FC2ブログ

茨城町どうろく神塚古墳群

どうろく神塚古墳群は茨城町県道59号線上飯沼交差点の南南東に分布する円墳2基から成る小古墳群ですが1基は湮滅しています。

国道6号線が東関道を越えるちょっと南西、茨城東高校北交差点から西へおよそ1.7km進み太陽光パネルの在る押しボタン式の信号から北へ道なりに進むと残る1基が左手に見えて来ます。
dourokujindukas.jpg
南より見てて、右奥の高まりは飯沼城跡の土塁です。手前には堀の跡が見つかってないので城域は間の墓地までとされ、墳丘は取り込まれなかったものとされてます。

墳長への参道が東側向きに有ります。下4段は道路の為に切り通された部分で墳丘はその上の直径約10m、高さ約1.5mの規模です。普段から綺麗に管理されてる様でゴミや雑草も殆ど見られません。
dourokujindukae.jpg
県道の無い頃はこの道が飯沼の村から南北に抜けるメインストリートだったらしく、南は陸前浜街道まで続いています。

北より見てます。道路が北に向かって更に下ってそこから民家の入り口になってるため、手前側はもう一段の高まりに見えてより大きく見えます。
dourokujindukan.jpg
斜めの墳頂が大人塚古墳と似てる様にも見え、方墳っぽく(東面は道路・南面は耕作の為に削られていて)も見えてしまいます。

墳頂には一風変わった祠(?)が祀られてます。どうろく神とは漢字で書けば道陸神となり、道祖神の呼び方の一つで形に囚われない神様ですが、何かを焼いて食べる場所に見えてしまいます・・・。
dourokujindukatop.jpg
いばらきデジタルまっぷでは奥の藪の向こう側の台地下にかけて分布域とされてますが、古い航空写真でも痕跡すら見られません。

ふと思い出して立ち寄ったので、もう1基がどの辺に在ったのか地元の方に聞こうと思ったのですが、小学生しか歩いてませんでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR