FC2ブログ

印西市大仏古墳(?)

国道16号線大島田交差点から南におよそ1.6km南下した、沼南体育館そばの名称の無い信号の交差点を東に折れて、600m程進むと右手にみよしろ大仏が見えて来ます。

大仏と言っても個人の勧請による子供サイズの石仏で、寛政2年(1790年)に建立されました。近年周りの樹木が伐採され、台座を新設されて人の丈よりは高くなりました。
miyosirodaibutu.jpg
「みよしろ」とは漢字にすると宮後となり、かつて円墳2基が在った神明社(この西およそ2km)の背後に位置するという意味です。

横に説明の彫られた石碑が立ってます。ほぼほぼ家系についての話で地域の歴史的な事には触れられてません・・・。
miyosirodaibutusetumei.jpg

大仏のすぐ横には石材らしきものも見える小さなマウンドが並んでますが、これは墳丘ではなく横に立ってた巨木の切り株の名残です。
miyosirodaibutuyokonotuka.jpg
画像右端木の杭に沿ってかつては旧道が真っ直ぐ奥に伸びていました。

ちば情報マップではその旧道に沿って南へ110m程進んだ場所に直径7mの円墳として大仏古墳がポイントされています。

ここがそのポイントの場所です。自分の曖昧な記憶では奥の東京ガスの施設は以前ブロック塀で、その下から手前の数本の樹木の木立にかけて僅かに盛り上がっている状態だったハズなのですが、今は奥のゴミ捨て場の左がやや盛り上がってるかどうかという状況です。それとも白い鉄杭で囲まれた部分が墳丘址なのでしょうか・・・?
daibutukohunato.jpg
左手のフェンスは大仏横から旧道が続いていた址です。

周囲には民家も少なく通りがかりのご高齢の方に伺っても、東京ガスの施設も含め塚状の場所は記憶に無いそうですが、すぐ南東の三叉路の交差点横には道標が恐らく反対側の旧道沿いから移設されて並んでいて、更に右側にもかつては何か祀られていた様です。
daibutukohunsekitou.jpg
古い航空写真では旧道の西側が雑木林になっていた様で、このガス施設自体が古墳址なのかもしれません・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR