FC2ブログ

水戸市愛宕山古墳群

JR常磐線水戸駅の北西およそ3.5km、那珂川右岸の台地上には前方後円墳2基、円墳5基から成る愛宕山古墳群が分布していましたが、現存するのは2基のみです。

盟主墳である愛宕山古墳を南面社務所の前より見てます。巨大な後円部が良く見えますが、墳丘が大きいので右手の前方部まで全体は見渡せません。
mitoatagos.jpg

階段の脇に設置されてる市教育委員会による解説板です。全長約136.5m、高さ約10mの南東向きの前方後円墳で、県内第3位の規模で国指定史跡となってます。
mitoatagokaisetu1.jpg
付近には約23m幅で周溝状に民家が建ち並び、中から埴輪や須恵器が出土して、6世紀初頭の築造と推定されています。。

後円部墳頂には愛宕神社が鎮座してます。ですので主体部の調査等は行われていません。
mitoatagortop.jpg

後円部より前方部を見てます。
mitoatagortof.jpg

前方部で180度振り返って後円部を見てます。
mitoatagoftor.jpg

前方部端には古墳と神社についての概要が貼られています。
mitoatagokaisetu2.jpg

北側に廻って墳丘を横から見てます。右が後円部で、左が前方部です。
mitoatagon.jpg

愛宕山古墳の南南東およそ75mに馬塚古墳が残ります。史跡碑が墳丘南側に設置され、簡単な解説が横に彫られてます。
mitoumadukasekihi.jpg

南より見てます。直径約14m、高さ約2mの円墳です。旧駐車場歩道で囲われてるのですが、その歩道が廃墟状態です。
mitoumadukas.jpg
墳丘の奥に愛宕山古墳が見えてます。

北東より見てます。愛宕山古墳側が直線状に削られてます。
mitoumadukane.jpg

馬塚古墳の東に建ってた水戸生涯学習センターも被災して解体され、現在は広大な空き地になってしまった古墳群跡です。
mitoatagokofunato.jpg
解体に伴う調査で円墳3基の周溝が確認されてます。

水戸生涯学習センター跡地北西側台地の中腹に在る一杯山稲荷神社の土台になってる円墳状のマウンドです。
mitoippaiyama.jpg
那珂国造(なかくにのみやつこ)の古墳(愛宕山古墳と考えられています)を築く際に作業員が毎朝食前に一杯づつの土を盛って出来たと伝わり、二段築盛と見ると直径は20mを越えます。何故盛ったかは不明ですが、こういうのって陪塚には入らないのでしょうか・・・?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR