FC2ブログ

伊勢原市心敬塚古墳 松山古墳

伊勢原市西部、子易・中川原遺跡の南の鈴川右岸の丘陵上には左岸と比べて大型の円墳が築かれてます。

高齢者総合支援センター泉心荘の西およそ290m、高取山から東へ延びる尾根の上に心敬塚古墳が在ります。

夏の終わりに行った時にはこんな感じで墳丘の在る山頂がどの辺か把握するぐらいしか出来ませんでしたが・・・
sinkeidukas2.jpg

冬場に訪れて漸く丸い形を感じる事が出来ました。南より見てます。
sinkeidukas.jpg

西隣に水道局の施設が在って、そのフェンス越しに西より見てます。僧侶で連歌師の心敬がすぐ北に在った浄業寺で没し、この墳丘の傍らに埋葬されて以来心敬塚の名で呼ばれる様になったと伝わります。
sinkeidukaw.jpg

施設への立ち入りを規制するためフェンスが有り、墳丘も上がれなくなってます。
sinkeidukaup.jpg

心敬塚古墳にはかつて数基の陪塚が山頂を囲むように在ったとされます。南東およそ150mの場所に農道から見ると不自然に耕作されない四角い場所が見えます。
sinkeidukabaichouw.jpg
過去の航空写真でも永年変わらずこの状態のようで陪塚の一つと考えられます。

横で農作業をされてたご夫婦に伺い一緒に近づくと、草に埋もれてたり、反対側に隠れてたりして石材と思われる人の頭よりも大きい石が幾つも見えます。
sinkeidukabaichousw.jpg

石をどかすのが大変でそのまま四角く残されてるのかもしれませんが、お話を聞くと上の段の畑にも昔は塚がもう1基残ってたそうで、そちらは完全に壊してしまったそうです。
sinkeidukabaichouup.jpg
でも2ヶ所以外で塚状の場所などは記憶に無いとの事でした。

心敬塚古墳の真南、ほぼ400mに在る松山古墳を南より見てます。
matuyamas.jpg

北西より見てます。現状直径約20m、高さ約5mの円墳です。「相模で一番美しい古墳」にも挙げられてます。
matuyamanw.jpg

墳丘に寄って見てますが、全周に渡り削られて裾部が垂直状になっており、周囲を巡る周溝の痕跡らしき土層から元規模は直径約34m、高さ約6mと推定されてます。
matuyamaup.jpg
その状況で埋葬施設らしき場所が見当たらないため、主体部は竪穴式で築造も5世紀より前と推定されてます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR