FC2ブログ

吉岡町滝沢古墳

滝沢古墳は関越道のルート上に在った円墳で、町役場の南庭に移築復元されています。

役場西側の道路からフェンス越しに解説板と二段築盛で葺石の施された墳丘が見えます。右手はすぐ吉岡川です。
takizawaw.jpg

上の画像右端、墳丘南東側に立てられてる史跡碑です。
takizawasekichu.jpg

南より見てます。直径約12m、高さ約2mの小規模の円墳ですが、前庭・羨道・玄室の構造がとても解り易くなってます。
takizawas.jpg
こう見ると武者兜みたいに見えてきます。

周溝もしっかり復元されてその様子を見て取れます。幅や深さが元のままかどうかは判りませんでした。
takizawashuko.jpg

両袖型横穴式石室には通常施錠されてますので格子戸の隙間より羨道を見てます。
takizawasendo.jpg
羨門から奥壁まで約5.5m有るのでフラッシュを焚いても奥まで光が届きません。

玄門をアップで見てます。玄門以外は自然石をそのまま積み上げて構築され、L約2.7m×W約1.8m×H約1.7mの広さです。
takizawasekisitu.jpg
見えていませんが壁下半分は浮石室角閃石安山岩で、上半分は硬質安山岩で積み上げ分けてやや持ち送っているそうです。

解説板は道路側を向いてますがフェンスとガラスで保護され、距離や段差もあるので近寄らないと読めません。
takizawakaisetu.jpg
古くに開口していたため刀子など僅かな副葬品しか残っていませんでしたが、構造などから7世紀中頃の築造と推定されています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR