FC2ブログ

高崎市下滝古墳群

元島名将軍塚古墳の南、関越自動車道と井野川に挟まれるエリアに分布する古墳群で、かつては数十基あったとも言われます。
前山古墳以外は発掘調査はされてませんので、主体部の詳細は不明です。

最初は県道13号線からも良く見える御伊勢山古墳です。北東より見てます。直径30m、高さ5mの大きな円墳です。
simotakioiseyamane.jpg

同じ道沿いで80m北西の下滝3号墳です。北西側より見てて奥に御伊勢山古墳の木立が見えます。
simotaki3nw.jpg
直径約20m、高さ約3mの円墳です。

3号墳で小道に入り西50m程の場所に在る下滝1号墳を北東より見てます。直径15m、高さ2.5mの円墳です。
simotaki1ne.jpg

北側裾部にはこんな石が埋まってます。この南方に在った下滝町甲78号墳は横穴式石室だったそうです。
simotaki1isi.jpg

元の道に戻って3号墳の北北西200mの道沿いに在る前山古墳です。南向きの全長47m、高さ4.3m(調査時)の前方後円墳です。道路などで改変著しく、かなり前からいつ削られるかと心配されてましたがまだ健在でした。
simotakimaeyamase.jpg
南東より見ていて左手前が前方部、右奥が後円部になります。今は全長も30m程ですが築造時は倍近い規模があったと推定されてます。

南西側より。中央やや奥、後円部西面で横穴式石室が見つかり多くの副葬品が出土してます。
simotakimaeyamasw.jpg

前山古墳の北西側の慈眼寺境内裏手には3基の円墳が在ります。これは一番西の慈眼寺A号墳で、直径20m、高さ約4mの円墳です。
simotakijigendouase.jpg
上の航空写真はキャプったのがかなり前なので姿が見えませんが、現在はココだけ木が払われ上空からも良く見えます。

A号墳の南東に在る太子堂の下は直径約15m、高さ1.5mのB号墳です。
simotakijigendoubnw.jpg

本堂の北側に在る慈眼寺C号墳です。直径20m、高さ約2.5mの円墳です。
simotakijigendouce.jpg

ゴミも置かれてますが、南側墳頂のこの石は主体部の石材ではないかと思うのですが・・・?
simotakijigendoucisi.jpg
古墳探訪さんによると墓地周辺にも怪しいマウンドが2基在る様です。

慈眼寺から県道24号線を越えて北に140m、中学校の前に在る下滝町淵ノ上13所在古墳です。直径8m、高さ約1mの小円墳です。
simotakifuchinoue13nw.jpg
群馬県古墳総覧には記載されてない古墳で、市によって地番を名称に使われてます。

墳丘上にゴロゴロしてる石に混じって埴輪片らしき欠片も落ちてます。
simotakifuchinoue13haniwa.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR