FC2ブログ

府中市武蔵府中熊野神社古墳

中央道国立インターから国道20号線(甲州街道)に入って新宿へ向かいおよそ700m、西府町二丁目交差点の北東側に築造時に復元・整備された上円下方墳が在ります。

東より見てます。三段築成で、切り石で囲まれてる基壇は一辺32mですが50cm程の高さでこの画像でも上面しか見えてませんが、コンクリートの土留めにしか見えず、言われないと上の二段だけが墳丘に見えてしまうかもしれません。
fuchukumanoe.jpg
その上に一辺23mの中段、直径16mの上段を築いて葺石を施しており、調査前は約5mの高さでしたが復元高は高麗尺を用いたと想定して約6mになってます。

北面を見てます。調査前は神社裏の円墳と思われてましたが、参道・社殿・鳥居を結ぶ南南西向きのラインと揃ってない南南東方向に主軸を振った上円下方墳と判明しました。
fuchukumanonmen.jpg
築造は7世紀中葉の武蔵国府が置かれる直前と推定されてます。

西より見てます。右側は甲州街道を向いてる熊野神社です。本殿は基壇に載る形で建てられてます。
fuchukumanow.jpg
この様にすべての角度で基壇は把握し辛いです。古墳なうさんが発掘前の状況とともに西面中段の旧来の葺石と、復元時に用意された葺石の色の違いを紹介されてたのですが、夕陽で全然区別つきません・・・。

L約8.7m、×W約2.8m×H約3mの広さで3室構造の横穴式石室が中段南面に開口し、鞘尻金具、刀子、玉類などが出土してますが埋め戻されてます。甲州街道沿いに建てられてる武蔵府中熊野神社古墳展示館でレプリカの見学は出来ます。
fuchukumanosmen.jpg
関東大震災前は石室に入れたとも伝わりましたが、埋まってから久しく、調査前は近世の塚の可能性も考えられてました。

来る新年が皆様にも良い年になりますように・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR