FC2ブログ

八槻都々古別(つつこわけ)神社

JR水郡線近津駅の南南西およそ650m、久慈川支流の近津川沿いに建ち棚倉街道である国道118号線もカーブで避けてる(八槻)都々古別神社は日本武尊による創建と伝わる古い格式の高い大社で、日本武尊と味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)を祀ります。

実はここの北北西およそ4.4km、棚倉城の西方に馬場都都古和氣神社という同名の神社がもう一ヶ所在って共に陸奥国の一宮と呼ばれたほか、県境越えて南に20km程離れた近津神社とで近津三社を成すとされますが、平安時代に編纂された「延喜式」に記載されている「都都古和気神社 名神大」が馬場と八槻のどちらの社を指すのかは確定していません。
yatukitutukokowake1.jpg
源義家にまつわる話がここにも伝わっていて、奥州征伐時に義家が千勝大明神と改称したのが近津の地名になったと伝わります。

社務所の近くから随身門と拝殿、本殿の並びを見てます。拝殿越しには見えず、単体では大きさが伝わり難い本殿が意外と大きい事が見て取れます。
yatukitutukokowake2.jpg
本殿の左奥から画像右外にかけて六つの境内社がL字に並んでます。

令和元年に県の重要文化財に指定された随身門です。
yatukitutukokowakezuisinmon1.jpg

建物に対してと言いますか、単純に大き過ぎる印象の扁額には「奥州一宮」の文字が。
yatukitutukokowakezuisinmongaku.jpg

享保年間に再建されたとされる八脚門形式の造りです。
yatukitutukokowakezuisinmon2.jpg

妻面を見てます。金や緑が退色していて煌びやかではありませんが、懸魚や蟇股、木鼻の彫り物は白く彩色され際立ってます。
yatukitutukokowakezuisinmon3.jpg

町教育委員会による説明板です。
yatukitutukokowakezuisinmonkaisetu.jpg

拝殿です。旧暦1月6日には伝統行事の御田植祭が行われ国の重要無形民俗文化財に指定されてます。
yatukitutukokowakehaiden.jpg

本殿です。随身門と同じく享保年間の再建とされる三間社流造の建物で、やはり県の重要文化財に指定されてます。
yatukitutukokowakehonden1.jpg

切妻面を見てます。随身門と違ってこちらは朱の方が褪せて見えますが、同様に細かい彫刻が見え易くなってます。
yatukitutukokowakehonden2.jpg

ただ彫刻以上に目を惹かれたのはその廻り縁を支える四手先で支える斗栱(ときょう)と呼ばれる組物です。
yatukitutukokowakehonden3.jpg
普通は張り出しの大きい多宝塔の屋根に使われる形式で、塀で囲われる場所で支える重量も無い部位に用いた仰々しくも見える造りなのですが、ネットで探しても画像すら出て来ません・・・。

本殿の方の説明板です。
yatukitutukokowakehondenkaisetu.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR