FC2ブログ

桜川市仙原塚古墳(?)

筑波鉄道旧紫尾駅の西南西およそ300mの街中に半壊の石室が露出したままの墳丘が在ります。字名・地番からだと仙原塚古墳であると思われますが、すぐ北に在って消滅した北椎尾天神塚古墳の発掘調査報告書では北原古墳になってますし、「北椎尾天神塚古墳とその時代」では仙原塚古墳について、かつて箱式石棺が出土したが消滅と書かれてます。

南より墳丘を見てます。左の建物は道路に面してる中村公民館です。石室は若干南南西を向いているようです。
senbaratukase.jpg
手前の3枚の大きな石も元石室材ではないかと思います。前方後円墳ならここが後円部なのでしょうか・・・。

後円部(?)を北西より見ています。周囲は民家と道路で囲まれて痕跡も皆無なので、前方部がどちらの方向を向いていたのか見当もつきません。
senbaratukanw.jpg
高さは約3mですが、公民館で削られ、北と東側は藪で平面形状も判断がつかない状態ですが、復元径は約20m位でしょうか。

墳頂には祠が並んでいます。
senbaratukatop.jpg

石室です。レンズによるものか先に訪れてる方々の画像より開口部が埋まって大分狭まってる様に見えますが、見えてる石を数えると写り方ほど差は無いです。
senbaratukasekisituf.jpg
ただ手前の玄門状の立ってる2個の石以外は動かされてます。開口部正面の角石は右側手前にあったものと思われます。

墳頂より見下ろしています。
senbaratukasekisitur.jpg

石室の内部です。下部が埋もれてるので奥壁の下は見えませんが、側壁は薄い板状の石を積み上げられてます。
senbaratukasekisituinside.jpg
奥壁と天井石の間に隙間が出来ていて、ちょっと心配です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR