FC2ブログ

静岡市賎機山3号墳石室見学会

この前の日曜日はいつもは格子戸越しに見学できる賎機山3号墳石室の門扉が解放され石室内に入る事が出来ました。

時間より少し早く着きましたら、西側の階段からの上り口にラミネートの案内表示をどう掲示するか試行錯誤されてる途中でした。
siauhatakoukai01.jpg
雨が降って来てテープで貼れず、椅子につけたらびしょ濡れになるのでこうなりました。

墳丘前に行くと早めに開けたとの事で羨道は満員、玄室に入ると撮影の邪魔って感じになってました。
siauhatakoukai2.jpg
照明の色でさも弁柄が良く残ってる様に見えますが、色も表面の剥離も凝灰岩の風化でこうなったという説明。だから開けときたくはないんだけど…との事でした。

玄門の外側に記念撮影の様に並んで無人の玄室を撮影。まぁ開始時刻の混雑時だけの事で、誰も急がないので別に雰囲気はギスギスしてませんでした。
siauhatakoukai03.jpg

外からは重なって良く見えない側面の縄掛突起も触れられました。
siauhatakoukai04.jpg

左壁側の袖石です。人物大の大きいサイズです。
siauhatakoukai05.jpg

右壁側の袖石です。上部の重なり部分だけ直線状に加工されてます。
siauhatakoukai06.jpg

袖石よりも更に大きいまぐさ石の上に石を積んで、その上に天井石が渡されてます。
siauhatakoukai07.jpg

奥から見た天井の様子です。一番重い石は14tも有るそうです。
siauhatakoukai08.jpg

同じく石棺の奥側の様子です。この辺では見終わった人は出て、皆で奥壁前から見てました。
siauhatakoukai09.jpg

裏側で通常見えない妻側の縄掛突起です。
siauhatakoukai10.jpg

最後に奥壁です。高さが3.9m程有って、通常全体を見渡すことが出来ません。
siauhatakoukai11.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR