FC2ブログ

日立市西の妻古墳群

西の妻古墳群はJR常磐線大甕駅の西およそ2kmで、茂宮川を南西に見下ろす台地端部に分布する前方後円墳1基、円墳4基から成る古墳群で、現在2基の墳丘が残ります。

北東側のサンシティ石名坂公園の脇より1号墳を見てます。手前の空き地に続いて主軸線上で所有者が異なるのか北面は手前の後円部と奥の前方部の墳形が良く見えます。
nisinotuma1ne.jpg

一方南面は全く管理されてない藪のままで、南東より見ても前方後円墳に見えません・・・。
nisinotuma1se.jpg

南西より見てます。全長51m、高さ5.2mの西向きの前方後円墳です。この向きだと辛うじて前方後円墳に見えますが、高く見える後円部は墳丘上の樹木の高さです。
nisinotumasw.jpg

前方部より後円部を見てます。左手北面は墳丘からそのまま下る斜面になっており、南面にのみ最大幅約9mの周溝が見つかって多数の埴輪片が出土してます。
nisinotuma1ftor.jpg

後円部で180度振り返って前方部を見てます。後円部と前方部がほぼ同じ高さで、前方部の方が幅が広くなってます。
nisinotuma1rtof.jpg
円筒埴輪の完形品1点のほか人物・馬形・家形・靫形などの形象埴輪が出土し、墳形などから6世紀後半の築造と推定されてます。

前方部北面の上部はやや崩れかけてます。
nisinotuma1fnside.jpg

後円部の墳頂の様子です。祠が祀られて南面に参道の階段が設けられてるのですが、先の画像の様な猛烈な藪に覆われて蜘蛛の巣も払い切れない程の数と堅朗さで近付くのを断念。
nisinotuma1rtop.jpg
ロープの様に束ねられて、張ってる樹々の枝葉の柔軟性と併せて払えない蜘蛛の巣なんて初めてです・・・。

前方部の西南西に30m程離れて残る2号墳です。直径18m、高さ3mの円墳で石材が露出してるとされますが管理されてないので裾部が見えるだけでした。
nisinotuma2ne.jpg

最後に北面の一段下がった道路から見上げてます。擁壁の上端は南側の道路・周溝跡よりも約1.5m低く、こちら側から高さを測る資料も有ります。
nisinotuma1nw2.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR