FC2ブログ

浅川町染(そめ)古墳

磐城浅川駅の北北西およそ1.6km、社川を南に見下ろす丘陵上の染縁満虚空蔵様は7世紀に築かれた古墳の横穴式石室の中に祀られています。

腰まである藪と苔むした長い木の階段を克服すると左手前方に覆屋(鞘堂)内にむき出しになっている石室が見えてきます。
somesekisitu.jpg
内部はL3.07m×W1.78m×H1.75mの広さで、町の有形文化財に指定された虚空蔵菩薩像が鎮座しています。

後世に石材には梵字が彫られるなどし、平成になった頃には風雨に晒されていて崩壊寸前だったそうで、鉄骨やコンクリートで補強され、改変が激しいです。
somekokuzou.jpg
かつて浮浪者が住み着きだし、良くないと格子戸で開口部を塞いだところ村内に災難が続き、撤去するとすぐ収まって村人は信仰を深めたそうです。

開口部の細かい石材も固められてますが、この白さと脆さはもしかして石膏ではないでしょうか?
somehoshu.jpg
本来はコンクリートの壁部分も切石の積層だったようです。

よく見ると覆屋の外側、まだ封土が残ってる部分には石材が少しづつ露出してます。
someuragome.jpg

石室前に立ってる説明板です。およそ600年前から信仰の対象とされている様です。
somekaisetu.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR