FC2ブログ

印西市上宿古墳

印西市役所の東方およそ300m、大森の台地北縁に墳丘をほぼ失いつつも良好に石室が残る古墳です。

古墳は個人のお宅の敷地内で、西側の道路沿いには案内看板が設置されてます。ここでは方墳と言い切ってますが、確定してはいません。
kamijukuannnai.jpg

広いお庭の奥の竹林内に在るため、東西どちらの入口から来ても見える場所に矢印看板が立ててありました。
kamijukuyajirusi.jpg

矢印に従って竹林を進むと墳丘が見えてきます。墳丘は東西で5.5m、東西で3.8m、高さ1.2m程が残るのみで墳形不明です。
kamijukuzenkei.jpg

南向きに開口する半地下の両袖型横穴式石室の羨道と玄門を見てます。羨道の石材は基部を残して持ち運ばれてしまってます。
kamijukusendou.jpg
鉄格子の門が設置されてますが施錠はされてません。

門扉を開けさせて頂いて玄門を見てます。貝化石を含んだ砂岩の切石のみで構築され、玄室はそれを持ち送り状に積み、玄門の袖石も併せて斜めに据えられてます。
kamijukugenmon.jpg

玄室の中の様子です。奥行き2.84m、高さ2.2mで最大幅は2.08mで玄門に向かって狭まる形をしてます。人骨、須恵器、鉄器が見つかってます。
kamijukugensitu.jpg
北総地域のこの形の石室を持つ方墳との類似性から、7世紀築造の方墳である可能性が最も有力だそうです。

墳丘横に設置されてる標柱と
kamijukuhuochu.jpg

解説板です。市指定史跡になってます。
kamijukukaisetu.jpg

同じ竹林内に在る(?)と言われた円墳は探してみても見つけられませんでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR