FC2ブログ

文京区曙町古墳?

曙町古墳は白山神社古墳の北北東200mあまり、旧白山通りが白山上交差点から緩やかな坂を下り西へカーブしていく右手、下総の地を治め老中まで務めた土井利勝の下屋敷跡に在ったとされ、民俗学者の鳥居龍蔵氏が円墳と主張した詳細不明の古墳(?)です。

およそ50年前には墳丘らしきものは既に見つからなかったとされてます。旧白山通りも墳丘址を挟んだ一方通行の裏道も戦前にはほぼ現在と同じ道筋になっていた様で地形もそう変わってないものと考えられ、谷間へ下る台地斜面下方の墳丘推定地はもっと斜面の上の方だったのではないか?と思い、怪しく見える場所を訪問してみました。なので今日の記事は勝手に私が怪しいと思ってるだけの妄想的内容になります・・・。

一方通行路の北側、龍光寺の墓地内には微妙な高低差が見られ、その南東端はお寺の歴代墓所とされる東西約15m、南北約7m、高さ約2mの高まりが在ります。
akebonomachiw.jpg
訪問時は御住職が外に出てて、外人女性の修行僧さん(?)しかいらっしゃらなかったので歴史的な事は分かりませんでした。

南と東側は削られて建物が隣接し北と西側は石垣で直線状に固められてますが、南側で削られてるギリギリの部分だけ元の塚状を思わせるスロープ状になって歴代住職の墓の奥へ行けます。
akebonomachisw.jpg

すると高まりの最も奥に、拳大~人の頭部ほどの大きさの川原石や割石が如何にも怪しい感じで南北の向きに並べられてます。全体で長さ約2.5m程で、玄室っぽい膨らんだ部分は1.7m程でしょうか・・・。
akebonomachisekisitus.jpg
手前のくびれてる側が南です。

現在は石列も一重で、残りは周りに散らばってる印象ですが、グーグルアースで見るともう少ししっかりした石積みだった様にも見えます。都市型のこの墓地に似合わないこれらの石は何なのでしょう・・・?
akebonomachisekisitunw.jpg
土井氏の屋敷には曙町の地名の由来にもなったとも伝わる鶏声塚が在ったと伝わり、古墳なうさんが詳しく書かれてますが、屋敷内のどこに在ったのかは不詳の様です。勿論このマウンドがそうである根拠は全く無いですし、寺院の境内なので区が勝手に調査する事も無いのですが、物陰に在ってずっと認識されず南と東に隣接する建物の新築時にも調査される事も無かったマウンドが消滅したとされる古墳の残りだったら・・・とか考えてしまいます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR