FC2ブログ

高崎市綿貫古墳群(その1)

高崎市東部、井野川右岸に分布する5基の前方後円墳と多数の円墳から成る古墳群で、かつてはその数100基を超えてたそうです。群の1基として紹介される事も殆ど無い市ヶ原1117所在古墳も分布域に含まれ、現状最南端扱いの不動山古墳との間、原子力研究所内には南南東向きで全長115mの前方後円墳で群中最大の岩鼻二子山古墳や北西向きで全長43.2mの帆立貝型前方後円墳の金堀古墳が在りました。

不動山古墳後円部南側に古墳と綿貫古墳群についての解説板が設置されてます。
fudouyamatowatanuki.jpg

不動山古墳を南西より見てます。平成になって高崎市指定史跡となりましたが、昭和中期に土取りのため前方部は基部を残して削られ、一時は何棟もの建物が建ってました。
fudouyamasw.jpg
北側は造り出しが確認され土師器坩や壷が出土し祭事場であったと推定されてます。また道路になった南側と対照的に周溝跡が良く残ってます。

後円部墳頂と上州綿貫不動尊堂の様子です。全長94m、高さ約10mの西南西向きの前方後円墳ですが、不動尊堂を建てるのに墳頂を1.5mほど削られたと推定されてます。
fudouyamartop.jpg

不動尊堂の裏に置かれてる凝灰岩製の刳抜式舟形石棺です。覆屋で保護されてます。
fudouyamasekkanl.jpg

身部のみ残っていて、しかも大分削れてしまってますが、両端に縄掛突起はしっかり残ってます。
fudouyamasekkanr.jpg

不動尊参道の階段脇に中空を向いて設置されてる解説板です。
fudouyamakaisetu.jpg

不動山古墳の北東およそ100mに在る岩鼻村18号墳を東より見てます。直径約20m、高さ1.5mの円墳で墳丘上は墓地になってます。
iwahanamura18e.jpg

続きます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR