FC2ブログ

成毛右田(なるげみぎた)第2遺跡/林西遺跡の塚?

航空機飛び交う新東京国際空港B滑走路の北側延長上およそ2.5km、県道63号線と115が交わる土室交差点の西側に小泉揚水機場が在ります。
DSCF5524_convert_20201203205339.jpg
周囲は成毛右田第2遺跡という縄文期と奈良~平安期の集落跡や包蔵地で、塚が有るとされてます。

塚についての資料は見つけてませんが揚水機場の南側に上円下方墳状のマウンドが在ります。南西より見てて、草刈りもされ管理されている一辺約18mの基壇に直径約6mの円形の上段が載って高さは約2.5m程の規模です。
DSCF5528_convert_20201203205616.jpg
同様のマウンドは県道63号線沿いに北北東におよそ3.7kmにも見られますが古い航空写真には見えないそちらと異なり、ここは50年程前までは右隣(南東側)に建ってた民家の敷地内だったらしく、昭和49年の揚水機場建設に伴う調査では対象からは外れてたのではないでしょうか?

北西より見てます。同じ角度で8年前のグーグルマップのストリートビューを見ると手前側に一本の木が残っていて、一辺6m程度の方墳状のマウンドが横に写ってます。
DSCF5534_convert_20201203205833.jpg

反対側の南東側近くには石碑が頂部に立つ直径約5m、高さ約1.5m強のマウンドが残ってます。
DSCF5526_convert_20201203205509.jpg
この右側が先述の民家跡で今は農地になってますが、8年前は農作業で2基の間を車で通り抜けていた様です。

上段の円形のマウンドです。資料を見られてませんが3基のマウンドで中央のここだけが人工の高い場所に築かれてる理由が???です。
DSCF5532_convert_20201203205654.jpg
これをそのまま上円下方墳とは考えませんが交差点の東側には土室古墳群が分布してますし、何かを祀ってるでもなくちゃんと管理されてる塚の正体は気になります・・・。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR