FC2ブログ

旧正宗寺円通三匝堂(さんそうどう)

会津若松市街地北東部の飯盛山中腹には栄螺堂の中でも最も有名な三匝堂が建ってます。長禅寺栄螺堂とは違って六角形の建物ですが一方通行の順路を進むと昇り下りで交差する事無く全体を巡って下りてくるのは同じです。オフィシャルHPも有ります。

通称会津さざえ堂で、1796年に建てられた高さ約16.5m、一辺約3.4mの規模の、まさに巻貝の様に捻られた様な特異な外観のお堂で、国指定重要文化財となってます。
entusansoudoune.jpg

西面です。昇り下りのスロープが交互に重なる二重螺旋構造で、入口が左、出口が右になってます。
entusansoudouw.jpg
維新以前の二重螺旋構造の建物では唯一のものですが、近年豊島区の鴨台さざえ堂や大分市の夢かなうぶんぶん堂などがこの堂に倣った構造で建てられてます 。

飯盛山の売店の裏から見下ろすと、庇屋根が螺旋状に廻ってるのが良く解ります。
entusansoudous.jpg
現在は銅葺きですが、昭和初期までは杮葺きでした。これは個人で維持するためには致し方無かったのでしょう。

特殊な構造なので各部位の造りも大独特な処理がなされてます。
entusansoudounoki.jpg

飯盛山参道側に置いてある説明板です。2~3分は要らないのでは?
entusansoudousetumei.jpg

唐破風を備えた入口です。龍の彫刻の絡み具合が面白いです。
entusansoudouenterance.jpg
券売所で拝観料を払ったら土足のまま上がれます。入場券を兼ねた栞のひもは外れ易いので注意が必要です。

直上に福聚海の字の扁額が。ここにも小さい龍の彫刻が付いてます。
entusansoudougaku.jpg

中に入ると正面が堂を建てた郁堂禅師の像で、賽銭箱が置かれてますが、ここも上の方で御賽銭をお供え出来て一ヶ所で回収できるようになってたそうです。
entusansoudouikudouzou.jpg
江戸時代には西国三十三観音像が安置されてましたが、明治の廃仏毀釈で運び出されました。

昇りは右回りです。説明板にある様に階段ではなくスロープになってます。
entusansoudouslope.jpg
補修した板に隙間が有ったり、虫食いで穴だらけの部材が有ったり・・・。

ここは所謂二層目の部分で平面積は狭いものの、昇りスロープと下りスロープで行き来が出来るようにもなってます。
entusansoudoucenter.jpg

一番上まで上がりきると、昇りスロープと下りスロープが太鼓橋で結ばれてます。
entusansoudoutaikobashi.jpg

スロープ部分と違って、頭上の六角形の天井にも千社札がびっしり貼られてます。
entusansoudouceiling.jpg

観音像に代わって置かれてる皇朝二十四孝の絵額の一枚と思われますが、図柄が全然見えないのに、ここだけ御賽銭が山になってました。
entusansoudounijusikou.jpg

下りスロープは左回りになります。滑り止めの木がツルツルで間隔が狭いので結構歩き難いです。
entusansoudouslope2.jpg

何故か出口付近はいたずら書きやキズがいっぱいです。どうしてこんな事ができるのやら・・・(ノ_<)。
entusansoudouexit.jpg

解説板です。これとは別に外国人向けの英字解説板も設置されてます。
entusansoudoukaisetu.jpg

実物観たら作りたくなってしまいましたが、22000円ならもう少しディテールが欲しいかなぁ・・・。
sazaedo.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR