FC2ブログ

JR鶴見線国道駅

横浜市鶴見区生麦に在る国道駅は昭和5年に当時の京浜国道(国道1号)沿いに鶴見臨海鉄道の駅として開業した駅です。
kokudoueki1.jpg
kokudoueki2.jpg
現在は国道1号線→15号線、鶴見臨海鉄道→JR鶴見線に変わってます。

駅入り口横の店舗跡は近年塞がれてしまいましたが、屋号テントが除かれたコンクリートの部分には大戦中の機銃掃射の弾痕が残ります。
kokudoueki3.jpg

路線図で見る位置だとこの辺です。この下に券売/Suicaチャージ機が1機だけ設置されてます。
kokudoueki6.jpg

昭和46年から無人駅となり、自動改札すら有りません。ICカードの入場の仕方は分かりますが、切符で入る人はどうするのでしょう?
kokudoueki5.jpg
有人時代の名残だった改札の木製柵も撤去されてしまってました・・・。

入場口から下り線1番ホームまで上がる階段です。人よりも多く来るのか鳥除けのスパイクが・・・。
kokudoueki7.jpg

駅は2面2線の相対式ホームになっており、階段中央のこの橋で上り線2番ホームへ行きます。
kokudoueki8.jpg
奥の壁を見ると分かる様に開業時は橋が無く、2番線用階段は直進していて現入場口の向かいに別個の入場口が有りました。ウィキペディアに当時の上り線改札付近の古写真が紹介されてます。

そこから下を覗くと昭和の雰囲気満点のガード下商店街が見られますが、ほとんど閉店していて廃墟感すら漂わせてます。
kokudoueki9.jpg

2番線ホーム東端から鶴見方面を見てます。線路上も市街地内と思えないほど雑草が生えてますがホーム上は普通の駅です。
kokudoueki10.jpg

駅番号は「JI 02」です。ここから鶴見駅寄りにおよそ350m、東海道線や京急線を越えた先には大戦中に廃止になった本山駅のホームが今でも残ってます。
kokudoueki11.jpg

橋の下から国道側を見てます。照明も古臭くてやや黄色味を帯びていて寂れた感を上げてます。
kokudoueki12.jpg

反対側を見てます。10年くらい前までの訪問記を拝見するとこんなベニヤ板街ではなく廃れた商店街風だった様ですが、この有り様だとじきに心霊スポットにされちゃいそうです・・・。
kokudoueki13.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR