FC2ブログ

石岡市宮下古墳(前編)

石岡市旧八郷町、下林五霊古墳群の西南西およそ800mの台地上に香取神社が鎮座します。
yasatomiyasitakatorijinja.jpg
社殿はまだ新しい様に見えますが、参拝する人が殆どいないのか境内は手入れが行き届いていない様に見えます。

その社殿の北側に在るのが宮下古墳です。神社境内北端に残る単独の古墳として遺跡登録されてる、現状直径約10m、高さ約2mのフライパンを裏返した様なマウンドです。
yasatomiyasitas.jpg

南西より見てます。墳丘と社殿の間には御神木と思われる杉が聳えてます。何ヶ所かに石祠が祀られていて足元とかにも板石が見られます。
yasatomiyasitaw.jpg
yasatomiyasitagosinboku.jpg
境内は土塁で囲まれ、他にも石碑等と思われるも大事にされてないで倒れてる板石などが有って、古墳由来かどうかも不明です。

拝殿の東側裏手に、以前の社殿で礎石に転用されていた石棺材が並べられてます。
yasatomiyasitasekizai.jpg
現在の社殿はコンクリートの基礎で建てられてます。

公式には古墳群とされてませんが、神社の南側には明らかな古墳や、怪しいマウンドがいくつも存在し古墳群を形成していた可能性が高いです。

鳥居を潜って参道を南に50mほど進むと石仏が祀られた小マウンドが参道西側脇に在ります。
yasatomiyasitaAse.jpg

南西より見てます。直径約2.5m、高さ1.2m程で、正直これ1基だけだと古墳の可能性を考えもしませんが・・・。
yasatomiyasitaAsw.jpg

そのすぐ西にほぼ同じ様な小マウンドが東向きで小石室を開口させたまま残されてます。
yasatomiyasitaBse.jpg

残ってるのは玄室の奥半分程と思われ、板石を組んだL約1.5m×W約1m×H1m強の室内に石仏が祀られてます。
yasatomiyasitaBsekisitu.jpg
主軸方向の先は筑波山山頂になります。

北西より見てます。現状直径約3m、高さ約2m程の規模ですが、石材の周りが残るだけで元の規模は数倍は有ったと思います。
yasatomiyasitaBsw.jpg

他にも古墳らしき場所が付近に見られたので続きます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR