FC2ブログ

太田市二ッ山古墳群

東武桐生線治良門橋駅から県道78号線に出て北西に向かい、菅塩町交差点を左折しておよそ500m進むと、道の両側に前方後円墳が在ります。これが二ッ山古墳群です。かつては周囲にも円墳が在りましたが、県の指定史跡になった2基のみを残して消滅してます。

まず道路の北側に二ッ山古墳の史跡碑が建ってて、奥の標柱と解説板越しに墳丘が見えます。
futatuyama1sisekihi.jpg

南西より見てます。二段築成の墳丘が良く残り、手前は周溝の跡です。
futatuyama1fullsw.jpg

基壇の端より上段を見てます。前方部を赤城山山頂のある北西に向けた墳長74m、高さ6mの規模で、周囲に幅10数m~20m以上の周溝が有ります。
futatuyama1sw.jpg

前方部より後円部を見てます。墳頂から家形埴輪が出土してます。
futatuyama1ftor.jpg

後円部で180度振り返って前方部を見てます。今は埋もれて殆ど見えてませんが葺石が確認されてます。
futatuyama1rtof.jpg
前方部は後円部よりもやや広く6世紀後半から7世紀初頭にかけて築造されたと推定されてます。

後円部上段南西面に半地下式で無袖型横穴式石室が開口してます。開口部の木製格子戸が壊れ土砂が流れ込み、中に入るのは困難です。
futatuyama1sekisitu.jpg
両脇に朝顔形埴輪が据えられ、ここを囲う様に約8m×約7mで四角く円筒埴輪が並べられてました。

中の様子です。L約7m×W約2m×H約2mの広さです。解説板で触れられてるほど側壁の上下で石材の大きさの違いは感じられませんでした。
futatuyama1sekisitunaibu.jpg
中から刀類・武具・馬具・金環・鈴・須恵器などが出土してます。

その円筒埴輪囲いの表示のすぐ南側には外された石材も置かれてます。5年前に訪問された北村さんちの遺跡めぐりさんでは格子戸が開口部よりも奥の方に有る様に見え、もしかしたらその後に外されたのでしょうか???
futatuyamasekizai.jpg
この他基壇上には円筒埴輪列が二重に巡り、一部には人物・馬形埴輪も並んでました。

後円部南側に設置されてる解説板です。
futatuyama1kaisetu.jpg

2号墳は1号墳の主軸線上道路を挟んで南東側に在ります。
futatuyama2sisekihi.jpg

北側道路より見てます。西向きの墳長約45m、高さ約6mの規模で、周囲に幅10m程度の周溝が全周してるものと推定されてます。
futatuyama2nw.jpg

前方部より後円部を見てます。こちらも葺石が確認されてますが現状殆ど見受けられません。
futatuyama2ftor.jpg

後円部で180度振り返って前方部を見てます。
futatuyama2rtof.jpg

後円部南面にL約7m×W約2.8m×H約2m横穴式石室が開口してましたが、現在は埋め戻されて僅かな窪みとなってるだけです。
futatuyama2syutaibu.jpg

2号墳の解説板です。出土してる円筒埴輪や人物埴輪などから1号墳と同じ時期でその直後に築造されたと推定されてます。
futatuyama2kaisetu.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR