FC2ブログ

ひたちなか市三反田(みたんだ)古墳群(前編)

ひたちなか海浜鉄道中根駅の南西側、那珂川を南に見下ろす台地上に分布する古墳群です。本当は状況が変わってるのが分かっているので記事にする前に撮影したかったのですが、このご時世で再訪する訳にもいかず、しかもパソコンで画像ファイルをサムネで見られるものの開けられたりエラーになったりし始めたので、書ける間に書いとこうと思います。

県道38号線から三反田小学校のプールの西側を南に入り、学校沿いに真っ直ぐ進んで自然林に入ると右手に墳丘が見えます。1号墳の後円部を東より見てる事になります。
mitanda1re.jpg
かつては多数の墳丘で幾つかの支群を構成していてた事から羽黒1号墳とも呼ばれます。

南東より見てます。同じ向きで木を伐採した後の様子をぺんの古墳探訪記さんが紹介されてます。
mitanda1sw.jpg
全長30m、高さ4mの北西向きの前方後円墳で、周溝跡の上の陽が差してる部分が後円部で、左奥に前方部が続いてます。

2号墳の近くより後円部南面を見てます。訪問時は前方部はほぼほぼ藪で隠れていて、しかも引いて撮影する事が出来ません。
mitanda1s.jpg
1号墳では埴輪が見つかって6世紀後半の築造と推定されてます。

前方部より後円部を見てます。墳丘の周囲は藪が激しいものの墳丘上は比較的草が少なかったです。
mitanda1ftor.jpg

後円部で180度振り返って前方部を見てます。前方部の方が1m程高く、軸線上を後円部から上がるともう一段見上げる感じです。
mitanda1rtof.jpg

1号墳後円部の南に在る2号墳を北より見てます。全長23m、高さ1.5mの西南西向きの前方後円墳です。埴輪が無いので7世紀前半の築造と推定されてます。
mitanda2n.jpg
1号墳の周溝跡に続く様にくびれ部の上を獣道が続いてて、右が前方部で左が後円部です。

1号墳前方部の北西すぐに在る3号墳を南より見てます。直径17m、高さ2mの円墳です。
mitanda3s.jpg
墳丘の周りで埴輪片が採集されてます。西に3基で並んでいた11、12号墳は削平されてますが箱式石棺の存在が謳われてます。

小学校のプールの南に在る5号墳を東より見てます。現状直径約6~7m、高さ約1mの残丘状で、西向きに祠が祀られてます。元々は直径15m以上の円墳であったと推定されてます。
mitanda5e.jpg
ここだけ学校のフェンスの代わりに鳥居が建ってて参拝できるようになってますが場所が場所なので東面など確認しに入っていません。

続きます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR