FC2ブログ

印西市吉高三角作(よしたかみすみさく)古墳群(その1)

京成スカイアクセス印旛日本医大駅の東およそ2.5km、印旛沼の北西側の台地上で今の時期観光スポットとしても有名な吉高の大桜(今年は他の桜と同じく開花が早くてもう花は散ってしまい、コロナ禍のため桜まつりも無料バスの運行も中止になりました)、民家の並ぶ谷津を挟んだ背後の台地は印旛沼を見下ろせる場所で多数の古墳が築かれました。
yositakaohzakura.jpg
(観光客で賑やかなこの画像は数年前のものです)

経緯は不明ですが該当エリアの古墳群は吉高羽黒・三角作・若作・刈又・立田台などと細分された為に一部混同も有る印象なのですが(ちば情報マップだと7基が羽黒3号墳表記です)、ここでは統合されたとする表題古墳群部分を、大桜の西側も含めたコの字形の台地上を吉高古墳群として一つに纏められた資料を基に照らし合わせてみたいと思います。
yositakabunpuzu.jpg
いつものやっつけ地図で分布域を南から見ていて、赤が確認出来たマウンド、青が発掘で確認された埋没古墳です。

国道464号線(北千葉道路)から県道12号線に折れて大桜に向かい(桜まつり開催時は車両規制が有り、通常でも交差点が大渋滞するので駅からタクシーに乗るとまず南の県道65号線をぐるっと迂回されます)、大桜手前の陶器屋さんの看板の出てる丁字路を右折して坂を下り切り、三叉路の右の道を上がって北上すると立田台1号墳が見えて来ます。
yositakatatutadaikai1se.jpg
現状一辺10m程の方墳に見えますが、直径6m、高さ約0.5mの円墳とされます。墳頂の奥側が土盛りされ(もしくは木の根?)、農地は掘り下げられてるのでもっと高く見えます。隣接する立田台第二遺跡の報告書では軸と言う言葉も出てきますが・・・?

北東より見てます。左手の畑で墳丘に並んで立田台第二遺跡SM01号墳が見つかってます。1号墳周りは発掘されてないので19m×14mの長方形墳と考えられてますが、南向きの前方後円墳としてくっついていた可能性も考えられてます。
yositakatatutadaikai1ne.jpg
径28mの2号墳はおよそ200m離れたスカイアクセスの南側で消滅した立田台第一遺跡内で、同じく消滅してます。

墳頂には印旛沼(現在は埋め立てられて印旛捷水路)の在る南東を向いて勢至菩薩像と石祠が祀られてます。
yositakatatutadaikai1top.jpg
先程の三叉路の真ん中を進んでも、後方の道に出て結局合流します。

SM01号墳からは2ヶ所の主体部が見つかり、南側の石棺が市立印旛歴史民俗資料館内に移設・展示されてます(撮影は要申請)。北側の石棺は抜き取られてました。
yositakatatutadaiSM01sekkan.jpg
L1.82m×W0.8m×H0.8mの雲母片麻岩を組み合わせた石棺の中から6体分の人骨が見つかり、展示場ではイメージとして一部を再現しています。天井石は省略されてますが南端の一枚だけ(この向きだと奥側)追葬の為に粘土で隙間を埋められてませんでした。

側面に解説パネルが貼られてます。副葬品はあまり見つからず、勾玉のほか玉類や須恵器片などが出土し7世紀後半の築造と推定されてます。
yositakatatutadaiSM01kaisetu.jpg

SM01号墳の南の三叉路近くには径20m級のSM02・03号墳が見つかり多くの円筒埴輪や須恵器・土師器が出土したほか、径10m級のSM04号墳、一辺7.4mの方墳のSM05号墳も検出されてます。

120m程北東へ進むと右手に直径約20m、高さ約1.5mの円墳が見えて来ます。規模からして、刈又5号墳と思われますが、手前に在るはずの径約30m、高さ約2.5mの同6号墳は見当たりませんでした。
yositaka21sw.jpg

北西より見てます。ここまでの墳丘は若作古墳群として纏められられてるほか、吉高古墳群の第6支群としてここは21、立田台1号墳には23の番号が振られてます。
yositaka21nw.jpg

墳頂にはやはり印旛沼を向いて大日様が祀られてます。
yositaka21top.jpg

続きます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR