FC2ブログ

前橋市愛宕山古墳現地説明会

総社古墳群では国の史跡に指定されている総社二子山古墳・宝塔山古墳・蛇穴山古墳以外の墳丘の遺産価値を高めるべく調査が行われていて、遠見山古墳に続いて愛宕山古墳が倍の4ヵ年計画で調査中です。以前墳形を確認する調査が行われて円墳と思われてたのが実は方墳だったと判明してます。墳丘は市で所有する北と西側、お寺が所有する墳頂、個人で所有される石室付近と権利が分かれていて、今回前半は一部墳頂も含めた墳丘北面・西面の調査が行われてます。

調査期間の折り返しであるこの時期、コロナ禍で緊急事態宣言も延長される中ですが、感染防止対策を踏まえ少人数で2日間4回に分けて現地説明会が行われました。初日は地元の方向けで、2日目は古墳に関心の高い人が集まったそうです。自分も車で直行直帰で参加させて頂きました。

トレンチは2本墳頂から周溝まで設定されて、これは市立第六中学校側の西トレンチです。
soujaatagoyamagensetu01.jpg
従来二段築成と考えられてましたが今回の発掘で三段築盛であった事が判りました。

こちらは北トレンチで、駐車場になってるので周溝の端までトレンチが延ばされてます。
soujaatagoyamagensetu02.jpg
30数年ぶりに篠が刈られ、三段築成の墳丘が露わになってます。

浅くて広い周溝は幅約18m、深さ現状約1.5mで、もう若干深い可能性が有ります。
soujaatagoyamagensetu03.jpg
手前の周溝からの立ち上がりが低くなってますが、これは後世に地面を削られた為で、築造時の旧表土はほぼほぼ現在の地表と変わらなかったそうです。

見かけ上周囲を石垣で固められた二段築成と考えられてましたが、これはその上段に見えていた部分の現在表面に見える葺石です。
soujaatagoyamagensetu04.jpg

篠が密集して上がるのも困難だった墳頂もトレンチ設定に伴い一辺約10m程の平坦面もスッキリしました。
soujaatagoyamagensetu05.jpg

開始時間までに当日参加の方を含めて50名ほどの人数となり、市教育委員会文化財保護課田中課長の挨拶の後2班に分かれての解説となりました。
soujaatagoyamagensetu06.jpg

周溝では群馬県立歴史博物館の右島和夫特別館長が解説して下さいました。
soujaatagoyamagensetu07.jpg

黒い土層に挟まれて1108年の浅間山天仁噴火のB降下軽石層が確認され、ちょっと擦ると・・・
soujaatagoyamagensetu09.jpg

この様にサラサラの火山灰状になります。
soujaatagoyamagensetu10.jpg

墳丘の葺石については前回に引き続き発掘担当の小川氏が解説して下さいました。またもトレンチ内の氏を見下ろしてます。氏と立ち上がり面の間に石列が見えます。
soujaatagoyamagensetu11.jpg
場所は北トレンチの1段目のテラス面で、大小の川原石で水平面を出しているのが見て取れます。石室とは反対面の地上から見えない部分なのに丁寧な施工がなされており、すぐ北西で先の首長が眠る二子山古墳を意識している可能性が考えられてます。

説明は北トレンチでしたが、陽当たりの良かった西トレンチで各段を紹介します。これは1段目の葺石です。
soujaatagoyamagensetu12.jpg
この基部と周溝の立ち上がりを調べて旧表土の高さが割り出されてます。

広いテラス面を持ちその上の2段目です。崩れて流れたにせよ、ラインの上に多くの川原石が見て取れます。
soujaatagoyamagensetu13.jpg
現在は崩れた天井石の隙間で石室が開口しているのでちょっと高さが低く感じられますが、このテラス面が石室床面のレベルです。

一番上の3段目です。このテラス面が石室の天井レベルになります。北トレンチではこの立ち上がり面肩部に大きい木が生えていたので、その根で少し壊されてます。
soujaatagoyamagensetu14.jpg

裾部周囲を固める石垣は1段目の葺石よりもやや外側で、内側から近代の遺物が見つかってる事から明治以降に施されたものと考えられてます。
soujaatagoyamagensetu15.jpg
その断面からすると明治以降だけでも地面が大分上がっていた事が見て取れます。

北側トレンチではテラス面の一部が深く掘り下げられ、墳丘の土層の表示もされてました。
soujaatagoyamagensetu16.jpg

先ほどの立ち上がり面から離れたテラス面の石列からは、今見えてる葺石面の途中まで後から造られた段があって5段に見えていた可能性も有ります。
soujaatagoyamagensetu17.jpg

もしくは上のテラス面のエッジまで直線状に葺かれていた可能性も考えられます。その場合は今見えてる立ち上がり面は葺石ではなく墳丘内石列になるのでしょうか・・・、これは狭いトレンチではなくもっと広く調査しないと判りませんね。
soujaatagoyamagensetu18.jpg
実際今見えてる立ち上がり面は約40度の勾配で、約25度だった遠見山古墳よりも大分急な角度です。

こういった考えが出来る最大の理由は、2本のトレンチとも葺石面がほぼ綺麗に残ってるのにこれだけの量の川原石が段築のラインの上から出てるからです。
soujaatagoyamagensetu19.jpg
これらの川原石は現在よりも遠い利根川旧流路(現在の広瀬川や桃ノ木川付近)からわざわざ運ばれた事はほぼ確実で、手間をかけて造られていた事が解ります。

愛宕山古墳は群中で前方後円墳が造られなくなった最初の方墳で、県内を見渡しても埴輪を立てなくなった同時期の大型方墳はここ1基のみである事からも重要性は高まってます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。興味深く拝見させていただきました。
段築や葺き石が状態よく残っているようですね。見学に行きたいけどブルーシートかな。

No title

こんばんは、昇寛様。
同じ組で見学されてた方の質問ではいつまでかの明言は無かったものの、ロープの中へ入らなければしばらく見学出来るとの事でした。

ただ先日の地震の影響も考えられますし、刈られた篠を踏み抜く危険も有るので、足元に十分注意して欲しいそうです。
プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR