FC2ブログ

富士市伊勢塚古墳

東名高速富士インターチェンジから国道139号線/西富士道路を南下してすぐ、伝法小東交差点の南西のエリアには付近に分布していた伝法古墳群のA支群が分布していましたが、墳丘が残るのはここだけの様です。

交差点の南西およそ50m、玄龍寺本堂の裏側に街中としては大きい円墳が残されてます。
fujiisedukasw.jpg

境内の西を通る県道181号線より北西面を見てます。直径54m、高さ最大8mの二段築盛の円墳で、基壇上は墓地が造られて一見狭まって見えますが、それでも上段だけでも径40mほどが見えています。
fujiisedukanw.jpg
墳丘には葺石が施され円筒埴輪列が確認され6世紀初頭の築造と推定されてます。

墳頂の様子です。お堂の周りの平坦面はほぼ往時のままの広さです。
fujiisedukatop.jpg

その南東側には史跡碑が建てられてます。
fujiisedukasisekihi.jpg

お寺の入り口、右側の塀の上に設置されてる解説板です。帆立貝形の周溝を持つ円墳として珍しいケースであると紹介されてます。
fujiisedukakaisetu.jpg
墳丘東側の墓地で部分的に周溝の発掘調査がされ、幅7~8mの周溝を持ち南側で周溝外縁が墳丘から離れて行ってると思われる発見があって図の様な考証がされてますが、墳丘南面である本堂の下は未調査なので、充分削平された前方部の可能性は有ると思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR