FC2ブログ

柏市オッコシ古墳群

オッコシ古墳群は北ノ作古墳群の西南西およそ750m、手賀沼を北に見下ろす台地上で、手賀の丘公園の北西部に分布する前方後円墳1基、方墳1基、円墳6基から成る古墳群です。まずはいつものやっつけ分布図です。
okkosibunpuzu.jpg
青い墳丘は少年自然の家及びその駐車場整備までに削平されたもので調査歴不明です。緑の6基が現在認められる高まりですが、円墳はどれも直径3~8m程の小円墳ばかりで、前方後円墳を含め全基高さは1m未満です。

唯一の前方後円墳であるAの墳丘を南より真横から見てます。西向きで全長10m強、高さ約50cmほどの規模で右が後円部で左が前方部です。
okkosiAs.jpg

前方部より後円部を見てます。
okkosiAftor.jpg

後円部で180度振り返って前方部を見てます。前方部の方がやや高く、県の分布調査時には前方部だけ円墳として認識されてた様です。
okkosiArtof.jpg

墳丘北面はどこまでが墳丘だか判別が出来ない程なだらかに続き、奥にあるBの墳丘の方が目立って見えるほどです。
okkosiAn.jpg
もしかしたら前方後円墳の中でも最小の規模なんではないでしょうか・・・?

群の中央を通る遊歩道沿いで、ログトイレの北東側に在るBの墳丘を南東より見てます。公園内を少年自然の家北側を抜けてやって来ると最初に目に入る墳丘です。
okkosiBse.jpg
墳頂に注意書き看板が立てられてしまってますが、こっちが古墳で明るくなってる左端のマウンドは古墳ではありません。

北東より見てます。房総の古墳を歩くでは地面ギリギリから撮影してるのでもっと高く見えてます。
okkosiBne.jpg

北西より見てます。右奥のフェンスの先が少年自然の家の敷地で、公園内とは行き来は出来ません。
okkosiBnw.jpg
直径約6m、高さは50cm位でしょうか・・・。

Bの墳丘から見て遊歩道挟んで向かい側に在るCの墳丘を南西より見てます。遊歩道東側の3基は草刈りもされず、夏場は全然見えないかもしれません。
okkosiCsw.jpg

北西より見てます。直径約4m、高さ約40cm程の規模です。
okkosiCnw.jpg

Aの墳丘と遊歩道を挟んで軸線上の先方向に在るDの墳丘を南西より見てます。
okkosiDsw.jpg

西より見てます。群中最小で直径約3m、高さは30cm有るかどうか・・・。
okkosiDw.jpg

Aの墳丘のすぐ北に在るEの墳丘を南東より見てます。右奥の空き地には手賀沼を一望するにはちょっと難が有った大展望台が建ってましたが、東日本大震災で損傷後撤去されてしまいました。
okkosiEse.jpg

北東より見てます。直径約8m、高さ約70cm程の規模で、群中最も古墳らしいマウンドです。
okkosiEne.jpg

他の墳丘よりやや離れて台地北東端に在るFの墳丘を西より見てます。すぐ北西側に泉揚水機場が有り手賀沼の水をくみ上げてて、遊歩道の下を恐らくその配管が続いてるものと思われます。
okkosiFw.jpg

北より見てます。規模はEの墳丘と変わらないと思いますが東側は手摺から先が崩落しており、墳丘も若干小さくなってる様に見えます。
okkosiFn.jpg

オッコシの名は古墳群だけのものでカタカナで伝わり、字名にも無くて教育委員会の方でも漢字での表記&語源は不明だそうです。
(20/10 追記)
少年自然の家建設に際して調査されたエリアは石揚遺跡となってます。コメントにて未見だった当該遺跡の報告書内で触れられてる旨を教えて頂き、図書館をハシゴして探してみました。ただ石揚遺跡の報告書は3冊に分かれ、情報量が多いので調査の順番や名称などの扱いの差異についての記述までは探せず、要約して転載された報告書と読み合わせて簡単にまとめます。

やっつけ図で少年自然の家の西側に突き出た建物付近で6基の方形の墓と推定もう1基の周溝の隅部、造りかけで止められた計画プランと思われる溝が見つかりました。オッコシ古墳群の様に約1mの高さの墳丘を持っていた2号墓を含む1~5号墓は弥生時代末期から古墳時代初頭にかけて築かれた方形周溝墓でしたが、最も南東で見つかった1基は撹乱に合ってたものの軟質砂岩の切石積みの竪穴式石室が検出され古墳である事が確認されました。

石揚遺跡6号墳
一辺9mの方墳で幅約1m、深さ約30cmの周溝を持つ。中央に撹乱を免れた竪穴式石室の側壁の基部北側部分が見つかり、残存長1.4m、幅は85cmを測る。周溝内から高台付きの長頸壺が1点出土したものの混入品と推定される。
isiage6.jpg
調べた千葉県文化財センター的にはオッコシ古墳群は方形周溝墓群の可能性が高いとし、古墳群としては片山古墳群西端の1基と想定されてます。

一方調査区域南端の円墳についてはその殆どが区域外である事から周溝と想定しつつも名称も付与してません。

石揚遺跡052円墳
直径10m前後の円墳の幅約1.2m、深さ約0.5mの周溝の一部を検出、甕・坩・高坏の破片が出土。
isiage052.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

参考になります!

ここは実際訪れても何処が古墳かよく分からなかった場所だったので、ブログを拝見してよく分かりました。やはり墳丘が低いんですね。

No title

Yukio様、初めまして。

そうなんです、ここは分布図無しでは西側の2~3基が見つかるのがやっとで、昨年発行された「柏市史(原始古代中世 考古資料)」に隣の片山古墳群が載り、恐らくそれに伴う確認調査が行われたと思われ、その結果がちゃんと管理されてるのでようやく位置も判明し、5基と言われてるところ6基目のマウンドも見ることが出来ました。

ありがとうございます!

そうだったんですね。このブログを参考に再チャレンジさせて下さい!この墳丘の高さだと、冬が良さそうですね。
今後とも、よろしくお願いします!

No title

Yukio様こんばんは。
ちょっと今日中は無理なんですがオッコシ・片山古墳群の頂いた分布図お送りしますのでご活用いただければ幸いです。
こちらこそ、どうぞよろしくお願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

閲覧者A様こんばんは。
石揚遺跡の報告書情報どうも有難うございます。
市としては沼南町と合併後情報を整理し、纏める意味もあって詳細な遺跡地図を作っていて南側の2基も群に含めて扱ってるみたいですが、調査には関わってない為か詳細まで把握されてないらしく、また調べた側では遺跡名でのみの扱いだから検索してても全然引っかかってませんでした。

半円の遺構は駐車場で掘り下げた部分のみの調査で間違いないでしょうし、方墳も石棺が出てるなら混同はされてないとは思うのですが片山古墳群の西端で少年自然の家の近くには(オッコシ古墳群とは距離がありますが)方墳が2基現存しているので、ちょっと注意深く読んでみようと思います。1~5号墳がどれかも大変気になります。

できれば両古墳群に番号を振った際の資料も探してるのですが・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

閲覧者A様こんばんは。
方形周溝墓と連番の可能性も有りますね。ただ方形周溝墓と認定された遺構は弥生式土器が出土してて、以前郷土資料館で展示もされてた(つまり市で保管)ので~号墳では呼んでないハズと認識してました・・・。
記事の分布図のFの墳丘がいつから加わったかちょっと不明なのですが、以前は5基の古墳群とされてたので県側では古墳としての遺構を群の通し番号にしたのかもとも考えましたが、遺跡名を変えて連番にする例はちょっと思い出せません( ^_^A。
報告書を見た後で文化財センタ-の担当された方にお聞きできれば確実なのですが・・・。
プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR