FC2ブログ

陸奥白河小峰城(その2)

今日は公園外で引き続き石垣の整備の続く公園外部や復元された建物についてです。

大手門礎石の西側には(震災によるものではなく)崩れかけた会津門の跡が残ってますが、まずそちらから水濠沿いに北側へ周ります。

公園西端近くの会津門跡付近より見た本丸と帯曲輪の西側です。建築復元前の古城感が今でも漂ってます。
shirakawakominehonmarunisimen.jpg

北側はこの通り樹木に隠され、石垣も全然見えないまま搦手口まで来てます。
shirakawakominekitagawasuigou.jpg

搦手門跡です。尾廻門とも呼ばれた城の裏口になります。
shirakawakominekarametemon.jpg
枡形を左に折れると城内側と花畑門側へ分岐してます。

狭い花畑門跡を抜け三の丸北側へ抜けると門南側の石垣は崩壊したままでした。ここは三の丸に侵入した敵から搦手門を護る石垣です。
shirakawakominewatouyoko.jpg
このエリア、城内側からはフェンスで規制されてますが、このルートだといきなり工事現場内に入ってしまいます。

工事事務所前より三の丸内に続く丘陵上部に築かれた石垣です。公園外で民家も建ってますが左画面外の東側にも石垣が続いています。訪問時は整備工事は左手蛇尾堀跡沿いの下段の石垣周辺が作業中でした。
shirakawakominesannomarunooka.jpg

二の丸東側の堀は舗装路になっており、そこを通って藤門脇まで戻ると石垣は積み直してまだ時間が経ってないようで、微妙なポジションを揃える墨出しの縦横のラインがまだ残ってました。
shirakawakominefujimon.jpg

福島地方裁判所白河支部の北西にひっそりと移築されてる太鼓櫓です。二度の移築で改変された上に私有地内で近づく事も出来ませんが、唯一残った建築で市の重要文化財です。
shirakawakominetaikoyagura.jpg

手前の北小路跡碑と一緒に設置されてる解説板です。
sirakawakominetaikokaisetu.jpg
建物を見に戻ります。

白河城御櫓絵図や遺構を元に復原された建築を見て行きます。まずは南南東より、旅行ガイド等で良く見る角度で。
shirakawakominefukugense.jpg
前御門手前の多聞櫓は、往時には南側石垣崩壊部まで折れて続いていました。

南西、桜之門跡より。この角度も良く見かけます。三重櫓は高さ14mで再建当時の法律では旧状に基づく復元は不可能でした。
shirakawakominefukugensw.jpg

前御門を正面より。平成6年に三重櫓に続いて復元されました。
shirakawakominemaegomon1.jpg

門の内部の様子です。大手門の礎石も往時にはこの様に柱を支えていました。
shirakawakominemaegomon2.jpg

三重櫓に入ります。平成3年掛川城よりも3年早く復元された木造天守建築の走りですが、江戸幕府の政策で天守と呼べず御三階櫓と呼ばれていたため、木造復元天守1号を名乗っていません。
shirakawakominesanjuw.jpg
平成5年の建築基準法改正前の再建で建築物ではなく工作物として認可を受けたため、竣工当初内部を公開したものの法令違反になってしまいましたが、対処して再公開したのも20年前の話です。

一階内部の様子です。六間四方の規模で、南北と西面に張り出しを持ちます。
shirakawakominesanjuikkai.jpg
層塔型天守の走りで、内側の四間四方の柱が、そのまま二階の規模になってます。

復元に際して木材は戊辰戦争の激戦地である市内松並の稲荷山の杉が用いられ、順路数カ所で撃ち込まれた弾痕が見られます。これは床材の弾痕の一つです。
shirakawakominesanjudankon.jpg

その解説板です。現存建築ではないのでここでの銃撃のものではありません。
shirakawakominesanjudankonkaisetu.jpg

北側の張り出しは石垣の外にせり出て石落としを兼ねています。
shirakawakominesanjuharidasi.jpg
石落としと言っても石を投げてただけではなく、実際の戦では銃・弓・熱湯・糞尿などあらゆる手段が講じられました。

二階の様子です。四間四方の規模で東面に張り出しを持ちます。
shirakawakominesanjunikai.jpg
階段の間の柱は基礎から三階の床まで続いて支える通し柱になってます。

南側窓より、二の丸跡と市街地を望みます。白河駅が二の丸のすぐ先に見えます。
shirakawakominesanjunikaiyori.jpg

櫓内の階段も旧状の通りに急な角度で復元され、混雑時は人数制限が掛かります。
shirakawakominesanju2to3.jpg
知名度故か姫路城や名古屋城の様にエレベーターを付けろとかは騒がれてないみたいです。

三階の内部の様子です。二間四方で天守建築の最上階としてはミニマムなサイズです。
shirakawakominesanjusangai.jpg

上を見上げると天井が張られていないので棟札が見えます。
shirakawakominesanjumunafuda.jpg
駐車場といい、この三重櫓といい、公開・維持・修復に多額の費用が掛かってるのに、無料というのはちょっと頑張り過ぎな気もする充実度です。(集古苑のみ有料)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR