FC2ブログ

小美玉市滝台古墳

権現山古墳の南東およそ700mの約140m×約300mの一段高くなった台地に、権現山古墳とはやや方角はズレるものの同様に霞ケ浦湖岸と平行に築かれた前方後円墳1基と円墳2基から成る滝台古墳群ですが、円墳2基は削平され滝台古墳のみが残ります。

小美玉市民家園から湖岸側台地下の道に出て770m程南進し、民家の横を左折して坂を上がったら今度は右折してもう一段高く上がった場所が前方部のすぐ横です。この高台は滝台遺跡と呼ばれる縄文~近世の複合遺跡です。
takidaie.jpg
画像の右奥、権現平古墳群との間の養豚場にはかつて神楽窪古墳と言う円墳が在り、周囲から石棺が4基見つかってますが詳細は伝えられてません。

反対側に回って北より見てます。整備され墳丘を一周出来る散策路が造られてますが、墳丘が大きいので斜めで見ても広角で撮られないと全体が収まりません。かつて画像左外の後円部の北東と画像右奥の前方部の南東に円墳が在りました。

takidaiw.jpg
舟塚古墳出土のモノに類似する六条突帯と思われる円筒埴輪が出土しており六世紀中頃の重要な首長墓と想定されてます。

南西側くびれ部の下より真横から見てます。南東向きで現状墳長80.5m、高さ7.94mの前方後円墳で、画像は1ヶ所で撮った画像を無理やり繋いでますが実際には高さの有る墳丘を間近で見学し易くなってます。周溝の調査が行われ復元した長さは測量された明治大学佐々木教授の講演会資料では84.4mになります。
takidaisw.jpg
この辺りから集中して人物・馬形・盾形(もしくは靫型)などの形象埴輪片が採集されてます。

180度振り返ると霞ケ浦対岸までの広い眺望が開け、夕陽を見にもう一度来たくなってしまいます。
takidainagame.jpg

前方部南東隅に墳丘に上がれる通路が設けられてます。墳丘は見た目上では3段築成に見え、これは前方部端の2段目のテラス面をそこから見てます。
takidaifedge.jpg
年に2度草刈りが行われてるそうです。

前方部墳長に上がり切る右手に東向きで石祠が祀られてます。
takidaiftop.jpg

前方部より後円部を見てます。
takidaiftor.jpg

後円部で180度振り返って前方部を見てます。
takidairtof.jpg

再度振り返って後円部の墳頂の様子です。こちらには何も祀られず下草も伸びてました。
takidairtop.jpg

前方部上り口の横に設置されてる解説板です。等高線がダブってたり公園化に於ける墳丘上を抜け台地下におりる遊歩道予定地(?)が記載され少し見難いです。
takidaikaisetu.jpg

何度か小規模な調査は行われてますが主体部などの本格的な発掘はまだで、府中愛宕山舟塚大井戸富士見塚三昧塚古墳、と霞ケ浦周囲に分散してほぼ同時期に大型前方後円墳が築かれた後に玉里の地に集中して築かれたやや中型の前方後円墳の中で最も成果が期待される墳丘だそうです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR