FC2ブログ

磐城平(たいら)城本丸跡発掘調査現地説明会(後編)

南側の調査区域へ移動します。

こちらは仮藩庁跡の礎石列の南側のトレンチで、同様に礎石とトレンチに対して斜めの遺構や焼土が出てます。
tairagensetu12.jpg
手前の板石は仮藩庁跡の石敷きの上に敷かれてたものと同様で、画像奥に撤去したものが積まれてます。

こちらは更に南側のトレンチで、説明前は近代の土管が通っていて遺構の一部は破壊されてたのかと思いきや、廃城後は建て替えごとに土を盛られてて幕末の地表より40cm以上高くなってたそうです。土管の上に土層が見えます。
tairagensetu13.jpg
埋まったままなので画像では見難いですが、礎石も出てます。

こちらはその西側のトレンチです。弧を描く石列が検出され一段深く掘ったところ粘土を敷き詰めているのが発見され、これは殿舎南側の池であると想定されます。
tairagensetu14.jpg

上の画像で右奥に写ってるこの鉄筋コンクリート柱群は、昭和中期に模擬天守を建てる動きがあり、その際の基礎工事のものです。
tairagensetu15.jpg
予算が足りなく中止になって良かったと言われてますが、往時に天守代用で建ってた御三階櫓跡を含む本丸南面は明治後半の常磐線敷設に伴う堀の埋め立てにかなり削られており復元は無理だそうで、逆に見てみたかった気もします・・・。

遺物展示も豊富でした。これは戊辰戦争時に焼けた土壁や鉄製品などで、「この釘って枕木を固定するものでは?」との質問も出てました。
tairagensetu16.jpg
似てますが違うそうです。

これは瓦系の出土品で、右下の個体は鯱鉾の鱗部分ですね。
tairagensetu17.jpg

これは陶器系の遺物です。灯明皿は茨城で見たモノよりもちょっと良い造りで、油を入れる内縁や灯芯を出す切れ目が有って油こぼれ用の受け皿の不要なタイプです。
tairagensetu18.jpg
かわらけは割れてますが、トレンチではまだ取り上げてない完品の個体も見られました。

これは沢山展示されてた中で2番目に大きい磁器の大皿です。一部清朝時代のものや瀬戸、美濃のモノも見られますが磁器の多くは鍋島藩などの肥前系のもので、プラスチックケースで10枚以上並んで壮観でした。
tairagensetu19.jpg
発掘が幕末時期の層と言う事もあって18~19世紀のものが殆どですが、いつも古代遺跡の説明会とか見てるとついこの前の新しい皿に思えてしまいます・・・。

最後に一夜城プロジェクトで櫓の張りぼてが貼られてた展望台より本丸跡を見下ろしてます。奥に見える城郭建築風の建物は関連資料も収蔵する龍が城美術館ですが、震災で屋根は被災したままで実質閉館状態になってます。
tairagensetu20.jpg
手前に向かって斜めに殿舎が建ってた部分もいつか発掘されると良いですね・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR