FC2ブログ

香取市森戸大法寺古墳 禅昌寺山古墳

香取市北西部、利根川支流の大須賀川両岸にはいくつかの前方後円墳が築かれましたが、川沿いが古くに集落化したためか原形を留める墳丘が在りません。JR成田線大戸駅の北東およそ1km、大法寺の境内の西側に在る円墳に見える大法寺古墳も前方部を失った前方後円墳ではないかと考えられてます。

東側本堂の前より見てます。現状は直径32.5m、高さ6.5mの円形です。平成の佐原市時代に測量のみされ、円墳でないかとも考えられてます。
moritodaihoujie.jpg

北東より見てます。香取市になった現在は、元々右手に前方部が続いていた全長約60mの西向きの前方後円墳とされてます。明瞭なマウンドでないと記載しない迅速即図では南西に伸びた形で描かれてます。
moritodaihoujin.jpg
特に触れられる事もありませんが左側のお墓が段になってる墳丘との間に慶長期の銘の彫られた黒雲母片岩製板碑が並んでます。もしかして墳頂や削平部に在った主体部のモノの可能性は?とか考えてしまいます。

墳頂には御堂が建てられてます。周辺で採集されてる埴輪片などから6世紀前半の築造と推定されてます。
moritodaihoujitop.jpg
ここの東およそ500mにはかつて、ここよりやや早く築かれたほぼ同規模・同じ向きの権現前古墳が在り周溝や埴輪が見つかりました。

禅昌寺山古墳は大戸駅の北西およそ250mに大法寺古墳に後続して築かれたやはり西向きの全長60m程と推定される前方後円墳です。ここも前方部は古くに失われ、昭和になって後円部も削られて三峰神社基部だけが残されてます。
zensyoujiyamase.jpg
後円部を削った際に石枕・銅鏡・刀・武具・馬具など多くの副葬品と円筒埴輪が出土し、6世紀中頃の築造と推定されてます。

大戸駅自体にもへび塚古墳と呼ばれる前方後円墳が在りましたが、部分調査しかされておらず詳細はまだ不明です。

あまり天候が優れませんが、明日は3ヵ月以上ぶりに見学会ついでで遺跡巡りに出かけようと思います。
(雨天のため見学会は中止になりました・・・)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR