FC2ブログ

須賀川市和田大仏及び横穴墓群

市野関稲荷神社古墳の北西およそ650m、阿武隈川を南に臨む丘陵斜面に在る横穴墓群とそれを利用した鎌倉時代の摩崖仏群です。川との間の農地にはかつて塚畑古墳が在り、出土した埴輪が市立博物館に展示されてます。

横穴墓群全景です。摩崖仏を彫られたり、奥壁付近しか残ってないものも含め約20基確認されてます。
wadadaibutuzenkei.jpg
大仏前の参道や壁面付近は常に清掃され見学し易く保たれてます。

中央の3~4基の横穴墓を削って彫られた和田大仏です。阿弥陀如来か大日如来と推定され。808年に空海の手によるものと伝わります。
wadadaibutu.jpg
胸部が削られてますが、削って飲むと母乳の出が良くなるという信仰によるものです。

1基だけ家形に周囲を掘られており、覆い屋が有ったものと思われます。
wadadaibutuA.jpg

その上の1基は上がって覗けませんが群中もっとも良好な状態で残っている様で、唯一玄門が綺麗に残っています。
wadadaibutuB.jpg

解説板です。登り口が見つからなかったのですが、この上には15基から成る大仏古墳群が分布してます。
wadadaibutukaisetu.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR