FC2ブログ

市原市御蓙目浅間(ござめせんげん)神社古墳 平田古墳

JR内房線五井駅から更科通りをおよそ1km進んだ交差点の北東側、五蓙目阿波須神社の社殿の裏に石を積まれた塚の上に浅間神社が窮屈そうに祀られてます。これが御蓙目浅間神社古墳です。

南側参道より見てます。現状直径約6m、高さ約2mの塚状ですが、更科通り拡幅前の発掘調査により全長約30.5m、高さ約3mの西向きの帆立貝型前方後円墳であり、その周囲に幅4.5~6mの周溝が有る事が判明してます。
gozamesengenjinjas.jpg

北東より見てます。塚に転用された際に石を集められ古墳らしさは損なわれてますが、この角度で見ると残丘状態でも最も旧状を偲ばせてくれます。
gozamesengenjinjae.jpg
調査時に既に後円部中央を残すのみでしたが、前方部付近の周溝から円筒埴輪や人物・動物などの形象埴輪が出土し、一部は市原市埋蔵文化財調査センターの電脳展示室で紹介されてます。

西側くびれ部付近より後円部を見ると通り側は更に削られて、前方部は歩道から交差点になってます。調査時にこの辺りで墳丘を切って、盛土状況が調べられてます。
gozamesengenjinjaw.jpg
市原市埋蔵文化財調査センターの遺跡ファイルに発掘中の模様が紹介されて、ほぼ同じ角度でストリートビューでも比較できます。

平田古墳は御蓙目浅間神社古墳の西およそ310mの墓地の中に現状保存されてる小円墳です。
hiratase.jpg

南西より見てます。直径約8m、高さ1.8mの規模の古墳、もしくは経塚転用の古墳と推定されてます。
hiratasw.jpg

かつては平田古墳群とされてましたが、現在は一辺約10m、高さ約2.5mのこのマウンドは近世の三山塚と判断されてる様です。
hirayasanzan.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR