FC2ブログ

高崎市元島名将軍塚古墳

将軍塚という名の古墳は全国に幾つもあるので、地元以外で一般的には区別するためのに元島名将軍塚古墳と呼ばれてます。
関越道と北関東自動車道の高崎JCのすぐ西に在る南東向きの前方後方墳です。全長約90m、高さ約8.5mを測ります。

これは北東より見た全景で、左が前方部で右が後方部です。葺石や埴輪がなく5世紀初めまでには築かれたものと推定されてます。
motoshimanane.jpg

後方部北側を近くから見たところで、隣の建物と比べても高さがある事が解ります。昭和55年の調査では周溝より底の無い二重口縁壺が落下してきてるのが見つかりました。
motoshimananw.jpg

後方部南側にある解説板です。この図でも明瞭ですがくびれ部が削平されて後方部と前方部が分れた様になってしまっており、前方部上には島名神社が建立されその参道のために後方部南側も削られてます。
motoshimanakaisetiban.jpg

前方部に建立された島名神社です。
motoshimanashimanajinja.jpg

後方部墳頂より見た前方部です。外側は奇麗な後方部の中央が凹んでる様子が解ります。明治44年にここの下2.1mから粘土槨が発見され、中から人骨の他に鏡や石釧が見つかりました。
motoshimanaftor.jpg
二重口縁壺や石釧と言えば先に記事にした郡山市大安場古墳ですが、推定築造時期・墳形・出土物と類似点が多いのも気になります。

削られたくびれ部より見た前方部で、左奥を見ると基壇の高さで均されている事が判ります。
motoshimanartof.jpg

こちらはくびれ部基壇南側、神社の参道脇にある大きな板石です。主体部は粘土槨との事ですが、この石材については由来も何も書かれてませんので大変気になる存在です。
DSCF6497_convert_20181031204137.jpg

現在高崎市としては同一古墳群としてないようですが、西側の井野川沿いに南東に向かって古墳が何基も現存しています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR