FC2ブログ

下野水口(みなぐち)城(館)

JR東北本線西那須野駅の東におよそ4km、那須赤十字病院の西側の畑の中に耕作に邪魔にしか見えない土の壁が続いてます。
minaguchijone.jpg
これが武蔵より移ってきた大俵氏(後の大田原氏)が築いた水口城の跡で市の指定史跡になってます。北東より見てます。

北西より見てます。背後は赤十字病院です。
minaguchijonw.jpg

残ってるのは曲輪北側と西側の土塁で、外側の堀は完全に埋められて農地に取り込まれてますが、3m以上の高さの有る土塁の折れを見る事が出来ます。
minaguchijodoruiore.jpg

ただその中央付近は用水路が造られてまるで虎口の様に断ち切られてしまってます・・・。
minaguchijodoruikirikaki.jpg

土塁残存部東端より土塁内側を見てます。鬼門除けか北東の隅が15m四方ぐらいで内に凹んで築かれてます。
minaguchie.jpg

反対側、土塁残存部西端に以前は土塁上に在った標柱が移されてます。
minaguchijohyochu.jpg

その南、南西の隅より曲輪内を見てます。東西約75m、南北約60m程の単郭構造で方形館の防御を固めた造りになってます。
minaguchisw.jpg
土塁跡左側は堀址ですが、なんとコレ北に300m離れた荒井館と繋がっていた様で、更に北の寺院跡付近からすぐ西の蛇尾川に平行に水流が有ったと考えられてます。

南側の土塁は削平されてますが、その前に堀の部分が農地化されてたお陰で堀の形状が見て取れ、一部に今でも窪んだ場所が残ります。
minaguchijoshori.jpg
グーグルマップをはじめ各航空写真で見ると堀の形が明瞭です。

更に南東隅には先日の大塚遺跡の様な堀の外側の土塁の高まりが残ります。
minaguchijohorisotodorui.jpg
もしかしたら西側の水流を取り込み水位の高めな水濠だったのではないでしょうか・・・?

その外側から見てます。古い航空写真で見た印象では南東に拡張した跡が窺えるようにも見えます。
minaguchise.jpg

その拡張曲輪(?)に「町島豊後守發祥之地」の石碑が立ち、その横に
minaguchijosekihi.jpg

大田原市教育委員会による解説板が設置されてます。昭和初期に測られたこの図だと土塁に折れが無くほぼ正方形に近い形状で書かれてるのが気になりますが、周囲には他にも土塁の痕跡がまだ残っていた様です。
minaguchijokaisetu.jpg
水口城は5代続いて使われた後、大田原城に拠点を移して廃城になってます。

スポンサーサイト



横浜市都筑区歳勝土(さいかちど)遺跡

歳勝土遺跡は大塚遺跡の南東におよそ80m離れて同時期に営まれた事が判明している方形周溝墓群の遺跡です。
zentaikaisetu.jpg

模型を南南東方向より見ていて、大塚遺跡遺跡との位置関係はこんな感じです。左側の斜面を下ると博物館です。
saikachidoisekimokeikaisetu.jpg

遺跡内から現在までに25基の方形周溝墓が確認され、大塚遺跡寄りの4基は失われていた盛土を復元し、残りは周溝部分を石列で位置表示し、ムラから続く墓道を一部再現しています。
saikachidoiseki.jpg
盛土を復元されてるのは左からS―16号墓、S―4号墓、S―10号墓、S―1号墓になります。

S―10号墓前の解説板にカラーで方形周溝墓について解り易く書かれてます。
saikachidohokeishukoubokaisetu.jpg

復元した中で1基、S―16号墓だけ南側1/4と中心の封土を復元せずに木棺の主体部を露わにして立体的に方形周溝墓の構造を把握出来る様に展示されてます。
saikachidohokeishukoubo.jpg
この右隣のS―17号墓は周溝を掘り返した状態で盛土を復元せず「発掘調査時の姿」として保存されてますが、年月が経って見ると土壙を掘って墳丘をあまり盛らない形式の遺構に見えてしまう気も・・・。

弥生時代の墓群の整備されるて史跡公園の中でも、ここは博物館と合わせってよく理解し易い整備のされ方だと思います。
saikachidoisekiseibikaisetu.jpg
なお方形周溝墓は調査区域外にも続いて存在すると考えられ、30基以上の群であると推定されてます。

また遺構の東側に江戸時代の古民家が移築され、都筑民家園として公開されてます。

横浜市都築区大塚遺跡

横浜市営地下鉄センター北駅の南に建てられた横浜市歴史博物館、建物屋上階と歴博通りを挟んで歩道橋で結ばれた台地上には弥生時代の環壕集落である大塚遺跡と、同時代の墓地である歳勝土遺跡が公園化され保存されてます。
kouenzentai.jpg

大塚遺跡は所謂日本の城のはしりとも云える遺跡で、外敵から護る為のおよそ600mに渡る空堀に囲まれたムラの跡です。港北ニュータウンの開発に伴い全体が発掘調査出来た稀少な例となり、遺跡の西側2/3は消滅したものの、残った部分は国指定史跡になりました。
zentaikaisetu.jpg

博物館から橋を渡りスロープを上がると両遺跡の間の広場に出て、地面上に周囲の1/100で地形の模型が造られてます。最初は勾玉の様な形で台地上に堀を廻らせましたが、後に掘り直される際に北側の谷間を取り込むように改変されて長軸約200m、短軸約130mの長円形に近い形状に変わってます。
ootukaisekimokei.jpg
台地斜面の木々も再現されていて、撮影前に落ち葉や枝などを掃除するのにちょっと時間が掛かってしまいました。

横に設置されてる解説板ですが肝心の現在地が見えません・・・。
mokeikaisetu.jpg

すぐ北東側に木柵が廻らされており、その中が大塚遺跡保存エリアで復元建築群などが見えます。
ootukaisekifukkugen.jpg

木柵の内側には空堀が続いています。公園内の遺構部分夜間管理の為、堀の外側に高い土塁と柵という防御上では後の城郭と逆の構造になってますが、実際発掘調査では土塁として確認はされてないものの掘った土を外側に出したものが堀内に流れ入ってた状態だった事が判明し、こういう構造であったと推定されてます。
ootukaisekihori.jpg
本物の遺構はこの下約1.5mの地中に保存されており、幅最大約4.5m、深さ最大約2.5mでもっとしっかりした空堀です。

入口の外側には、大部分が失われた遺構の整備状況の説明板が設置されてます。こちらは現在地もハッキリ見えます。
ootukaisekiseibikaisetu.jpg

その平面図部分を拡大・着色しました。青い部分が残存部分で、緑が復元された住居と倉庫で、矢印は消滅部分から移した高床倉庫とY-17号竪穴式住居跡です。
ootukaisekiheimenzu.jpg

入口通路のすぐ南側には木橋が再現されてます。こう見ると旧状の入り口の復元に見えますが・・・
ootukaisekikibasi.jpg

横に設置されてる解説板に書かれてる様に実際の木橋の跡は遺跡の反対側でしか見つかっておらず、歳勝土遺跡に向かう出入口が有ったハズと想定の上造られてます。
ootukaisekikibasikaisetu.jpg

遺跡内には7棟の竪穴式住居が推定復元されており、中にも入れます。遺跡全体では85軒の住居跡が見つかってます。
ootukaisekitateanajukyo.jpg
これはY-2号住居で、元は小型住居だったものを建て替え時に拡張された大型住居である事が判明しました。

また10ヶ所で見つかった掘立柱建物跡を高床倉庫と推定し、先の図にある様に西側消滅部分に在った1棟を場所を移して推定復元されてますが、こちらは入室出来ません。
ootukaisekitakayuka.jpg

その解説板です。
ootukaisekitakayukakaisetu.jpg

復元されなかった住居跡は埋め戻しの上位置表示がされてます。これはY-79住居跡です。
ootukaisekijukyohyouji.jpg

その説明板には発掘時の航空写真が使われてますがよく見ると堀の内側が掘り直したためかところどころ二段になってるのが分かります。
ootukaisekijukyohyoujikaisetu.jpg

1軒だけ珍しい例として消滅部分からY-17号住居跡の発掘調査時の状況が入口近くにコピーして再現されてます。
ootukaisekihakkutujinosugata1.jpg
2度拡張され、それぞれ別の位置に通路と思われる溝が続いていました。

内側の細い溝が1度目の拡張された住居跡で、その外側が更に拡張された時の跡です。柱穴とごっちゃになるからか最初の小型住居跡は再現されてません。
ootukaisekihakkutujinosugata2.jpg

その解説板に造り方や材質について書かれてます。
ootukaisekihakkutujinosugatakaisetu.jpg
ちなみに今現在でも地中の遺構の保存は難しいそうで、水気が多い場所などでは掘るまで何百年も保ってた遺構が埋め戻し後短期間で埋めた土砂と混ざって次第に消えてしまう事も有るそうです。

鉾田市梶山古墳

鹿島臨海鉄道大洗線北浦湖畔駅の南南東およそ750m、光福寺西側の谷津を見下ろす台地南端近くに、近隣では大型の円墳とそれを囲む6基の円墳が築かれたとされてます。

駅から県道18号線を1km南下し、コンビニ前の信号から東に入って坂を上がり、「梶山4号墳入口」の標柱で右に進むと左手に墳丘が見えて来ます。
kajiyamas.jpg
現状直径15mぐらいのマウンドですが残っているのは元の1/5程度で、解説板の手前で箱式石棺や周溝が見つかり須恵器の甕などが出土し、直径約40m、高さ推定5mの規模だったと考えられてます。

東より見てます。平成3年時点で3基の10m級円墳が残っていたとされますが、周囲に梶山古墳を囲む様なマウンドは見られず、戦後の航空写真でも特にそれらしき場所は特定出来ませんでした。
kajiyamae.jpg
ここの西およそ100mの北浦沿い台地西縁に梶山2号墳、北西およそ200mには1号墳という前方後円墳が在りますが、陪塚的小円墳とは別物みたいです。鉾田市として合併後の現在は同台地上の12基を纏めて梶山古墳群とされてます。

ここの地面下50cm程の深さから内寸でL220cm×W115cm×D55cmの箱式石棺が見つかり、標柱で位置だけを知らせてます。
kajiyamahyochu.jpg
中から5体分の人骨と圭頭太刀や八窓倒卵形鍔(つば)を有する太刀を含む直刀10振のほか、銀象嵌の模様入り把頭、刀子、耳環に700点を越える玉類が出土しました。その一部は鉾田市立大洋公民館展示室で見学出来ます。

解説板です。人骨の発見状況から7世紀初頭までに亡くなった首長的人物達を、古墳を整備して改葬したと思われる大変特異な事例と推定されてます。
kajiyamakaisetu.jpg
文中の周りを囲む小型円墳6基は現古墳群に含まれてはいない様ですが、それ以外でも記録前に失われた墳丘が多数想定されてます。

梶山2号墳も撮影しましたが撮影中に日が没し、1号墳を見学出来なかったので改めてそちらも撮影出来たら・・・と思います。

つくば市下河原崎高山古墳群発掘調査

つくばエクスプレス万博公園駅の西北西およそ1.5km、舌状台地南端で県道45号線の両側に分布する下河原崎高山古墳群、県道東側の3号墳と4号墳が昨年度末に調査されました。盗掘されてたので目ぼしい遺物も無く、現地説明会は難しいとの事で「平日の調査員がいる時に見に来て」と言われたのですが、急なコロナ感染拡大の為か調査期間中に二度現場前を通ったもののシートがかかったままで、どなたもいらっしゃいませんでした・・・。なので現場囲いの外から見学しました。

県道より見た3号墳です。墳長約20mの西南西向きの前方後円墳です。ネットの部分は普段は藪で墳丘が在る事も気付き難い状態でした。
shimokawarazakitakayama3nw.jpg
ここから左手600m程だけ県道の全幅が狭くて中央分離帯が無く、ガードレールが仮設なのが気になりました・・・。

そのすぐ南側の4号墳です。方墳のこちらは高さも無く地山とほぼ同じで、周溝が掘られていないと全く判りません。
shimokawarazakitakayama4nw.jpg

3号墳を北より見てます。左が後円部で、右が前方部です。こちら側は周溝の手前までトレンチが切られてます。
shimokawarazakitakayama3n.jpg
昭和57年に県道工事に伴い調査が入っており、当時の報告書では2号墳とされてました。後に今の1・2号墳が追加されてます。

残念ながら結局中は見られませんでしたが、主軸線上くびれ部中央で同じ向きの箱式石棺が開けられてます。
shimokawarazakitakayama3syutaibu.jpg
石棺は天井石が落ち込んでいた上盗掘を受けており、わずかに骨片と刀子、土師器片や須恵器片が見つかるのみでした。

南側、4号墳の脇より見てます。こちら側は調査区内の浅めの周溝も掘られてました。今回埴輪も採集されてますが、報告書を待ちたいです。
shimokawarazakitakayama3s.jpg
調査の模様は県教育財団のHPで紹介されてます。

調査区域は墳丘西側半分に限られており、後円部側や撮影位置背後の2号墳(?)は手付かずでした。まさか歩道拡幅で前方部削平になるのでしょうか・・・?
shimokawarazakitakayama3e.jpg

4号墳を北東より見てます。昭和晩期の調査後大きく削られてます。調査時の報告書では1号墳になってます。
shimokawarazakitakayama4n.jpg

東側より北側周溝を見下ろしてます。最大で幅約3m、深さ約1m有ります。横の標柱は多分古墳のモノと思いますが見忘れました・・・。
shimokawarazakitakayama4shuko.jpg

南東より見てます。県道で墳丘の大部分が失われているのが分かります。
shimokawarazakitakayama4se.jpg

墳丘断面はネットで見難いものの、周溝断面は歩道から良く見えました。これは西より見た北側周溝です。
shimokawarazakitakayama4shukodanmen.jpg

こちらは南より見た東側周溝です。
shimokawarazakitakayama4shukodanmen2.jpg


県道の向かい側には4年前に調査され、未盗掘の箱式石棺から5体分の人骨が出て話題になった5号墳の残骸が残ります。
shimokawarazakitakayama5e.jpg
周溝を含めた全長約45mの西南西向きの前方後円墳で、当時の現地説明会の資料がPDFで公開されてます。

2021年1月追記;予想通り調査区域は綺麗に削平され3号墳の後円部のみが残され断面が露わになってます。怠け者の散歩道さんが確認に行かれてます。

PE(フォトエッチング)の効果

昨年の秋にディテールアップパーツを買ったフジミの1/3000軍艦島(端島)。手のひらサイズで2860円のキットに2640円の別売り部品って、普通に高過ぎと思われてしまいますが、その使用効果はどんなもんでしょう?

まず箱から出して接着せずにただ組んだ昨年の状態。
hajimaB.jpg

で、金属パーツに組み替え、パーツを貼り付けした状態がこちら。
hajimaB2.jpg
金属には模型用の塗料は塗れませんので、予めプライマーを吹き付けてから組んでます。

これはキットの状態の端島神社付近です。鳥居は板状で、境内の手摺や試作品には有った本殿が有りません。
hajimajinjaA.jpg
実物の現状は逆に拝殿が失われてます。

鳥居を削ってPEパーツを組んだところです。背後の1円玉で大きさが見当つくと思いますが、撮影した画像で見ると分かる2mm四方の屋根のズレも肉眼では全く見えません・・・。
hajimajinjaB.jpg
ちなみに右に見える体育館は、自分はパテ盛りしてますが、廃墟で作る時には上部が無くなってるので加工する必要が有ります。

これはコロナ禍の間に崩落が始まり、見学ツアー再開後に崩壊しないか危ぶまれてる1916年新築で日本最古の鉄筋コンクリートアパートの30号棟です。
hajima30.jpg
左がキットのパーツに付属の窓シールを貼ったもので、右が置き換えるPEパーツを組んだものです。インジェクション(射出成型)部品は型から抜く都合上どうしても壁面が斜めになってしまいます。このキットでは階層を表す為雛段状に成型され、シールを切って貼るだけでも面倒です。

これは炭鉱やぐら(竪坑櫓)です。最も見栄えが変わるのですが、サイズが元のキットでは小さ過ぎた様で、取り付ける建物の加工が必要になってしまいました。
hajimayagura.jpg

クレーンなどトラス構造のものは組むのが大変ですが、差し替える効果は絶大です。背景の1マスが1cm四方です。
hajimahikaku.jpg
小クレーンは基部を残して削り取り、PEパーツを取り付けます。

もう一度全体で。残念ながらオマケの船のディテールアップパーツは付きません・・・。
hajimaA2.jpg

また建物の陰になる部分など一部はキットのままなのですが、高層棟に窓が付くだけで当時世界一の人口密度とも言われた街並みの雰囲気はよく出てると思います。
hajimadetail.jpg
この後左側の四連棟の日給社宅屋上で浮いてる小煙突が吹き飛んでパニックになりました・・・。

塚? 古墳?

JR内房線姉崎駅の南およそ3km、市原市と袖ケ浦市の境に跨って円墳と三山塚が多いエリアが在ります。たしかにこの地域は三山信仰が盛んで塚も多いのですが、古墳とされるマウンドと混成された群の塚は古墳転用の可能性も高いのではないでしょうか?もちろん明確な遺物が採集されたり、発掘調査が無い限り白黒ハッキリさせる事は出来ませんが・・・。

清水川台2号塚を南東より見てます。10m×8mの基壇に直径約7Mの上段、高さ2.5mの二弾築盛の方墳か上円下方墳の形をした三山塚です。古墳巡りの帰り道に見た眼では元古墳のマウンドにしか見えません・・・。
shimizugawadai2se.jpg

南西より見てます。縄文・古墳時代と中近世の複合遺跡である中林遺跡の中に在り、付近には古道沿いに同規模の円や四角のマウンドが幾つか存在してましたが、方墳状の5基は塚、円墳は古墳と判断されてます。
shimizugawadai2sw.jpg
もっとも道の東側は中林古墳をはじめこの塚以外は太陽光パネルなどのために全て削平されてしまった様で、この塚のすぐ北に在った3基の調査結果とか早く見てみたいものです。

北東より見てます。北面には参拝路のスロープが造出し状に突き出てます。この右奥、袖ヶ浦配水池との間の不入斗上椎木(いりやまずかみしいのぎ)遺跡には3号塚と清水川台古墳が残るハズですが深い藪で何も見えません・・・。
shimizugawadai2ne.jpg

現状は信仰の対象であり続けているので頂部には月山神社として新旧の石碑が立ち並んでます。
shimizugawadai2top.jpg

佐倉市の馬渡坊山台古墳群の南南西およそ1.4kmに在る坂戸八郎作1号墳も一辺10m、高さ2.5mの未調査の方墳状のマウンドです。北より見てます。
sakatohachirousaku!n.jpg
ここも周囲の円墳の中に在ってすぐ東に並ぶ坂戸念仏塚2~4号墳が中近世の塚と判断された事に倣って同じく塚とされています。倒れ掛かってる石碑も古墳のモノには見えませんが・・・。

信仰の対象で発掘調査が出来ず、規模・形でなく立地条件などから中近世の新造と推定される事も多いですが、取り壊し時に初めて調査して古墳と判った事例も有ります。これは鎌取場台遺跡の発掘調査成果の展示のもので、同遺跡内4号墳の紹介です。
kamatoribadai4.jpg
四角い塚の外側に横穴式石室が見つかり、それを含めた周溝が見つかってます。周辺は鎌取からおゆみ野にかけての開発によって遺跡はほぼ失われてましたが、調査され多数の古墳と塚が入り乱れていた事が判明してます。(ちば情報マップでは種別で古墳の記載は無く、当墳丘は円形周溝との記載)

御文庫(成田市三里塚)

三里塚記念公園内、貴賓館の裏手にダストシュートが付いた様な低いマウンドが在ります。これが御文庫と呼ばれ第二次大戦当時の皇太子、今の上皇様専用に造られたという防空壕です。
gobunkobakuhunogasiout.jpg
このハッチは爆風逃がしという施設です。

またもやっつけ画像ですが地下の構造を描いてみました。青い矢印の爆風逃がしは付近で被弾が有った時に風圧をここから上の画像のハッチへ抜けさせて内室を護る仕組みです。
gobunko.jpg
基本「H字」型の左右対称の壕で、中央の横棒部分に主室が有り、互い違いの鉄扉を有する前室が両脇を固め、縦棒部分は爆風逃がしとその反対側が出入り口になってます。

見学は三里塚御料牧場記念館受付か管理をしてる男性に申し出て解錠して頂き東側入口から一方通行で見学します。入口左手に壕についての解説が貼られてますが、昭和天皇のための吹上御所地下の御文庫と違い、こちらの御文庫の防空壕としての記述が宮内庁に全く無いのだそうです。
gobunkokaisetu.jpg
昭和末期に一度出入り口は埋められてしまいましたが、平成になって調査の上整備されました。

階段を下りて進むと右手に前室の鉄扉が有ります。奥は爆風逃がしで、管理人さんが脚の具合が宜しくなかったので中に入らず明かりが消えてて真っ暗ですが滑り台状に斜め上に風圧を導くスロープになってます。
gobunkowzensituiriguchi.jpg

鉄扉の横から西側前室を見てます。奥行き1.32m、幅2mの狭い部屋で爆風逃がしと同様に被弾時に主室への衝撃・風圧を緩和する為の部屋です。
gobunkowsyusituiriguchi.jpg
丸電燈は当時のままのモノだそうです。

そしてここが中心の主室です。L4.5m×W2.5m×H2.571mの広さで、床面で地上-5.2mの深さでとてもひんやりしてます。
gobunkosyusitu.jpg
コンクリートも調べられ、現在でも高層棟に使われるスーパーコンクリート並みの質で更に厚みが十分に有り、現在でも中性化もさほど進んでおらず鉄筋にも何の心配も無い状態だそうです。

主室と東側前室を仕切る鉄扉です。配線整備のため固定されてますが思ったよりも薄っぺらいです。
gobunkoesyusituiriguchi.jpg

地上への出入り口の扉です。配管のすぐ上が地表高で、奥の床が主室床面レベルです。
gobunkoeiriguchi.jpg
どこを刳り貫いて調べたのか見ませんでしたが、ボーリング調査の結果0.7mの厚さのコンクリートに4cmの厚さで仕上げのモルタルを盛り、更にその上に数ミリの厚さで漆喰が塗られる構造だった事が判明してます。

大戦末期、実際に使用されたのかどうかも記録が無いため不明だそうです。

袖ケ浦市飯富真理場古墳群(後編) 日ノ宮古墳



iitomimaribabunpu.jpg

7号墳のすぐ西でたちばな通り沿いに在る9号墳です。かつては浜街道第1号塚と呼ばれてました。
iitomimariba9e.jpg
墓地になってるので辛うじて残された印象ですが、奥側道路側は低いコンクリートの壁で固められてます。

9号墳の南およそ50mに在る11号墳です。道路と民家に挟まれつつも個人の墓地の裏に薄っぺらく残った身の丈程の墳丘かと思いきや伐採した木の幹が残丘上に積まれて土や落ち葉が堆積してました。
iitomimariba11nw.jpg
かつては浜街道第2号塚と呼ばれてましたが周溝が確認され、中に有る粘土槨を伴う土壙から直刀や鉄鏃、臼玉が出土し古墳時代後期の築造と推定されてます。

一方画像右側、北西に隣接していた10号墳址からは古墳時代前期の遺物が出土してます。

そこから南におよそ70m、群南端に在る12号墳です。旧名は浜街道第3号塚でした。
iitomimariba12nw.jpg
石造物に囲まれ、11号墳の発見が無ければ宗教上の塚とされたままだったと思われます。

西浜街道貝塚である谷津を挟んで群の西隣に在る日ノ宮古墳を北西より見てます。こちらから見ると墳頂と耕作地の高さがほぼ同じになってるので墳丘が在る様には見えません・・・。
hinomiyanw.jpg
すぐ南に在る同名の塚の方が立派に見え、近くにいらした農家の方に尋ねたら藪の中まで案内して下さいました。有難う御座いました。

今は埋もれてしまってますが墳丘北側から墳丘を周って谷津に下る道が在って、そちらから見ると山寄式の円墳らしく見えます。
hinomiyase.jpg

南東面の墳頂よりも下がった場所に石祠が祀られてます。未調査ですが直径約20m、高さ約2mの円墳です。
hinomiyafunkyuujou.jpg
周辺は弥生時代の日ノ宮遺跡で土器などが出土してます。

袖ケ浦市飯富真理場古墳群(前編)

お紬塚古墳の東およそ1km、袖ケ浦公園北西側の台地上に分布する古墳群です。現在墳丘やその一部が残るもの、削平されたもの、地中に周溝が見つかったものなど直径10~20m級の円墳で19基まで確認されてます。

まずは第145回袖ケ浦学「消えた古墳、甦った古墳」で配布された資料より。かつていづれかの墳丘が二子塚と呼ばれ前方後円墳の存在が考えられてますが、よく見ると2基づつペアで築かれた様な配置(3と4、6と7、8と9、10と11、15と16号)が興味深いです。
iitomimaribasiryou.jpg
群中を南北に貫く太線がたちばな通りです。その西側は様変わりが激しく残っていた墳丘も消滅してるので、神社裏の古墳の写真がどこかは不明ですが、現在飽富神社境内に在るマウンドは馬場塚という近世の信仰対象の塚とされてます。

その分布図部分をアップで。ちば情報マップよりも最新の分布図は印刷物にもなっていない様なので現存を赤、消滅を青で着色し、墳丘番号を横に書き足してます。
iitomimaribabunpu.jpg
民家の庭内に現存するとされる5号墳は建物が増築されて削平された模様です。終戦時に墳丘の横に民家が建ってたのはここだけだと思われ、二子塚である可能性が高かったと思うのですが・・・。

現存する墳丘で北東端に在る2号墳を南東より見てます。今日紹介する墳丘は寄っても藪に覆われて封土も見えず、農作業の邪魔になるといけないので、ほぼ近くの農道からの撮影です。
iitomimariba2se.jpg
2号墳は耕作地のど真ん中の楕円形の島状で、近寄る事が出来ません。

3号墳を西より見てます。猛烈な笹藪でわずかに南側が高まってる印象ですが、1975年撮影の航空写真だと北側の開いたU字状に内部をごっそり土取りされてる様にしか見えません・・・。
iitomimariba3w.jpg
藪の薄いグーグルマップのストリートビューで見ると更に東側を削られたL字状になってしまってる様に見えます。

そのすぐ南南東に並ぶ4号墳を同位置より見てます。
iitomimariba4nw.jpg

南東より見てます。近寄る畦道も無く墳丘自体が全然見えませんが、上のストリートビューではしっかり墳丘が残ってるのが見えてます。
iitomimariba4se.jpg

2基の南南西およそ150mに在る6号墳を北西より見てます。こちらは個人の墓地に利用され、軽トラが横に停まってますが裏の畑の中をずっと迂回しないと近付けそうにないです。
iitomimariba6nw.jpg

南西より見てます。見た目で直径約20m、高さ約3mで最も規模が残っている墳丘です。
iitomimariba6sw.jpg

その南南東に並ぶ7号墳を西側9号墳脇より見てます。以前は手前に建物が在って、その他も耕作で裾部を削られてますが、元々は6号墳と同規模だったのではないでしょうか・・・?
iitomimariba7w.jpg

続きます。
プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR