FC2ブログ

筑西市薬師町古墳移設石室

JR水戸線下館駅の北およそ380m、県道306号線結城街道が大町通りにぶつかり南に折れる大町3丁目交差点の北東側の東日本銀行裏手に曹洞宗鳳来山慶林寺跡が在り、地図にもあまり掲載されない薬師堂だけが残ってます。そのお堂の東側に石室が保存されてます。

お堂の右手に市指定文化財の標柱が立ってます。パッと見この眺望の良い台地縁が古墳に思えてしまいますが、昭和45年に南西数十mの民家の庭の地下1mで見つかってます。
yakusimachihyochu.jpg
市のHPでも石室ごと移築したと記載されてるのですが、原寸不明なものの埋葬する最低限のサイズ故か石棺と書かれる事もあります。

一応覆屋で保護されてるのですが、あまり細目に管理はされてないらしく、手前の手水鉢も水ではなく落ち葉で埋まってますし、舗装もガタガタで笹が茂ってました。
yakusimachiA.jpg

石室は中央部分の天井石が無いのかトタンや板で塞がれており内部は見えず、端部の石材はちゃんと柵で囲われてません。
yakusimachiB.jpg
中から男性2体分の人骨と刀子、鉄鏃などが出土し朱塗りの跡も確認されてます。

反対側も石材がはみ出ていてちょっと残念です。覆屋の屋根も以前は瓦葺だったのですが・・・。
yakusimachiC.jpg
柵際に退けられてる香炉がもう誰も供養してない事を物語ってます・・・。

直上に懸架されてる由緒書きです。自分が初めてここを知った時は古墳が土を盛り始める以前の石室と紹介されてたのでとてもインパクトが有って覚えてたのですが、今回調べ直したら南南西およそ3.5kmで見つかった同形式の野殿古墳と同時期の古墳時代後期のモノと推定されてました・・・。
yakusimachikaisetu.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR