FC2ブログ

白河市下総塚古墳

JR東北本線久田野駅の南東およそ3.2km、阿武隈川右岸の段丘上に築かれた古墳です。古くから埴輪が並ぶ古墳として知られていて、円筒埴輪に人物や家、翳などの形象埴輪が出土してます。北西隣の舟田中道遺跡や北に離れた谷地久保古墳・野地久保古墳と共に国指定史跡「白河舟田・本沼遺跡群」となってますが、解説板を設置しただけで整備されてはいません。

南西より見てます。全長71.8mの西向きの前方後円墳で、中央が前方部で右奥が後円部になります。
simousadukasw.jpg
周囲に幅約5mの周溝が巡っており、南面に1ヶ所と北面に3ヶ所のブリッジが見つかってます。

西より前方部端を見てます。低いものの二段築盛の様子は残ってます。何故か周溝と生える草が異なりマウンドが際立ってます。
simousadukaw.jpg
北関東でよく見られる幅の広い基壇はこの位置では55mを越えるので入り切りません。

ところが前方部に上がると墳丘は調査で大きく抉り取られ窪んでます。特に奥側の後円部が酷い状況です。
simousadukaftor.jpg
巨石も転がってますが想像以上にガッカリです・・・。

後円部で180度振り返って前方部を見てます。削られて低いので、幅広い土手越しに西の水田を見てる感じです。
simousadukartof.jpg

ここにL約7m×W約2mの南南西向きの横穴式石室が有りました。玄室の長さは約4.6mで、羨道からは閉塞石と思われる川原石がまとまって見つかってます。
simousadukasyutaibu.jpg
上部は調査前に失われていて室内高は不明です。

石室奥壁のすぐ北側、後円部中央のかつては墳頂だった場所には小塚状に石材が集められてます。
simousadukartop.jpg
発掘中の写真でも見られますが・・・?

墳丘西側に設置されてる解説板です。舟田中道遺跡は痕跡すら見えません。
simousadukakaisetu.jpg
北側墳丘の下に大きな円墳が築かれた様にも見えますが竪穴住居しか報告されてません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR