FC2ブログ

牛久市刈谷古墳

JR常磐線牛久駅の西口から国道6号線牛久駅西出口交差点を真っ直ぐ通り抜け、1.5kmほど進むと台地縁で突き当たって左へ直角に曲がる様になってます。その右手の刈谷第二街区公園内に1基の円墳が保存されてます。

北東より見てます。刈谷自治会館の西隣で墳丘は概ね藪で覆われていて外部からは見えません。右奥のフェンスは稲荷川を見下ろす台地縁です。
kariyane.jpg
直径約12m、高さ約1.5mの規模で、調査歴は調べてませんが遺跡ウォーカーなど一部に湮滅表記されてるのは新興住宅地に生まれ変わって住所も変わり、湮滅した刈谷町内の古墳時代の遺跡と混同されてしまってるのでしょうか?

西面に墳頂への上り口が開いてて、ここからだけ墳丘が見えるのですが横に倉庫が設置されてます・・・。
kariyaw.jpg
この倉庫と手前の舗装路以外の部分は幅約5mの円形の花壇になっていて周溝跡の様です。

墳丘に上がって右へ回り込むと東向きに青面金剛明王が安置されています。庚申塚になってたのでしょう。
kariyasekibutu.jpg
松ぼっくりは子供が供えたのでしょうか・・・?

何故かそれらと向かい合って座れるように椅子が置かれてました。確かに一枚目の画像の様に外からは全然見えない場所ではあります。
kariyatop.jpg
数年前初めて来た際は町内会の行事中で、場所をお聞きしたら誰も御存じ無くて「こんな所に古墳!?」とプチ騒ぎになったのですが、その際は東面に有った参道が塞がれてて深い蜘蛛の巣の奥に僅かに石仏の背面が見えただけだったのが掃除までされる様になったみたいです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR