FC2ブログ

北区赤羽台古墳群3号墳移築石室

赤羽台古墳群はJR京浜東北線赤羽駅の北、星美学園周辺の荒川を北に見下ろす台地上に分布する古墳群ですが、学園敷地内最も奥の1号墳(直径約10m)を残して全て削平されてます。その1号墳も女子短大に付属の小中高と幼稚園と見学にはハードルが高い場所ですが、外からは少しも見えません。古墳なうさんが学園内を取材され、1号墳の画像を紹介されてます。

一般で見学出来る遺構としては群から南南西におよそ4km、区中央公園文化センターの東側に東北新幹線のトンネル工事の際の調査で発見された3号墳の横穴式石室が移設されてます。
akabanedai3sekisitu.jpg
石室は覆屋で保護され、東京砲兵工廠銃包製造所のボイラーの部品や耐震煙突の銘板と一緒に展示されてます。

石室はのぞき窓と、天井の明り取りや奥壁側の小窓から入る光だけが頼りで、肉眼ではもっと暗かったです。しかも固定されたのぞき窓の内側に蜘蛛の巣が・・・。
akabanedai3sekisituA.jpg
群中北端の台地が張り出した先端で見つかった推定直径12mの円墳と考えられる円墳に東北東向きで開口する石室でした。

蜘蛛の巣の薄い範囲で目線を上げてフラッシュを焚いてます。内寸L約4m×W約1mの広さで、大小の礫を敷いた上に貝殻を敷いたと推定され、残存状況の良かった奥壁側ではマガキの殻が良く残ってました。その為か4~6人分の人骨と歯が見つかってます。また副葬品として貝床付近で直刀や弓金具・刀子・耳環・鉄鏃・管玉・ガラス小玉などが出土してます。
akabanedai3sekisituB.jpg
60m程南東で見つかった4号墳の石室と共に6世紀後半の築造と推定され、北東向きで凝灰質砂岩の自然石を積んだ長方形の玄室の特徴が一致します。

保存施設の左側の壁に解説パネルが並んでます。ちょっと横長になるので分割してまずは左側から。
akabanedai3sekisitukaisetu1.jpg
円墳は直径約23mの5号墳から直径約9mの15号墳まで15基が確認されてます。南東の八幡神社南側斜面からは18基の横穴墓が確認されました。

次は中央部です。4号墳では同様の副葬品が出たほか、群中で唯一円筒埴輪や人物・家形・馬形などの形象埴輪が前庭や周溝から出土してます。
akabanedai3sekisitukaisetu2.jpg
人物埴輪は埼玉古墳群の白山2号墳のモノと良く似ていて同時期に同じ場所で生産された可能性が有ります。

右側です。光沢の有る陶器のパネルなので調査中の写真が・・・。4号墳の石室はこれよりもやや幅広でしたが現物の保存は叶わず、型取りしてレプリカが造られてます。
akabanedai3sekisitukaisetu3.jpg
一方2基の南側で見つかった5~7号墳は切石積み(6号墳は石は抜かれてました)の胴張形の玄室で、刀・鉄鏃・耳環・金銅製金具・須恵器などの副葬品が出土し、7世紀前半の築造と推定されてます。それ以外の墳丘では主体部は確認されてません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR