FC2ブログ

下野那須神田城

那珂川町小川の市街地の南西、首長原古墳の南側およそ350mで、交差点やパチンコ店の名前にもなってる神田城は貴重な平安時代の城郭遺構で、国指定史跡になってます。

国道の南側の「扇の館」という食堂と公衆トイレの有る駐車場の奥に県教育委員会による解説板が設置されてます。
nasukandajokaisetu1.jpg

源平合戦の一つ、屋島の戦いにおける「扇の的」で有名な那須与一は、藤原 資家の子孫11代目当主でこの城で産まれたとも言われ、解説板の横にはその姿を彫られた石碑が立ってます。
nasukandajoyoichihi.jpg
記録・伝承上では与一自身が家督を継ぐ前に那須氏は移動して廃城になったとされます。

解説場の背後に堀を隔てて高さ5m以上有る土塁が巡ります。ここが神田城北東の隅部になります。
nasukandajone.jpg
構造は長方形の単郭構造の平城で、遅くとも1125年頃までには築城されたものと推定されてます。

周囲には幅約10mの堀で囲まれてます。北面の堀の中は今でも東の那珂川(権津川)に向けて水が流れていますが鳥居から土塁側に渡る事が出来ます。
nasukandajoNhoriato.jpg

北側の土塁は残存状況も良く、その上は約2mの幅が有ります。
nasukandajoNdorui.jpg

北西の隅には神田稲荷大明神が鎮座してます。歩けるようになってるのは参道付近のみで、左奥の社殿裏はすぐ藪になってます。
nasukandajokandainarijinja.jpg

土塁の上にも別の解説板が設置されてます。
nasukandajokaisetu2.jpg
西側の土塁の一部が崩され、民家となってるお庭にも史跡碑と一緒にもう一種類別の解説が有るのですが、訪問時お留守でした。

土塁の内側は南北117m×東西66mの広さの長方形の曲輪で、現在は水田になってます。水田化の際調査されてますが築城時期を含め目ぼしい遺構・遺物は見つけられてません。
nasukandajoinside.jpg
北東の隅から南西を見ていて、左側南面の土塁には虎口跡で切れてて、右側西面の土塁が取り払われてるのが見えます。

東面の土塁外側を南より見てます。戦国の城の様に横矢を掛ける為の折れは無く直線状で、古い城なのは明らかですが時代にそぐわない立派過ぎる土塁とも言われます。
nasukandajoEdorui.jpg
もしかしたら堀で出た土を盛って元々在った古墳を繋いで築かれてたりして・・・。500m東には吉田温泉神社古墳群が分布し、そちらにも古墳に混じって突出部付方形館跡が見つかってます。

そのほぼ中央に虎口が開き、この東側に二重の堀が有ったと伝わってて、大門跡と伝わる事から大手口である可能性が謳われてましたが、発掘調査では後世に削られたもの推定され南側の土塁の中央に見られる欠損部が大手と推定されてます。
nasukandajoEkoguchi.jpg

蛭田富士山古墳群に画像追加、追記しました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR