FC2ブログ

笠間市一本松古墳群(前編)

一本松古墳群はJR常磐線内原駅の西南西2kmあまりの線路北側に築かれてる前方後円墳2基・円墳1基から成る古墳群で、全基が市の文化財に指定されてます。

常磐線下り線で前方部が削られてる山王塚古墳を北西より見てます。杉で覆われてるのが直径50m、高さ7.5mとされる後円部で、右端看板の辺りが前方部跡、墳丘手前は今も水を湛えて葦が群生している周濠です。
ippondukasannoudukanw.jpg
墳丘へアクセス出来る農道は舗装されておらず、近世のレンガからかなり古そうな土器までいろいろ沢山落ちてます。

くびれ部跡付近より後円部を見上げる形で見てます。
ippondukasannoudukaftor.jpg

鳥居の横に標柱が立てられてます。御前塚古墳もですがそれなりの遺構なので解説板も設置して欲しいところです。
ippondukasannoudukahyochu.jpg

後円部より前方部跡を見てます。参道が断ち切られてるのは富士市の山の神古墳と同様なのですが、こちらは前方部がモロに線路となって削平され、しかもここだけ上下線が離れて通るため線路の反対側に参道は続いていません。
ippondukasannoudukartof.jpg
奥の看板の左に池が有って周濠の残存部と考えられ、コの字に太陽光パネルが避けてる場所には前方部の残丘と思われる高まりも見られ、元は南西向きで墳長約100mの規模が有ったと考えられてます。

墳頂には日枝神社が鎮座して直径約35mの平坦面になってます。
ippondukasannoudukatop.jpg

社殿の裏側は薄暗く、周濠の水が光を反射して後円部を囲っているのが良く解ります。
ippondukasannoudukashukou.jpg

山王塚古墳の北北西およそ80mに在る一本松古墳を南西より見てます。右手ブロック塀の横から上がれる階段が有ります。
ippondukaippondukasw.jpg

反対側北東より見てます。現状直径28m、高さ4.23mの円墳ですが裾部は耕作で削られて急峻になっており、墳頂も信仰行事により均され周りに桜が植えられてて、復元すればもう一回り大きい規模と推定されてます。
ippondukaippondukane.jpg
周溝は未確認ですが、グーグルマップをはじめ、いくつかの公開されてる航空写真で跡らしき水分を含んだ帯が一部見えます。

墳頂には標柱が立ってますが、今年の梅雨は雨が多く上り口の階段の途中から足元も見えない状況で、途中までしか読めない階段上部より見てます。
ippondukaippondukatop.jpg

続きます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR