高さ2.5mで群中最大の規模です。
hakayama2nw.jpg

南東より見てます。この左手の斜面下には塚群が並んでるそうなのですが、直接行き来は出来そうになかったのでパスしました。
hakayama2se.jpg

墳頂には2基の石祠が祀られてます。右奥に1号墳が見えてます。
hakayama2top.jpg

やや離れて公園頂部南東端に在る3号墳を北西より見てます。直径23m、高さ2mの規模ですが墳頂は広めの平坦面になってて遺物は見られませんでした。
hakayama3nw.jpg

公園南東側の登り口の途中南側より見上げてます。低木の辺りまでが墳丘ですが地形もあって下からはもっと大きく立派に見えます。
hakayama3s.jpg

3号墳こそ遺物は見られなかったものの、残りの2基は土器片が沢山見られます。公園内は縄文早期・弥生後期の遺跡でもあり、古墳時代の土師器のほかそれぞれの時代の土器が出土してます。
hakayamadoki1.jpg

資料に埴輪は無いのですが、こんな朝顔形円筒埴輪の口っぽい欠片も有りました。
hakayamadoki2.jpg
墳丘上に縄文土器も含めた大きめの欠片が多いのは多分公園利用者の方々が踏んだら大変と置いてるからなのでしょう・・・。

藤岡市美土里村83、84号墳

平地神社古墳と同じ自然堤防上南西側には円墳が2基残ってます。

みどり通りに戻って南へおよそ550m南下した右手、老人福祉施設に挟まれた駐車場の奥に美土里村84号墳が在ります。
midori84a.jpg
簡易な祠と規模に対して古くて立派な鳥居と石灯籠が目立ちます。

直径12m、高さ約1.5mの円墳ですが北は道路、西は用水路で直線状に削られてます。
midori84b.jpg
裾部には庚申塔ほか多くの石塔が並び、墳頂には小平稲荷大明神が鎮座しています。

84号墳の裏手でクランク状に細い道を西方へ歩いて進むと民家が途切れた所で北東側に83号墳が見えます。
midori83sw.jpg
西側には障害物が無くて墳丘が良く見え、航空写真だと西向きにアクセス出来そうに見えますがそこは水路で近付けません。

84号墳まで戻り北へ進むと民家とビニールハウスの間から墳丘上の墓地にアクセスできるようになってます。
midori83e.jpg
藤岡市との合併後は中大塚塚越152号墳とも呼ばれる直径約17m、高さ約2mの円墳です。

墳頂の様子です。恐らく所有者のお宅の墓地になってます。南東側以外は旧状をよく保っている様に見えますが、残念ながらその南東側は石材置き場からそのまま分譲されてしまった様です。
midori83top.jpg

これら3基の北西側西部工業団地にも数基の円墳や方形周溝墓が確認されてますが全て消滅してます。

藤岡市平地神社古墳

関越道藤岡インターチェンジの南東およそ2.7km、鮎川右岸の自然堤防上に築かれた円墳です。

国道254号線西中学校入口交差点からみどり通りを北へ900mちょっと進み、右折するとすぐ墳丘が見えて来ます。
heichijinjaw.jpg
神社の名を冠してますが、墳丘は生活道路挟んで平地神社(撮影位置左側)の東南東側で美土里村81号墳とも呼ばれます。

畑の淵をお邪魔して、もう少し近付いて墳丘を見てます。直径33m、高さ3.5mの規模で葺石と埴輪列が確認されてます。
heichijinjaw2.jpg

参道も無く横穴式石室も墳頂のお社も南側の畑を向いてますが、右手に見える鳥居とこの標柱の間が主体部前庭です。
heichijinjahyochu.jpg

標柱の下は前庭が、コンクリートで補強した石垣で固められてます。両袖型横穴式石室自体は施錠されて入る事は出来ません。
heichijinjazentei.jpg
開口部両脇の幅が公表値よりも狭いので、もしかしたら上段に見える石垣が元のラインで再補強されてるのかもしれません。

フェンス越しに内部を見てます。羨道天井はコンクリートの打ちっぱなしで、玄室は全然見えませんが模様積みの羨道側壁が美しいです。
heichijinjasekisitu.jpg
殆ど見えない玄室は撥型で奥壁側へ弧を描く様に拡がっていて、L5.3m×W約2m×H約1.9mの広さで、羨道も含めた全長は9.7mに達します。

その玄室内の様子は市のHPで紹介されます。中から直刀・耳環・刀子・鉄鏃・馬具などが出土し6世紀後半の築造と推定されてます。

玄室の上には稲荷大明神の2基の祠が同じ向きで並んでます。こちらの基礎も含め川原石の石垣は皆コンクリートで補強されてます。
heichijinjatop.jpg

前庭東側に設置されてる解説板です。
heichijinjakaisetu.jpg

袖ケ浦市雲塚台古墳群 念仏塚古墳 関戸古墳?

雲塚台古墳群は東台古墳の南南西およそ950m、地蔵寺の北東側裏手に分布する円墳2基から成る小古墳群とされてます。

北東より分布域を見てます。分布調査時には左右に径10m・高さ3m級の円墳が2基並んでいたハズですが、現在は直径30m以上の大きいマウンドに成長しています?
kumotukadaise.jpg

現状は南南東側にこの様に前方部状のスロープが続き、何も知らないと全長50m程の前方後円墳に見えてしまいます。
kumotukadais.jpg
確認調査が行われた昭和中期の航空写真でも同規模・同形の樹木に覆われたマウンドに見えます。

墳頂(?)はフカフカで、雨に打たれてるにしても版築された様には見えません・・・。切り株が有るのでこのマウンド上に2基の小円墳が在ったと言う事も無さそうです?
kumotukadaitop.jpg

雲塚台古墳の南東およそ300mに在る念仏塚古墳を南西より見てます。以前は名称の頭に「岩井」が付いてました。
iwainenbutudukase.jpg
ちば情報マップでは念仏塚遺跡の反対側に径5m、高さ5mの円墳として記載されてますが・・・。

現状直径約6m、高さ約1.5mの円墳です。未発掘ですが近くから須恵器が発見されてます。
iwainenbutudukasee.jpg
航空写真だと13m四方の耕作から取り残された範囲が元の規模で墓地側が半分に削られてる様にも見えますが近くで見ると多少削平されてるにせよ元々小規模で形の良く残るマウンドに見えます。

これは雲塚台古墳群の北東およそ200mに在るマウンドです。この位置で古墳として記載する資料にはお目に書かれてませんが、周囲は雲塚台古墳群の2基も含む大塚台遺跡の範囲です。北東より見てます。
sodegaurasekidon.jpg
現状畑中の角地に残されてる直径約10m、高さ約2.3mの円墳です。

円墳3基の岩井大塚台古墳群の1号墳とされてる方もいらっしゃいますが、西側に在ったマウンドは削平後の今は中近世の塚とされており、現在の遺跡分布図では群自体が削除されてるので詳細不明です。
sodegaurasekidos.jpg

上の念仏塚古墳の様にポイントがずれてる古墳はないかとちば情報マップで見てみると、北東側の削平された勘左古墳群のすぐ横に関戸古墳という1基が上の念仏塚古墳と同じくらい離れた位置で記載されてます。記載場所は3m以上嵩上げされて旧状を偲ぶべくもありません・・・。
sodegaurasekidow.jpg
もっとも県教育委員会が遺跡分布図の更新を図ってた頃の市の学芸員の方が退職される際に全く覚えてないとの話でしたので、平成になる頃には実態も曖昧になってしまっていたのかもしれません。

城里町増井古墳

城里町役場の南およそ3km、藤井川を南に見下ろす台地縁に築かれ、県内では希少な線刻壁画を持つ高塚古墳とされます。

北西より見てます。現状南北約20m、東西は画像右手の先の民家裏まで墳丘として含めれば40m弱の規模の墳形不明墳です。
masuinw.jpg
墳丘上は墓地となって、左手墓地と雑木林の境目付近は墳裾も不明慮でした。

下り坂で削られコンクリートで補強されてるすぐ上に横穴式石室の一部の凝灰岩の板石(?)が露出してます。
masuiokuheki.jpg
解説板にもこれが奥壁とは書かれてませんが、線刻が手前に見られるので南向きの横穴式石室の左壁の一部になるのでしょうか?

その線刻壁画ですが「大」字状でとても浅く、斜めにライトを当ててやっと見える程度です。
masuisenkokuA.jpg
masuisenkokuB.jpg
よく見るとその下に2画目と平行にもう1本、その左下に縦にもう1本彫られてる様にも見えます。

補強のコンクリート壁の上に設置されてる解説板です。
masuikaisetu.jpg
墳丘を分断する下り坂を旧水戸街道としてますが、江戸⇔水戸や宇都宮⇔水戸間の水戸街道では当然ありませんし、単に「水戸へ向かう道」としての街道として見ても、むしろ水戸を避けて石岡へ向かう道筋(現県道52号線)への集落からの出入り口としか見えません・・・。

まさか古くに横穴式石室を掘って、そのまま南西に出る道を通してしまったのでは・・・?

潮来市仲台古墳群

大生古墳群の南東、潮来カントリークラブの東側に分布する古墳群です。旧潮来町の古墳一覧では中台古墳群として上円下方墳2基、円墳1基と記されてますが、現在は誰も掌握することも無く詳細不明になってしまった様で、いばらきデジタルまっぷでも横山貝塚から林遺跡に跨る分布域は記載されてません。

南東より見てます。潮来カントリークラブの入り口からおよそ750m程北上し、右折するとすぐ北側に在る1基です。
nakadaiAse.jpg
現在見学し易い唯一の墳丘ですが、いばらきデジタルまっぷではポイントもされてません。

西側より見てます。現状では直径約12m、高さ約2mの円墳と思われますが、元はもっと規模が大きかったと思われます。
nakadaiAsw.jpg
この150m程東南東の民家がいばらきデジタルまっぷではポイントされてますが、建物で半壊にも見えるマウンドが在るものの詳細不明です。その上に恐らくそちらのお宅の私物が置かれてましたので画像はアップしませんが平面積もさほど有る様には見えません。

上の墳丘のほぼ真南、香取神社の参道北側にも直径約10m以上、高さ約1.5mの円墳と思われるマウンドが在ります。
nakadaiBe.jpg
境内にもう1基という情報もあったのですが、ざっと回った限りでは見つけられませんでした。

神社自体も訪れる人もいない様で、近隣の舗装路の中には左右から藪ではなく木々の枝が伸びて通行し難い場所も見られるほどで、このサイズの墳丘が周りの雑木林の中に在っても発見は難しいと思います・・・。

美浦村木原白籏古墳群(その4)

最後に道路から見えるその他の円墳と、近隣で別扱いの1基を巡ります。

愛宕神社参道北側の坂を上がり南東に抜ける道をおよそ250m進んだ左側、道が墳丘に沿って曲がってる3号墳です。よく見えませんが直径約10m、高さ約2m程は残っていそうです。
kiharasirahata3w.jpg
この道路挟んで西側、愛宕山古墳の南の深い藪と林の中にもう1基の前方後円墳が残るハズですが近付く事もままならず、分布図等では東の畑地とするものも有って確認出来ません・・・。

3号墳の南およそ90mに在る5号墳です。ストリートビューでモザイクを掛けさせてる民家の背後に在って、かつて傍で撮られた訪問画像が全て消えてる状況なので、南東の離れた場所から遠望してます。
kiharasirahata5se.jpg
恐らく3号墳と同じ程度の規模と思われます。

白籏石尊古墳の南およそ200mに在る6号墳を北東より見てます。直径約15m、高さ約3mの円墳ですが台地縁で裏側は削られてるかもしれません。周りには牛がいっぱいいます
kiharasirahata6ne.jpg
更に南東に在るという円墳も確認は出来ませんでした・・・。

これは愛宕山古墳の西北西およそ400mに在る城山古墳です。木原城二の丸内に在り、城内に他にも在ったとされる古墳と共に当古墳群に含む資料も見た記憶が有るのですが、現在は国道125号線以西は範囲外の別遺跡に分けられてる様です。
kiharasiroyaman.jpg
二の丸内なのに深い藪で曲輪内から近付けず、本丸側から深い空堀越しでしか墳丘が見えません。直径約10m、高さ3m程の円墳と思われますが、中世に物見台に転用され角張った形で残っているそうです。

追記;昨日の根火山遺跡の解説板がちゃんと表示されないのを修正しました・・・。

美浦村木原白籏古墳群(その3)

群にはもう1基墳丘に上がれるものが在ります。愛宕山古墳の東北東およそ430mの10号墳です。

日本テキサスインスツルメンツ北側に残されてる根火山遺跡、その全長100m以上有る前方後円墳に見える地形(中世の砦跡です)の後円部部分の中心に墳丘が在ります。
nebiyamaisekikaisetu.jpg

白籏石尊古墳から北側台地下へ下り右折しておよそ200m、工場の塀が途切れた場所から遺跡に上がれます。工場沿いに進まず遺跡解説板横から斜面を上がって進むと奥に墳丘が見えて来ます。
kiharasirahata10sw.jpg
南西より見てます。周溝が想定されてるそうですが、現状特に痕跡は見られませんでした。

南東より見てます。一辺約15m、高さ約2.5mの方墳ですが隅部はハッキリしません。
kiharasirahata10se.jpg
訪問時は傷んだ木や枝を伐採したばかりだったのでアクセスし易かったのですが、墳丘だけは信仰の対象だし手を付けてないそうです。

北より見てます。台地縁に築かれてないので、中世には物見ではなく狼煙台に使われたのではないかと考えられてます。
kiharasirahata10n.jpg
狼煙台→「火」山・・・?

墳頂の様子です。ちょっと前までは荒れてたそうで、左端の石塔の一部が残ってる姿も痛々しいですが右手の板碑も倒れていたそうです。
kiharasirahata10top.jpg

これがその板石です。これも箱式石棺材転用と考えられてるそうですが割れたまま埋もれかけてたそうで、修復されてます。
kiharasirahata10itahi.jpg
でも土台の石は全く関係無さそうなものをくっつけた様に見えます。何が彫られてるのかもよく見えません・・・。

こちらは大日如来立像です。元禄13年に造られたもので解説板では古墳の説明の中に「舟形の」と付け加えてるので舟形石棺も!?と考えてしまいますが、この規模で二種の形態の異なる石棺が埋められてたとは考えにくいです・・・。
kiharasirahata10dainichinyorai1.jpg
遺跡自体の全容も調査されてはいませんが、霞ケ浦に横面を見せる大型前方後円墳が在ったとしたら・・・?

その舟形とされる背面です。像自体は小さいもので削り跡も粗く、個人的にはビミョーだという印象です。
kiharasirahata10dainichinyorai2.jpg

もう一回続きます。
プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR