FC2ブログ

袖ケ浦市雲塚台古墳群 念仏塚古墳 関戸古墳?

雲塚台古墳群は東台古墳の南南西およそ950m、地蔵寺の北東側裏手に分布する円墳2基から成る小古墳群とされてます。

北東より分布域を見てます。分布調査時には左右に径10m・高さ3m級の円墳が2基並んでいたハズですが、現在は直径30m以上の大きいマウンドに成長しています?
kumotukadaise.jpg

現状は南南東側にこの様に前方部状のスロープが続き、何も知らないと全長50m程の前方後円墳に見えてしまいます。
kumotukadais.jpg
確認調査が行われた昭和中期の航空写真でも同規模・同形の樹木に覆われたマウンドに見えます。

墳頂(?)はフカフカで、雨に打たれてるにしても版築された様には見えません・・・。切り株が有るのでこのマウンド上に2基の小円墳が在ったと言う事も無さそうです?
kumotukadaitop.jpg

雲塚台古墳の南東およそ300mに在る念仏塚古墳を南西より見てます。以前は名称の頭に「岩井」が付いてました。
iwainenbutudukase.jpg
ちば情報マップでは念仏塚遺跡の反対側に径5m、高さ5mの円墳として記載されてますが・・・。

現状直径約6m、高さ約1.5mの円墳です。未発掘ですが近くから須恵器が発見されてます。
iwainenbutudukasee.jpg
航空写真だと13m四方の耕作から取り残された範囲が元の規模で墓地側が半分に削られてる様にも見えますが近くで見ると多少削平されてるにせよ元々小規模で形の良く残るマウンドに見えます。

これは雲塚台古墳群の北東およそ200mに在るマウンドです。この位置で古墳として記載する資料にはお目に書かれてませんが、周囲は雲塚台古墳群の2基も含む大塚台遺跡の範囲です。北東より見てます。
sodegaurasekidon.jpg
現状畑中の角地に残されてる直径約10m、高さ約2.3mの円墳です。

円墳3基の岩井大塚台古墳群の1号墳とされてる方もいらっしゃいますが、西側に在ったマウンドは削平後の今は中近世の塚とされており、現在の遺跡分布図では群自体が削除されてるので詳細不明です。
sodegaurasekidos.jpg

上の念仏塚古墳の様にポイントがずれてる古墳はないかとちば情報マップで見てみると、北東側の削平された勘左古墳群のすぐ横に関戸古墳という1基が上の念仏塚古墳と同じくらい離れた位置で記載されてます。記載場所は3m以上嵩上げされて旧状を偲ぶべくもありません・・・。
sodegaurasekidow.jpg
もっとも県教育委員会が遺跡分布図の更新を図ってた頃の市の学芸員の方が退職される際に全く覚えてないとの話でしたので、平成になる頃には実態も曖昧になってしまっていたのかもしれません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。袖ヶ浦町文化財分布調査報告書(1985)には、岩井大塚台古墳群1号墳、円墳、径10m、高さ2.5mとして掲載されていますが、8年前の情報マップ「ふさの国」ではもう消えていました。

No title

こんばんは、昇寛様。
新旧の県・市・町によるその他の資料には全く掲載されてないんですよね、この古墳群。
しかも教えて頂きました東台古墳や雲塚台古墳群の様に規模が実際の墳丘と合致しない場合も多い気がします。

引退された学芸員さんの最後の講演で聞いた話では市内の古墳としては資料として纏まってないけれど小櫃川対岸の方が圧倒的に多く、もっとっもっと調べて把握する必要が有るみたいで、市街地内で動きの無さそうな墳丘については詳細不詳でも後に回さざるを得ないのでしょうね・・・。
プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR